コンチキチン

おとといのこと
朝、目覚めたら
いつものようにかなり先に起きていた夫がいきなり
「poco、祇園祭に行かない?」だって

えーーっ今から?!
あのくそ暑そうな京都に?
観光客であふれかえってるあの京都に?



一人で行ったら?


って一度は冷たく言ったのだけれど
何人かの京都在住ブログ主さんの祇園祭情報で、少々そそられる部分もあるし
お付き合いしょっかなってことに・・・

そうとなったら急がなくちゃ

2時間後
梅雨も明け夏雲が広がる京都着
京都も夏空
いつもに増して人が多い

夫のリサーチでは
四条は激混みらしいので避けて御池通りを目指します

烏丸御池で地上に出たとたん
目の前にいきなり山鉾の姿

うわあ、コンチキチンもきこえる~
山鉾発見

ちなみに
隣で見ている人に聞いたら人にコンチキチンのお囃子のリズムも、それぞれ違うんだって
う~~ん、あんまり違いがわからないな

前がつかえているのか行列ストップして
屋根の上の人も休憩中
休憩

山鉾巡行って言うから、【山鉾】って呼ぶのかと思ってたら
【山】と【鉾】があるんですってね

これは・・・・鉾かな?

都大路をゆったりと進む行列 
都大路ド真ん中で
ビルの何階分もの高さの真木
美しい飾りつけが夏空に映えます

ゴブラン織り
こんな洋風の模様もあるんですね

山鉾巡行の見ものは【辻回し】と呼ばれる交差点での鉾の方向転換だそうです

路面に青竹を敷き、水をかけて滑らしながら
鉾の先頭に立っている人の掛け声とともに
掛け声
一斉に何十人もの人が曳く、を何度も繰り返しながら
90度まで向きを変える様は、サッカーの日本代表にも劣らないチームワークで
感動的でした

いっせーの

でもどうやら、曳き方によって効率よく回る山鉾ととそうでないのがあるようです

浴衣姿の娘さんたちの
「わあ、すごいすごい、一気によう回ったなあ!」
「ここは上手やなあ」
やんわりした京都弁がよろしおすなあ

いくつか辻回しを見た後は、どこかで食事でもと路地を歩いていると
巡行を終えて自分の町内に帰る山が通ります
路地の山

道行く人は拍手で見送り
大通りを行く時とはまた違った親密さが感じられました

ほどなく見つけたカフェは
町家の2階で
赤い小ぶりのちゃぶ台もかわいらしく
窓は開け放たれて、冷房もしてありません
町家カフェ

偶然そこは
隣が山の保管場所で
戻ってきた鯉山を
間近に見ることができました

鯉山

戻った山は、一気に解体作業に入ります

釘が一か所も使われてないからか
作業は静かに淡々と進められ
解体作業
あっという間にこの状態
あっと言う間
また来年まで大切に蔵にしまわれるのでしょうね

路地を歩いていると
そこここで解体現場に出くわします
解体作業中

ほどくのがもったいないほどきれいにまかれた縄
縄

祭りの後の余韻を味わう間もなくさっさと片付けてしまう潔さは
京都人の意外とさっぱりした性格を表しているのかしら

夫の思いつきで行った祇園祭でしたが
さすが1000年の歴史を誇るお祭り
雅やかでありながら、地元の人に愛され親しまれている様子が楽しく
京都が一層好きになりました

来年は宵山に行こうっと



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

ようこそ、おこしやした♪

pocoさんご夫妻の軽快なフットワークに敬礼です♪

私は人混みが苦手なので、山鉾巡行はテレビでしか見た
事ないです。(何年か前にSP♪夫が長刀鉾の曳き手させ

て頂いた時も、私はテレビで見てました・・)

詳細な巡行レポありがとうございます!

一応7月いっぱいは祇園祭月間ということで、月末までなんやかんやまだ行事が残ってます。

だから、商店街やスーパーではこの1ヶ月間ずっと祇園ばやしのテープが鳴りっぱなしです♪

良い経験を!

待ってました!!
SP♪さんのとこのコメントで、行かれたのを知り、密かにアップを楽しみにしてたんです、(笑)

祇園祭が好きな私は、結構テレビの特集で、組み立てから曵き出し、巡行、そして解体までを何度も見てるんですが、実際には見たことないのよ。
あの鉾の胴掛けは、それぞれの山や鉾の自慢なんですよね、ホントに素晴らしい!
青竹敷いた曵き回しも見られたなんて、観光上手です!
しかも、偶然にも解体現場を見られたなんて・・・ラッキー♪
あの左甚五郎の鯉だなんて、ホントすごい!

祭りの後の余韻もなく、さっさと片付けるのは、博多祇園山笠と同じですねぇ・・・日常と非日常がハッキリしてるのは気持ちよいですものね。じゃないと長く続かないのかもね。(笑)

pocoさんのお写真で、実際の鉾の高さに圧倒されました。
コンコンチキチン、コンチキチン♪
お写真からも聴こえてきますよ。

ご主人様のお誘いによくぞ乗ってくださったわ(笑)
私まで得しちゃいましたよ。うふふ

No title

僕のブログも京都の観光客誘致に少しは貢献したかな?(笑)
しかし、やっぱりフットワーク良いですね。

>来年は宵山に行こうっと
宵々山くらのほうが無難かも(汗)

お疲れ様でーーーっす

私も、巡行のときって、行った事ありませーーーん v-7

宵山や、宵々山でも、偶然行ったら、祭りだったくらい・・・・v-413

どうも、人の多いところは・・・・ e-463

それでも、偶然居合わせたら、それなりに、はしゃぐんだけどねー v-441

♪SP♪さんへ

私もね、あの人ごみを見て二の足を踏んでたんですが
>(何年か前にSP♪夫が長刀鉾の曳き手させ て頂いた時も、私はテレビで見てました・・)
音楽も、お祭りも、やっぱり生がいい!
来年はぜひ行ってくださいね
って京都の人に言うセリフかv-8

> 一応7月いっぱいは祇園祭月間ということで、月末までなんやかんやまだ行事が残ってます。
祇園祭は宵々山くらいから山鉾巡行で終わりかと思ってたら
月初めからいろいろセレモニーがあるんですね
知らんかった

♪もりママさんへ

同じ祇園と名が付いているけど
もりママさんからお聞きした博多祇園山笠とは対照的な静かなお祭りですね

お祭りは参加してる人が一番楽しいのかもしれませんね

神戸まつりは歴史も浅く
盛り上がりもイマイチなので、町を挙げて盛り上がるというのがうらやましく思えます

夫と、博多のお祭りも一度見てみたいねと話しています

♪独り遊び さんへ

> 僕のブログも京都の観光客誘致に少しは貢献したかな?(笑)
そのとーり、影響されちゃいましたよ

> しかし、やっぱりフットワーク良いですね。
う~ん、ひまじんとも言える

これが東京となると、ちょっと考えるけど
まっ、同じ関西圏ですかものね

> 宵々山くらのほうが無難かも(汗)

じゃ、宵々山からにしようかな
すぐ影響されるたちなので(笑)

♪そらちゃんへ

神戸の人が
異人館には行かなかったり、港めぐりの船には乗らなかったりするのと同じで
案外
地元の人はいつでも行けると思って行かなかったりするものなのね(笑)

そう言えば私も神戸まつりには行かないなあ

ふふふ・・

さいしょ、「一人で行けば?」と冷たく言ったとは思えないほどのエンジョイぶりですね!
どーよ、この写真の枚数!?
たのしそうなpocoさんといて、poco夫さんも誘ってよかったなって、うれしかったでしょうねー♪v-253

そっかー、pocoさんちから京都は2時間なのね。
メモメモ。
数年のうちには京都に遊びに行きたいなーと、数年前から思ってるのですが。。

ってことは・・・

数年前からの計画となると、今年のことね♪

お気をつけておこしやす!

こんばんは~

 pocoさん こんばんは~

 すごい 迫力 です!
 お写真たくさん ありがとうございます。

 京都 もう随分長いこと 行ってないなぁ。


 ↓ お友達さん ご主人を突然亡くされ おつらいことでしょう。。
 残された家族は 後悔ばかりがめぐることでしょうが・・・
 そうですよね。 毎日を精一杯生きられると いいですよね。


 pocoさん ご主人の低血糖を 姿は見えなくとも 耳だけで 察知できるだなんて すごいです!!
さすがやわぁ。

 
 私 美容院では 専ら 女性誌 芸能チェックをしております。


 キリ番 最近 測定器で 見てないナ。。


 
 

♪カッパさんへ

えへへ、予想外に楽しんじゃいましたね

この後、京都市美術館でやってるボストン美術館展も見てきたので
すっごくリッチな(SP♪さん、お借りします)一日になりました

で、いつにしましょうか?
オフ会in Kyotov-411

♪SP♪さんへ

きっと
カッパさん、今頃カレンダーめくってると思うなあv-8

♪keikoさんへ

ハハハ
祇園祭、初めて行ったので物珍しく
いっぱい撮ってきたもので、写真大盤振るまいしましたv-398

ご主人を亡くした友達は
先日電話で大分ふっきれた声を聞かせてくれたのでほっとしました
どんなにつらくて、悲しいことでも時間が解決してくれるのですね

私が夫の低血糖を感知するよりも、きっと鋭く
お母さんは子供さんの異変をキャッチされてると思います
愛情の度合いの違い・・・かなv-8  

凄い!

TVでは見ますが、なんとなく「今年もそんな季節ね~」程度だったので、pocoさんのレポートで知らなかった事がいっぱい分かって、とっても面白かったです。
いつか本物を見に行きたくなりました。#^^#

日本の「伝統」や「文化」って、やっぱり素敵♪ですね~。

そーっすねぇ・・

京都へは、奇数月の第一週の土日に行きたいんですが
(ダンナさんが隔月出張なのでそれに合わせるとラク)
特にキッカケもなく、のびのび~~になっております。

京都って、夏は暑そうだし、冬は寒いし(行ったことある)、
春は桜で、秋は紅葉でゲキ混みしてそうで・・(見たいけど)
いつの時期行ったらいいのかも思案中でして。(行動力がナイっす)

いついつおいでーと言ってもらえれば、合わせますよv-221

♪ともかさんへ

パソコンの前にすわたりしてて
大丈夫なんですか?

ともかさんの明るい声が聞こえないと(字を見るだけで聞こえてくるんですv-411
さびしいから
ゆっくり養生して、早く治してね

祇園祭、私も初めて触れてみて
> 日本の「伝統」や「文化」って、やっぱり素敵♪
って思いました

♪カッパさんへ

そうなんすよね

いつでも行けると思うと
特別に何かを見に行くとか
おいしい物があるとか、何かないとお尻が上がらないものです

では関西支部のみなさま

暑くなく、寒くなくあんまり混んでない(あるかな)奇数月の第1土日
カッパちゃんを招く会、企画しましょうv-237

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/399-17ce55c4

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2