親しき仲にも・・・・

この炎天下
夫、ゴルフですと

ようやるわ

想像しただけでクラクラします(@_@)

案の定
めちゃくちゃ暑かった~~~~っと帰ってきました

あったり前やん

持って行った
ポカリスエット500ml、2本
お茶500ml 3本
全て飲み干してきたそうです

心配していた低血糖も熱中症も問題なしだったけど
スコアは大いに問題ありらしい

夕食後は8時ごろからもうウトウト

昼間それだけ消耗すると
夜の低血糖が不安です

110で補食して、8:30には寝ました

そこいらの小学生よりよっぽど早寝だな


そして数時間後

私もそろそろ寝ようかな、と思って
ハッ

ランタス打ったかな

補食したあと
「お休み」は言ったけど
「ランタス打ったよ」って聞いた?聞いてない?
(我が家ではランタス打ち忘れ防止のために、【打ちました申告】実施中)
聞いたような気もするけど・・・・あれは昨日のことかも

あ~~どっちだっけ?

もし打ってたら、疲れて寝てるのに起こしちゃ悪いよなあ
でも打ってなかったら、困るし・・・・

案の定ぐっすり

そ~~~っと肩をゆすります
起きない

もう少し強くゆすります

「う~ん?」
「ランタス打った?」

声をひそめる必要もないのに
自信がないから小さい声になります

「打ってない」

「ほんとに?」

「うん、pocoに打ったって言ってないだろ?」

イヤ、私ははっきりしないからそ~っと起こしてるわけで・・・・
そこまで覚えてるんなら、自分で気付けよ

さっさと打ちに行った夫は
戻ってきて、またさっさと寝ました


あれ!

ありがとうは、なし?











スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

愛ある心遣い

もうねぇ・・・pocoさんに良妻大賞あげるわ!

「そ~~~っと肩をゆすります」・・・なんてねぇー!
さらに
「もう少し強くゆすります」に、「声をひそめる必要もないのに自信がないから小さい声になります」なんて、夫を気遣う妻の鏡(笑)
たとえ、それがゴルフでの疲れであったとしても・・・うふふ

それにつけても思うのは、我々世代の特性と言うか・・・
普段夫に対して、どんなに○○と思っていても、腹立っていても・・・何となく一歩ひいて接するのよねぇ。(あっ、私だけかも・・・笑)

しかし、今回のはpocoさんの愛ある気遣いが伝わったわ(笑)
この猛暑にゴルフだもの、それは心配だったわよねぇ・・・ご主人様あっぱれの自己管理で、さすがです!

いいなぁ・・・ご主人さま!
pocoさんは専属の看護士さん、いえ主任看護士を通り越して婦長さんだわ!
高給いただかなきゃね。(笑)
私なんて・・・まったく主人には期待できんし(´ヘ`;)
あっ、海チャンの「バァーバインスリン打った!」の厳しい言葉があったわ(大笑)

2.5リットルも!!

ゴルフ場のコースって、回る時にそんなに荷物持てるんですねー。
そういえばゴルフクラブ運ばなきゃだもんね。
私の場合、スノボの時はいかに全ポケットに入るかで荷物を必要最低限に選別するので、飲みたいだけ持ち歩けるってうらやましー。

って・・ヘンなとこが気になっちゃいました。

ありがとうの言葉、「言ってくれなかった!」って怒るほどじゃないし、「言ってよ」ってあとで催促するほどでもないけど、だからこそ気持ちの悪さが残って、ほんのちょっとキライになりますよね。
そーゆーの、大事ですよね。

別の手段でウサをはらしましょう!
荷物持たせるとか、ドア開けてもらうとか、ちょっと「悪いなぁ」と思うことを「あのときのお返し♪」ってコトにして、気分よくやってもらえばお互いの為にイイのでは~

No title

ご主人様はあなた様をご自分の分身と思っておられるに相違ありません。自分にお礼は言わないから

♪もりママさん

良妻なら「ありがとう」の要求などしないでしょうね

見返してみたら
なんか優しい妻風に読めるので、こりゃまずいな
単に、間違ってたら機嫌を悪くするかな・・・って思っただけなんですけどねv-8

> 普段夫に対して、どんなに○○と思っていても、腹立っていても・・・何となく一歩ひいて接するのよねぇ。

私は、こんなことはありませんよ!
腹が立ったら、むき出しです

良妻はもりママさんですね

> あっ、海チャンの「バァーバインスリン打った!」の厳しい言葉があったわ(大笑)
これこそ本当のやさしい愛
最高ですね

♪カッパさんへ

ゴルフ場ではカートが運んでくれますからね
2.5Lだって3Lだって持って行けますよ

スノボ用のウェアはダボっとしてるゆったりしてるから
ポケットにいろいろ入りそうですけど、さすがに2.5Lは無理でしょうね(笑)

> 「言ってくれなかった!」って怒るほどじゃないし、「言ってよ」ってあとで催促するほどでもないけど、だからこそ気持ちの悪さが残って、ほんのちょっとキライになりますよね

うわあ、自分でもはっきり表せなかった不満な気持ちを
こんなに的確に表現してもらって感動v-237

さあ、夫はどんな形でお返ししてくれるかしらv-8

♪やまさんへ

えっ!分身ですか?
イヤあ~そこまで我々は密接な夫婦ではありませんからv-8

夫がありがとうって言わなかったのは
ありがとうって思わなかったから・・・でしょう(笑)

私も、夫がゴミ出しをしてくれてても
ありがとうって言わないのと同じようにねv-396



トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/400-2120bd90

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2