スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土砂降りの中のふたり

家にいても暑いだけだし
ちょうど予定もないからと
夫と「西の魔女が死んだ」という映画を見に行きました。

平日の昼間に映画に行けるなんて
定年男の特権ですね

夫婦50割引ですから二人で2000円!いい制度だ。

窓口で、お兄さんが「何か年齢(50歳以上)を証明できるものを・・・」
と言うので「顔が証明してるでしょ?」と言ったら
お兄さん「あっ、はぁ」とうなずいています。

おいおい、そこで納得したらあかんでしょ!
「イヤ、そのお顔はどう見ても20代!」って
言うのが関西人やないの!

まあ、あまり困らせてもいけないので
ちゃんと用意の免許証を見せて入ります。


館内は、ほとんどが中年女性
男性は、3人
全員奥さんと一緒の団塊世代風

彼らもヒマなんだろーな


映画は
森に住むおばあさんと孫娘の心の交流を描いたもの
(シャーリーマクレーンの娘が演じる)おばあさんはイギリス人
なのに孫娘は完全な日本人顔と言う違和感は
見ているうちに消え
ぬる~いお湯につかったようなおだやかな展開を
時々うとうとしながら見ました。

これはきっとターシャ・テューダーの庭をイメージしてるな
と思えるような、家のたたずまいとおばあさんの服や髪型

こんな中で、ゆーったりした時を過ごすのも悪くはないなあ
せっかち夫をこんな中に放り込んだら、少しはのんびりするかなあ
私の連想はあくまでも、現実的になります。



映画が済んで外に出たら
おや、雨
イエーイ、涼しくなっていいや
持っているのは、私の日傘だけだけど
まあいいかこれくらいなら、と外へ出て数歩歩いたところで
待ってたかのようなすさまじい降り

でも
ちっちゃな日傘に二人して入って
土砂降りの中、わぁ~!キャ~~!と叫びながら走っていると
何だか若い恋人たちみたいで
ちょっとうれしかったりして

ほら、映画なんかであるでしょう?
その後、東屋か何かに駆け込んだ二人が
濡れた体のままじっと見つめ合って・・・・ていう展開


現実は・・・
すぐ近くのデパートに駆け込んだ
ぬれねずみのおじさんとおばさんは
雨を滴らせながら
夕食のお惣菜を買って帰りましたとさ。
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

違いがあった夫婦の一日

こんにちは、pocoさん。

pocoさん地方も雨だったんですねー。
昨日は広く降りましたもんね。
地域によっては土砂災害もありましたねー。

相合傘を楽しむ夫婦と、
天気予報が外れて、けんかする夫婦・・・。
随分、違いがありますね。
v-239

こんにちは~。
いっしょに映画を見に行って、相合い傘。。
いいですねぇー、そんな夫婦になりたいです。
それにしてもpocoさん、50代だったなんてびっくらこきました!!てっきり20~30代かと!若いです!

お仲の良いことで・・・うふふ
IDDM発症以来、前にも増して怒りっぽくなった私に主人は我慢の日々です。(笑)
一緒に映画とかは無理、だってお互いに趣味が違い過ぎて・・・思えば一緒に映画館に行ったのは、ETだったかしら?(モチ、子連れでした。笑)
まっ、私のセレクトしたレンタルビデオは一緒に見ますが、主人のセレクトは一緒に見れませんから、私がわがままなんですよね。(笑)
久しぶりに2人で意気投合し笑ってみたのは「キサラギ」と「HERO」(大笑)

pocoさんご夫婦の相合い傘のエピソードに、ちょっと反省。

> my さん

夫婦仲、土砂降りの日もいっぱいあります
何度も、枕を涙で濡らしましたよv-395

これからジワ~ッと暴露して行きますので~~フフフッv-413

>カッパさん

カッパさんのところに「つまK」名で
遊びに行ってた時は30代でした・・・そんなアホな
夫が61ですからぁ(笑)

あっ、ちなみに私の携帯の待ちうけはヨガッパです。若いでしょ?

>もりママさん

やっぱり、IDDMの人の配偶者は忍耐を要求されるんですね(笑)
我慢してないだろーッとpoco夫の声が聞こえてきそうですが・・・・

ET以来ですか!
いや、好みは押し付けあわないのが一番

別々の部屋で、別々のことをするのが夫婦円満の秘訣ですよねっ!v-426

よく考えると・・・

一緒に映画を観て、相合傘か~、いいな~と思いつつ、よく考えてみると、アレ、一緒の趣味がないぞっと・・・・。

嗚呼、先々は見捨てられるかも(笑)

>saka10さん

旅行に行きたいといえば、ココロヨク送り出し
インシュリンを減らせと言われれば、素直に従えば ダイジョブv-218

仲良くいけます(笑)

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/37-e79ee4ff

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。