スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リセット

このところ平和に過ぎていました

最後に無自覚低血糖を起こしたのは・・・・
今年4月のナポリの夜の低血糖だから
無事経過4カ月か・・・

この調子で、どんどん“無事記録”を伸ばせたらいいのになあ・・・と思ったのがつい昨日

大体、こんな風に思うと
決まって起こすんですよね、無自覚低血糖



昨日夕方、夫は車で定期健診に行きました

日によって待合室の混み具合が違うので
帰りはまちまちなのですが
それにしても今日は遅いなあ

夕飯の支度をしながら、思いました

車で出かけているだけに
少し落ち着かない気持ちになって何度か時計を見上げた後、電話が鳴りました

検診に行っている医院からでした
「ご主人が低血糖になって今処置中なので、迎えに来てほしい」というものでした

医院で、低血糖・・・なら安心

「どんな様子でしょうか?」
「朦朧として、どうしたらいいかわからない様子でした。
処置はしましたが、車の運転は無理です」

ということは、意識不明までは行ってないんだな
「はい、すぐ伺います!」

しかし、またやってしまったか
最近は低くても50どまり
そんなに極端な低血糖は起こしてないのに
やっぱり感知しきれなかったか

迎えに行くタクシーの中で
気持ちは落ち込みます

もう何度こんな気持ちを味わったことだろう
あと何度こんな思いを味わわないといけないのだろう

ふさぎこんだ表情の私を見て
タクシーの運転手さんは
きっと、私が具合が悪くて病院に行くんだと思ったでしょう
チラチラとバックミラーで様子をうかがっていました

医院に着いた時は
診察時間は終わっていたので
他の患者さんは誰もいず
夫が先生と話しているところでした

もう復活している様子で
38だった血糖値も190まで上昇

夫の話では
どうやら診察は普通に受けたらしいのですが
その時点で、先生の話が少しも理解できなかったんだとか
そこで気付いて何とかできなかったのかなあ

会計も済ませ、車に戻ったあたりから
判断力が失せて自分では何をしたかわからないというのです
いわゆる見当識を失った状態です

そのまま車を運転していたら・・と思うとゾッととします

先生も
「低血糖になったのがここでよかったですね」
とおっしゃいましたが
本当に、そこでよかった

そして
「しばらくは、HbA1cを7くらいまで上げるつもりで
インスリンを極端に減らしましょう」とも言われました

「気をつけてたのにね」
「油断したなあ」
「車に乗る前に追加打ちはよくないよ」
「しかし何であんなに下がったんだろう」

うちに帰る車の中でも
お互い沈んだ気持ちになるのは否めません

昔に比べれば
低血糖の怖さを十分自覚し
気をつけているつもりなのに
まだ時折顔を出す無自覚

因果な病気やなあ
ため息が出ます

しかし
一生付き合っていくしかない病気です

あきらめや弱気はため息とともに吐き出して
高めで仕切り直し

今日から当分は
最低値100を目標にして
再度、感知力の強力リセットです


poco夫さん
私も一緒に荷物を担ぐから、おっきいダイヤモンドよろしくね

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

運転はやめましょ

自分が病気になるって辛いことですが、身近な人の病気も辛いですね。

偶然ですが、うちでも昨夜、家族が、約半年ぶりの発作を起こしました。今は落ち着きましたが、タイミングによっては、大変な事になってたかもしれません。

しばらくの間、移動は奥様の運転か、公共の乗り物でね♪

無念でしょうねぇ・・・

pocoさんもご主人様も、それぞれの立場で無念でしょうねぇ・・・

せっかく、順調だったのに・・・
もう、ホントにこんなことが何度繰り返されるのかしら・・・って、pocoさん落ち込んでるのでは?
私もちょっとドキッ!
昨夜眠前、68で、補食して寝てたら、夜中の3時248・・・寝ぼけてラピッド4単位も打ったので、今朝は72でした。ホント、インスリンは要注意ですよねぇ・・・

ある作家が言ってましたが・・・
人生は頂上にいる時間は少ない、大抵は谷間を登ったり下ったり、山の上の道なんて続かない・・・と。
分かってるし、それだから心しててもねぇ・・・やっぱりガッカリよねぇ・・・

大きなダイヤモンド、いくつも買って貰えますとも!
え・・・っと、あの時の分、この時の分、それにあん時のはとびきり大きいのを・・・あっ、ティアラ作れるまで、仲良くこの低血糖と戦って!(笑)
あっ、HbA1c7.0%目指されるなら・・・ティアラは出来んね。うふふ

ダイヤモンド・・・

ブルーになっておられるようですが、わたしにはどんどんいいほうへ向かっているように見えますよ~v-22
ひろーーーい視野で、いままでの低血糖の歴史を見てみて下さい。
最近はとてもいいカンジじゃないですか!
その調子でふたりで協力していけば、もっと無事期間が長くなって、なくなっていけそう。

先生の話が理解できない時点ではすでに、どうしたらいいのかわからない状態なんでしょうね。
先生がpocoさんだったらすぐおかしいぞ!って気付いたんでしょうね~~。
診察前に血糖値測るのでわからなかったのかな~?

「運転前は測る」って習慣にしたらどうですか?
ちょっとめんどくさいけど・・v-8

涙・・・

「何度こんな気持を・・・」
「あと何度こんな気持を・・・」
pocoさん、ホントよ~~~く判ります。
夫も同じ事あったものねエ、歯医者さんで。

うらめしい病気だよね、本人も頑張って気をつけていてもこーなんだものね。
ご主人も多分「もう少しで終わるから」って思っていたら、いつの間にかっていう状態だったんでしょうね。
お家にいたらこんな事になってなかったでしょうし、
pocoさんがいたらすぐに感知出来たでしょうに、残念だったね。
ほんと、これだけで済んで良かった。

大丈夫・大丈夫!!poco夫さんよく勉強していらっしゃるし、これも又{経験!}って割り切ってガンバロ~
v-91v-91







♪SP♪さんへ

> 偶然ですが、うちでも昨夜、家族が、約半年ぶりの発作を起こしました。今は落ち着きましたが、タイミングによっては、大変な事になってたかもしれません。

えーーーっ!それは大変でしたね、救急車騒ぎですか?
あ~いけない、やっぱりSP♪さんが病気だってこと忘れそう、気丈なんだもん

自分では忘れちゃだめですよ!v-411

車の運転ね
全くやめてもらうのがいいのでしょうが
それはそれで不自由だし

乗る前には血糖値チェックを心がけてたんですが
時が危機感を亡くしてしまうんですね

まさに油断大敵!

♪もりママさんへ

また谷間に落っこちてしまいました
なかなか、頂上に居続けることはできませんね
1年無自覚なしという記録が出ません

7%を半年くらい続けると、感知能力が高まるかなあ

この痛い目を忘れずにいられたらいいのですが

♪カッパさんへ

OH!なんて前向き!なんでしょ

おおごとになる前の小事
これで済んでよかったと思いましょうそう

以前は
一週間に4回くらい起こしてたこともあるんだから
4か月に1回じゃないか

今度は5カ月に一回を目指そう!
おっーと、志が低すぎたかな?

> 診察前に血糖値測るのでわからなかったのかな~?> ホントだ!何でわからなかったんだろう
急激に下がったのかしら???

> 「運転前は測る」って習慣にしたらどうですか?
一度、どきりとすることがあって以来、運転前の測定は欠かさなかったのですが
徐々に、その緊張感を失っていたようです

この時点で、よく気付かせてくれた、と幸運だと思わないとね
(カッパ流前向き思考v-22
この教訓、今後は絶対忘れないようにしなくっちゃ

♪カズの妻さんへ

きっと診察中に兆候があったと思うのに
何で気がついてくれなかったのかなあ、と一瞬うらみがましく思ったけど

私たち家族ほど夫の低血糖症状を見てる人っていないんだから
仕方ないね

カズさんはポンプにしてから低血糖減りましたよね

こういうことがあると
ポンプも一考かなとは思うけど
ポンプにしたら必ずしも低血糖が減る・・・とも限らないし
いかんせん、ポンプ扱ってない医院ですから
現状のまま気をつける・・・という解決策しかないかな

車の運転に関しては
ことさら神経質にやって行きたいと思います

お疲れ様です!

出だし遅いコメントに、すでに、気持ちの上昇気流に乗ってるかも~ v-227

お疲れ様でした~!私も、すごーくテイケツ少なくなった感満載です。だって、その手の記事少ない気もするし~状況は、チョットずつにしか見えないかもしれないけど、上向き e-390 になってると思うよー e-454 次は、5ヶ月めざそー e-320

♪そらちゃんへ

そうかな~、そうだね~

ブログ始めたころは、低血糖ネタ多かったもんね
4カ月に一回は上々って思わないとね

目指せ5カ月!

あ~~だけど
無自覚はナシにしたいね

コノ時期は・・・

気温が高いと暑さのせいなのか、低血糖のせいなのか判断つきにくいことがありマス
体調によっていつもと同じように追加してもすごく効いたり逆に全然効かなかったり・・・
仕方がないですよ。完璧になんてできるワケはないんですから

車に乗っている最中に判断力が鈍っていなくて良かったです
運転前の追加ウチは極力控えめにした方がイイかもしれないですね

♪ちりかさんへ

> 仕方がないですよ。完璧になんてできるワケはないんですから
この言葉、すっご~くおだやかな気持ちにさせてくれました、ありがとうv-8

> 運転前の追加ウチは極力控えめにした方がイイかもしれないですね
実は直前に200超えてたので2単位追加打ちしてたんです

普通なら100下がればいい方なのに
どういうわけかぐーんと下がっちゃったんですね

安易な追加打ちに警鐘をならしてくれました

「打つなら乗るな、乗るなら打つな」

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/406-2d388bce

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。