スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええかげんにし~や

今月の定期検診時に低血糖起こして処置してもらった夫

一週間ほど後で、主治医から電話をいただきました

その後は大丈夫かというお尋ねでした
しばらくは下げないように、と改めて言われました

「ハイ、わかりました、気をつけます」
と電話では殊勝に返事していた夫ですが

のど元過ぎればなんとやら・・・

170でも追加打ちをしようとする
92でそのまま寝ようとする

あかんやん
それやったら、いつもどおりでしょ
高目維持できないやん
HbA1c上げられへんでしょ

170で追加打ちはいらん!
92なら少し補食して寝て!

〖ひどい低血糖を起こした後は
1ヶ月くらい高目の血糖値を維持することで、低血糖感知力をリセットすることができる〗

幾度となく学習し、納得したはずのセオリーなのに
刷り込まれた感覚が
やっぱり適正に持って行きたがる


実家の母は、2度の骨折にも懲りず
まだ自転車に乗ろうとするし

まったく

二人ともええかげんにし~や

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

はーい!

なかなか一度身についた習性は修正が難しいのよねぇ(笑)
我が主治医は200を超えてから2単位追加打ちするくらいが安全と言われるのも、きっと無自覚症状になるのを警戒してあるのねぇ‥‥
しかし、ご主人様の主治医はお電話下さるなんて、ホントにご心配下さってるのも嬉しいですし、受診時に無自覚症状が起きて実際に見て危機感を共有していただけて、pocoさんとしては何よりだったかも!

ご主人様の意識改革は、普通の逆をやる風に感じられてるのでしょうねぇ‥‥
今まで下げる方向に頑張って努力されてたんですもの、その違和感は相当なはず~
でも主治医のご指示なんですから、pocoさん今回は鬼になってあげましょう(笑)

お母様のこともご心配でしょうが、歩くよりは…と、つい自転車に頼られるのも分かるなぁー
押して行くだけのつもりが、ついつい…(笑)

残暑厳しい折から、頼られるお立場の御身、ご自愛下さいませ

♪もりママさんへ

頭では、高目に・・・というのはわかっているのですが
本能が低めにしようとしてしまう、ってところでしょうか

とことん、ふたけたが好きなんですねえ
気持ちはわかるけどねえv-390

母の自転車を見ていると
私もそのうち子供に
「もう車に乗ったらいかんよ」って言われるのかなあ
なんて思って
老いることの悲哀を感じます

ファイトだ、自分!

私も2けた好きです♪

>HbA1c上げられへんでしょ

 今までずっと下げる事に全力を注いでたものを、急に逆にするって、余計に色々消耗しそうですね。


老人の自転車って、危なっかしくて心配しますが、本人は歩くよりもラクなんですってね。

私の祖父は80歳過ぎてた頃、歩くのは億劫でも、自転車ならどこへでも出かけられて、行動範囲を保つのに役立ってました。

でも、見るからに不安定でした・・・

♪SP♪さんへ

やっぱりい?

2ケタ・・・しかも80~90くらいって見てて気持ちいいですもんね

> 今までずっと下げる事に全力を注いでたものを、急に逆にするって、余計に色々消耗しそうですね。
そうなんですよね、つい下げたくなる癖が出るのも無理はないけど

> 老人の自転車って、危なっかしくて心配しますが、本人は歩くよりもラクなんですってね
そうなんですよね、でも2度骨折して
まだちゃんと骨がくっついてない状態なんだから
もう一度転んだらもう、歩けなくなるんじゃないかと思って

夫の行動と同じく
母も癖で、自転車で行こうって思ってしまうみたいですv-292

ごめんなさ~い!!

pocoさんに怒られたよーな気がした・・コワー!

身内が言っても聞きいれてくれないことってありますよね~。
お小言に馴れちゃってるというか、馬の耳に・・みたいになってて。
同じ事を他人に言われると「ハッ」としたりするんですよねー。
「なによ、そんなの前から言ってるじゃん!」て、ハラが立ちますよね。

困っちゃいますねぇー。

170で追加は必要ないし、92で寝たらキケンです。
pocoさん、よく分かってる~!!
いままでの苦労がしのばれます・・e-441

無自覚低血糖って

poco夫さんの気持ちもわからなくはないです

無自覚低血糖に幸いになっていない自分ですが、無自覚低血糖って
本来の意味である「低血糖を自覚できない」に加えて、「周囲の色んな配慮があってからこそ何事もなく生活が出来ているという自覚がない低血糖」って意味もあるのかな・・・・と思うようになってます。

ですね!

ご無沙汰です(^^;)

タイムリーと言ったらなんですが、偶然ですねe-451
当事者と周りの者とでは低血糖への考えや意識に違いも当然あると思うのですが
不幸な結果をもたらさないように願っていますe-459

♪カッパさんへ

ウフフ謝るところを見ると
カッパさんもダンナさんに言われたこと、聞かないことがあるのかな?v-411

> 「なによ、そんなの前から言ってるじゃん!」て、ハラが立ちますよね。
よくおわかりで・・・(笑)

> いままでの苦労がしのばれます・・e-441
わかってくれて、ありがとーーv-395

低血糖で交通事故って言う記事を読むと
ますます、無自覚改善に励まなければと思います

だから多少口うるさくても、言い続けなくっちゃ
いい加減にしなさい!ってv-8

♪新さんへ

> poco夫さんの気持ちもわからなくはないです
おっ、援軍ですね

私もわからなくはないのですが
ずっと高めにしろと言ってるわけではなく
無自覚改善のためのリセットですから
期間限定で、イヤでも積極的高めにしないとね

「周囲の色んな配慮があってからこそ何事もなく生活が出来ているという自覚がない低血糖」
これはまた、深遠なるご意見
ならば私は、自覚を促すべく、もっと叱咤激励してもいいのかな?v-8

♪沙織(父)さんへ

本当に偶然ですが、ドキリと致しました

低血糖を起こすことが他人の命を脅かすこともあるのですよね
もっと切実に無自覚改善に取り組まないといけない!とつくづく思いました

車を運転する前の測定
高くても補食はしない
のルールは絶対に守る・・・改めて夫と確認しあおうと思います

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/409-083e7334

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。