スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ情報から

デスクトップからノートブックに変えてから
パソコンはダイニングテーブルの片隅に鎮座したまま

パソコンに聞けば
今知りたいことが、今わかる・・・と
夫と取り合うように何かにつけては開いています

そばに置いてあるので、ブログ散歩の機会も増えました
楽しい情報もいろいろ入ってきます

好きでよく行く写真ブログさんのところで
赤福の朔日餅(ついたちもち)のことを知りました

赤福・・・伊勢のめいぶ~つ・・・です

赤福のHPによると
《伊勢には、毎月一日に普段より早く起きて
神宮へお参りする「朔日(ついたち)参り」というならわしが残っており
この朔日参りのお客様をお迎えするために作り始めたのが「朔日餅」》なのだそうです

そしてこの朔日餅
【毎月1日、赤福本店にて午前4時45分より販売され
開店時の混雑が予想されるため、午前3時30分より本店前にて整理券を配布】
するんだとか

午前3時30分から並んで買う和菓子ってどんなんや

これは、一生口にすることはないなあ・・・と思っていたら
なんと百貨店直営店で販売、とあります

しかも、その中にそごう神戸店の名前!

これは予約するしかない


というわけで
7月の朔日餅、ゲットいたしました

朔日餅

笹ぶねのパッケージも涼しげです

水ようかんを青竹に流し込み、笹の葉でふたをした
その名も「竹流し」

竹流し

では、初朔日餅
つめた~く冷していただくことにいたしましょう


来月の「八朔粟餅」も予約してきたことは言うまでもありません






スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

季節感満喫

わぁ・・・涼しげ!
青竹に笹の葉のふた、紙栞の白さがキリリッとして
それに盛ってあるお皿もステキ!!
水ようかん、大好きなんですよ。(笑)

赤福にそんなステキな企画があったなんて知りませんでした。
主人が名古屋や大阪に行く時は、必ず赤福をお土産にと望んでるんですよ。
朔日餅は、調べたら残念ながらこちらでは手に入れられませんね。
でも、pocoさんのサイトで楽しみます!(笑)

実家では昔は、祖母が必ずお朔日と15日に、お赤飯炊いてお供えしてました。特に7月のお朔日はお赤飯だけでなく、祇園饅頭も用意。
近くのおまんじゅう屋さんが、早朝から売られてました。山笠が始まるんだ・・・って思ったことを懐かしく思い出しましたよ。

さすが、お伊勢さんの赤福ですねぇ・・・
早朝に並んで買われる方々に、祖母の姿が重なりました。
モチ、私も並んでは買いませんけどね。うふふ

朔(さく)

へんなとこにくいついてしまいますが、
朔日って「ついたち」って読むんですね!
朔(さく)の日っていうのは新月のことで、満月は望月。
ヨギなので月のはなしがおもしろくてつい・・

明治までのこよみはひとつきが月の周期でめぐっていて、
1日(ついたち)はかならず新月だったんだそうです。

時代小説とか読んでて、1日に討入りをした・・ってあると
新月だから真っ暗闇だったんだな~とかわかるんですよー。
赤穂浪士討入りは14日なので満月だったんですね~。

このお菓子が昔からあるとしたら、本来は朔日つまり
新月の日にいただくものだったのかなぁって思いましたー。

ひとつきが月の周期だと28日くらいなので、あまった日にちは
「うるう月」といって何年かにひとつき多い年ができるんですよ。
大河ドラマなどに「うるう八月」とかいって出てました。

羊羹は・・・

どうも苦手・・・寅○の羊羹なんて、拷問に近い・・・e-286

けど、水羊羹って、たまにヒットに当たるのよねー v-62

(もしかしたら、自分が欲してる時は、ヒットなだけかもしれないけど・・・・v-7 )

No title

うちのあたりでは、1日にはご丁寧に「お」がついて、
「おついたち」と呼びます。(一定の世代より上だけですが。)

以前、友達に
「おついたちは町内のお地蔵さんのお世話したり、あれやこれや朝から目茶忙しいし、私を誘わんといて!」
とキレられた事があります。

♪もりママさんへ

朔日っていう書き方も風情がありますよね

日本国中どこででも手に入る・・・というものでない
こういう希少価値はそのまま続けていってほしいですね

> 実家では昔は、祖母が必ずお朔日と15日に、お赤飯炊いてお供えしてました。特に7月のお朔日はお赤飯だけでなく、祇園饅頭も用意。
ついつい、簡単で便利な方に流れていく生活の中で
昔ながらの風習を受け継いでいくのもいいもんだなあ・・・と最近思うようになってきました

水ようかん、あっさりとおいしかったですv-411

♪カッパさんへ

ほう
いろいろと興味深いお話!

そういうことを知って読むと、昔の話も一層面白く感じられますよね

この題材は、ぜひカッパさんのブログで改めて掘り下げて聞かせてもらいたいv-237

私が月に話で覚えているのは
ダイエットするなら満月からの方が効果が上がりやすい、っていうのv-8

♪そらちゃんへ

私も、羊羹は自ら買うことはないけど
水羊羹は好きです
たねやとか、明石の分大とかv-10

冷た~く冷やして緑茶と一緒に・・・・あ~食べたくなってきた

♪sp♪さんへ

そう言えば、京都に住んでた人から
毎月一日には決まって食べるものがあるって聞いたことがあります

やらなければいけない京都の人にとったら大変だろうけど
聞く外部のものは
京都らしいはんなりした風習だなあと感心するのですよね

おついたち・・・・やわらかくて、いい響きです


この歳になって・・・

調べましたよ!(笑)何度もコメントすみません(´ヘ`;)

博多でも「お」をつけて「おついたち」と言って、お赤飯と大根のおなますを朝ご飯に食べてました。
15日もそうしてたんですが、何でだろう?ってこの歳になって疑問に(大笑)

ググったら
祖母たちが、まず神棚にお赤飯とおなますを上げてたように、「おついたち様」「じゅうごんち様」と、月に2回は、霊が動く日なんですって!
それに、特にお朔日には、いつも神社に「おついたち参り」に出掛けてたしね。
祖母は、昔の習慣を大事に踏襲してたんですね。
ご近所がどこもそうだったので、博多の習慣だと思ってたら、違ってましたよ。アハハ

だから、お伊勢さんでも、おついたち参りのお土産にこんな企画が続いてたのでしょうね。
あっ、お赤飯と書いてますが、博多では餅米ではなく、普通のお米と小豆で炊く、小豆ご飯 (昔は赤米をお捧げしてた名残) でしたよ。

水ようかん・・・食べたい!(笑)

♪もりママさんへ

日に「お」と「様」までつけて・・・
昔の人は節目節目を大切にしてたのがわかりますね

それが生活の変化にもなるし

若い時は、面倒くさいなあ、と思っていたそういう行事ですが
最近は、しみじみ大切にしていきたいなあと思うようになってきました

うれしいですね
こんな風に一つの言葉が発起となっていろいろ発展していくのって

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/393-d204d8da

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。