スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手抜き返上

自他共に認める手抜き主婦です

子供のいた時はともかく
夫とふたりの生活になった今、お料理は簡単、速くできる・・・を旨としております

そんな私が区民センターでちらっと見つけたチラシに興味をそそられ
お料理教室に行ってまいりました

テーマは「一流シェフに教わる西洋料理」
講師はアランシャペルのエグゼクティブシェフ 小久江次郎さん

アランシャペルといえば
神戸を代表するポートピアホテルのメインダイニングですよ

どうでもいいけど【エグゼクティブシェフ】を3回続けて噛まずに言える人ってすごいね

普通エグゼクティブシェフに習う教室なんて
お金も気も張る澄ましたイメージですが
これは市の主催する教室だけあって、リーズナブルプライスだし
メニューも
〖・西区で採れた完熟トマトの冷製クリームスープ
 ・薩摩黒豚のソテー
 ・スイカのサングリア〗
と、どこの家でも用意できそうな庶民的なもの

フォアグラの○○とか、なんとかのキャビア添えなんて言われても困りますしね

でも産地が付くと
ただのトマトスープとかポークソテーっていうより
高級感漂います

私もこれから
「夕飯何?」って聞かれたら
「コープで買った宮崎産かぼちゃのサラダ」とか「明石海峡で獲れた鯛の塩焼き」
とか言おうかな

さて
若い二人の助手を連れて登場のエグゼクティブシェフ
肩書きは堅いけど、全然威張ってなくていい感じの物腰ソフトなおじ(ぃ)さんでした
(お前におじぃさんって言われたくない!と言われそうだな)

時折ひそやかなギャグを入れながら手順を説明されます

この助手がすごいのね
もう痛いところに所に手が届く・・・・あっ、違った
かゆい所に手が届くアシストぶり

次の手順を先に読み
シェフは手を出せばいいだけの働きをする

いいよなあ、私もあんな助手がほしい
イケメンだし

料理中、撮影は禁止だったので写真でお見せできなくて残念

おそらくフランス料理としては、超簡単なものなのでしょうが
細部にわたって、時間と手間を惜しまず
期待通り普通の家庭料理とは一味違うものでした

トマトスープは
2つ割にしたトマトの種を丁寧に取り
オリーブオイルで炒めた後30~40分以上もコトコトと煮るのですが
にんにく、セロリ、バジル、タイムなどの香草も一気に入れず時間差をつけながら入れるのです
この差が味に深みを加えるのでしょうか?

煮込んだ後は濾しザルで濾すのですが
この濾しザルのこと〖シノワ〗って言うんですってね

ザルで濾す
シノワで濾す
フフ・・どっちがいい?

(わたくし
みそ汁の味噌はシノワで濾しておりマス

トマトに生クリームを入れるときれいなピンクオレンジ
氷水で冷た~くひやしてバジルの千切りを浮かせると・・・・うはっ、おいしそー

豚肉のソテーは
上にかける玉ねぎソースを先に作ります

みじん切りの玉ねぎを炒めるのでも、何十分もかけます
手を動かしながら
「ふだん、こんなに時間かけてられませんよね」と同じグループの人とこそこそ話してると
助手のお兄さんが回ってきて
「もっともっとキツネ色になるまでやって下さいね、それで甘みが出ますから」ってニッコリ
「は~~い」とがぜん張り切る二人

白ワイン、赤ワインビネガー、デミグラスとこれまた時間差で加えてじっくり煮て
最後にピクルスのみじん切りを炒めて加えると
庶民派代表野菜玉ねぎ君が、華麗なるソースに変身

主役の豚肉は
表7、裏3の割合で焼いた後は
アルミホイルに包んで少し寝かせます
その間にうまみがお肉の中にギュッと閉じ込められるんですって
でてきた肉汁は、玉ねぎソースに加えます

付け合わせのポテトは
ちゃんと裏ごしして(うちでやるような、マッシャーでぶすぶすつぶすなんてやらない)
たっぷりの牛乳とバターを合わせてピューレに

とってもきめの細かいクリーミーなマッシュポテトになりました

で~~

完成

写真がイマイチで
おいしさがあまり伝わらないのが残念ですが

・・・・・とっても美味しかったです

これは、スイカのサングリア(先生が作られました)
スイカのサングリア
ロゼワインがたっぷり入っていますが
1時間ほど置くとアルコール分は飛ぶんだそうで
飲酒運転の心配はなさそうです

〖ご馳走〗とは駆けずり回り走り回って用意するところからきた言葉だとか

手抜きにばかり走る毎日

たまにはこんな風に、手間暇をかけたお料理も作らなくっちゃね



もちろんうちでもすぐ再現しましたよ
夫の感想?

「どう?」
「うん、おいしいよ」

えーーーっ、それだけ~~?

明日から、また手抜きになりそう


スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

手抜き専門です!

わぁ・・・
お写真でも、しっかり美味しさが伝わりました。
エグゼクティブシェフのご指導バッチリですよ、生唾ジュルルル・・・

ジャガ芋のマッシュはステンレスのマッシャーか、フードプロセッサーで作るし、スープはミキサーの私、そんなシノワなんて使いませんものねぇ・・・クリーミーになるのは、乾燥マッシュポテトを熱湯で戻して作るときだけね。(笑)
玉葱も1度も茶色になるまで炒めたことなし・・・途中で妥協よ。(笑)

再現食卓に、ご主人様と共にいたかったわ!

あっ、私、本日夕飯にオムレツ作りましたが、モチ、おみそ汁の味噌はシノワで濾しましたわ。うふふ

スイカのサングリア、ワインが入ってるのか!私には無理かも(涙)
でも、ホントにきれいで食欲そそりますねぇ・・・

♪もりママさんへ

実は
うちで再現した時使ったトマトはのはそこらのスーパーで買ってきた安物だったから
教室で作ったのと甘みが全然違ったんです

やっぱり素材と手間が違うんですね
フレンチレストランの高い理由がわかったような気がしました

しかし
毎日の料理にあんな時間かけてられないですよね
助手もいないし

手間暇かけたお料理は
専門家にお任せした方がいい、ってこともわかりましたv-8

素敵♪

pocoシェフのランチv-271、食べに行きたーーーーいっ。
エグゼクティブなお味なんでしょうね~。(3回続けて読むのも大変だけど、打つのも大変です^^)

お料理教室の話題を読んでいるのに、なんでこんなに面白ネタのように楽しいのは‥‥何故?
なんだか朝から楽しい気分になりました。v-218

ご馳走。そんな意味があったのですね。
私は膝が不自由なのを良い事に、超手抜きの毎日。イケメン(?)ちびアシスタントを顎でこき使っております。
今日のお昼は、昨日の残りの「小学校産完熟“凛々子”のミートソーススパゲティー」です。

手抜き専門!

わたしも手抜きまくってまーす。v-8
でもでも~。
野菜とか肉とか魚とか、素材のよさそうなのを選んで買ったら、ただ焼くだけとか、切るだけ、合えるだけ、のほうがおいしくないですか?(言い訳・・?)
高級なのは買わないけど、スーパーより、八百屋・魚屋・肉屋で買うようにしています!
シンプル・イズ・ベスト!ですよ。はははー

トマトはね~、おしりのとこに放射状のシマシマが出てるヤツが味がいいですよ!(野菜ソムリエが言ってた)ス-パーにもあります。

ふとっぱら!

市の講座で、ふとっぱらな講師 v-218

今度、そらCAFEで、その成果期待してまーっす v-7

♪ともかさんへ

ウフフ、不自由な自由を謳歌ですねv-411

そりゃ飛びっきり美味しいミートソースが出来たことでしょう
何しろ「小学校産完熟トマト“凛々子”」ですもんねv-411

イケメンアシスタント上手に使って
膝、早くよくなるといいですね

♪カッパさんへ

そうそう、下手に手を加えなくても
素材がよければおいしい

あのアスパラの丸焼きがいい例ですねv-411

これから野菜売場で
トマトのお尻をじっくり見つめている人がいたら・・・それは私です
だけど放射状のシマシマ?どんなんかな??

♪そらちゃんへ

> 今度、そらCAFEで、その成果期待してまーっす v-7

うっわ~、その言葉を恐れておった

あららー

やっぱり、そらちゃんからリクエスト来ちゃったねv-8
確かに美味しそうだもの!!


私も手抜き主婦でーーす。
夫と共に帰って来て待たせることなくササッ~と作る早業、
これ手抜き以外のなにものでもない・・・(威張ってどーする?って言われそうv-12

お料理教室って何十年もご無沙汰だなアーー(でも自宅で復習となると多分途中でエーーーイッって自己流でやってしまいそうv-91

おいしいトマト

えーっとね。
放射状の・・「シマシマ」っていうか、「スジ」ですかね。
↓ココに写真付で載ってましたー。
http://www.vegefru-essence.com/library/article_tomato.html
同じ棚のものでもいろいろ見てると、スジがあるのとないのがありますよー。
あまり赤くなくても、スジがあるものは味がいいです。v-221

♪カズの妻さんへ

早く作れるって言うのは特技の一つです!
決して手抜きではありません[・・・アハハ

R打ってた頃
少しでも遅れたら、低血糖になる~~っていうんで鍛えられましたね

エグゼクティブシェフに教わったせっかくのレシピも
自己流で早送りしそうです

あっ、そらちゃん聞こえた?v-8

♪カッパさんへ

えーーーーっ!
トマトのお尻って、葉っぱの付いてる方だとばっかり思ってたv-405

そうか、こっちがお尻だったのね
なるほどなるほど、こういうシマシマ、納得

しかしみなさん、トマトのお尻はどっちって思っておられるのかなあ
聞いてみたいなあ



聞こえてまーす♪

早送りでも、何でもいいのよー v-168

作ってくれるならー v-9

♪そらちゃんへ

あはっ、聞こえたかぁ

もっとひそひそ内緒話にしとけばよかったかなv-8

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/396-3e11ce83

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。