アイスる野菜

水滴の付いた葉っぱ
アイスプラント
・・・に見えるでしょ?

でも水滴じゃないんです

こんな姿の野菜です
先日行った名古屋のスーパで見つけました

食べてみると・・・
うっひょ~塩味

塩も振ってないのに塩味だから
ドレッシングがなくてもいい

シャリ感があって
みずみずしくて、ウンなかなかおいしい


名前はアイスプラント

野菜界のルーキー・・・らしいよ




スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

しっかり塩味♪

この手の緑もの、頂いたことあります。

ドレッシングいらないどころか、高血圧な私も食べていいの?・・・くらいしっかり塩味ついてました。

なんか水滴部分がキラキラしてて、いかにも涼しげでした。食べたらシャキシャキ♪

スーパーでも売ってるけど、もうちょい安くならんかなあ・・・

おお!

このお野菜、ここらではよく売ってるんですよ。
確か、アフリカ産のを佐賀大学農学部が研究開発し、栽培して商品化を進め佐賀ブランドとしてるんです。「バラフ」っていうのよ。
でも、アイスプラントとして、他でも売ってたんですね。

私も1度食べたことありますよ。
シャリチャリして塩味・・・これが売りなんだってよ。
生でドレッシングもいらないものね。万年ダイエッターには最適(笑)
テレビで放送してたけど、土栽培はこの植物の性質上、色んな物質を溜め込み易い性質があるから、管理された水耕栽培でないと身体に良くないらしいわよ。詳しくは知らないんだけど(大笑)

でも、お写真の緑と水滴がとてもきれい!さすがpocoさん撮り方がお上手だわ!

涼をいただきました~

涼しげな写真でイイですぅーv-10

最近スーパーでよく見かけるけど、おいしいの?
スッパくないですか?

しょっぱいのは?

しょっぱいのは、塩分じゃないの?? v-405

見たことも、聞いた事もない・・・これって、常温??v-361

それとも通常で、アイス状態??v-361

疑問がいっぱいだー 

へ~。

初めて見ました。v-12
生でこのまま食べるものなのですか?
塩味がするなんて‥‥面白~い。
野菜界のルーキー君。今度見つけたら買ってみます。v-238

こんばんは。

 pocoさん こんばんは。

 名古屋やジャズ そして そらちゃんさん宅での素敵なお食事会と・・・
 pocoさん 日々 いつも 楽しく過ごされているのですね。 いいないいな!

 アイスプラント??
 初めて拝見しました。
 塩味でシャリシャリするのですねー。 食べてみたいぃ~
 普通にスーパーで売っているのですね。 すごいなぁ。


 
 
 

♪SP♪さんへ

塩味だなんて不思議な野菜ですよね

京都にはアリですか!

うちの近くのスーパーでは見かけたことがないんですよ

そのうち並ぶかなあ

♪もりママさんへ

へ~~
違う名前で出てるんですか

さすが、お詳しいですねえv-405

愛知、京都に続き福岡も○ですねv-411


♪カッパさんへ

え~~カッパさんのところにもあるんですか

これで、1府3県で確認されましたねv-416

あっ、酸味はありません

塩味なの、不思議な感じでした

♪そらちゃんへ

そう塩味ですよ

アイスプラントという名前だけどそのままでは冷たくないよ
でも冷やした方がおいしいかもしれない

大阪では、いまだ発見されてないのねv-8

♪ともかさんへ

おお、ともかさんも初めてですか

ネット検索したら、加熱して食べてる人もいましたが
やはりあの食感を生かすためには生がいいんじゃないでしょうか

ルーキー活躍できるかな?

♪keikoさんへ

いやいや
ほとんど変わりばえのしない地味~な生活なんです

神奈川でも、まだ見かけませんか
まだそんなにポピュラーな食べ物じゃなさそうですね

ちょっとおっかなびっくりで食べたんですが
生野菜としては初めての味と食感でしたよ



 

これ

こちらの番組(日本をアメリカに紹介するという内容)で見たことがあって気になっていました。近所のスーパーでは見たことがないし一度食べてみたいんです。こちらにないなら一時帰国のときに!とは思いますが、田舎には、多分、ない…。

♪tomeさんへ

へ~~、アメリカでも話題になってるんですか!

生鮮野菜だから送るわけにもいかないしね

うちの近くのスーパーでも探してみたんですが・・・ないv-292
そのうち、全国に流通したり
アメリカでも栽培が始まるかもしれませんよ

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/391-60c9f412

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2