スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋を待つ山

秋を待つ山
(またもや連結写真

お~~い雲よ

悠々と
馬鹿に呑気そうじゃないか

いつまでいるんだ

真夏と間違えてないか?



今日から9月だよ~~

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

うれしいなぁ・・・(笑)

山村暮鳥ですね・・・磐城平ならぬ六甲山の上(笑)

昨日に続き六甲山まで写真に撮ってくれて嬉しいなぁ!
「六甲はちょびっとしか見えへんなぁ・・・」と思った昨日(笑)
そしたらね、ほんの今さっき「京都地検の女」の再放送を見てたら
なんと、昨日のpocoさんの写真と同じロケーションで名取裕子が!
しかも10数年前の思い出の写真にはオリエンタルホテルが写ってなかったんよ。芸が細かいやんと・・・アハハ
たぶんpocoさんと同じ位置でカメラが回ってたんよね。
元町の駅も見違えるように近代化されてて・・・

なので、もう1度pocoさんのお写真を見に来たら・・・六甲の上の夏雲だもの・・・
思いは届くのかも・・・うふふ

いつもありがとうございます!

♪もりママさんへ

よかったあ
誰も山村暮鳥って突っ込んでくれなかったら・・って心配してたんです

山村暮鳥でなくとも
雲を見たら、お~いって呼びかけたくなるもんですねv-411

こんな拙い写真を喜んで下さって、うれしいです
我が家の近所から撮った景色なんですよ

もういい加減に夏雲はどこかへ行ってくれないかなあ
六甲の上の方でも暑いですv-388





No title

山村暮鳥調ですなぁ
いいですなv-222

写真が入ると
現代ですな

♪やまさんへ

雲を見ると
暮鳥でなくとも
自然と 「お~い雲よ」と呼びかけたくなるものなんですね

すこ~し、ほんの少し
秋めいてきましたね

凄い!

こんなに綺麗に連結出来るものなんですね~。
上手♪

2年生の昨日の宿題は「合」と「雲」って漢字でしたよ。
リヒトは「雲」って途中まで書いてあって、いつの間にか「雪」に変わってっました。間違いではなく、願望だったりして。^^
本当に暑くて、学校へ行かせるのが可哀想な位です。

連結って

わたしは仕事でそーゆーコトやるのでできるんですけど、
PCがカンタンにやってくれる機能があるんですか?
(最新機能にはうとい)
それともpocoさんの技術がスゴイe-69の?

前記事の写真は、雄大で、オーストラリアのオペラハウスかと思いました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/シドニー・オペラハウス
ほら似てる!!e-257

♪ともかさんへ

ソフトがね、凄いんですよv-8

撮る時に、水平にカメラを移動することだけ気をつけてればいいだけ
ほんと簡単なの
あんまり簡単だから、いっぱいつなげてしまいそう

> リヒトは「雲」って途中まで書いてあって、いつの間にか「雪」に変わってっました
うわあ、今なら、雪って字を見るだけでもうれしくなりそう

霰でも霜でもいいわ、リヒトくんがんばって間違えて!

うちの町内からは、小学校まで30分はかかるんです
炎天下、真っ赤になって帰ってる子供たちを見ると
けなげで、いじらしくなります。

だのに、またすぐ運動会の練習が始まるんですってv-12

これだけ、気象状況が変わってきたら
学校行事も時期をずらせるなりするべきじゃないのかなあ

♪カッパさんへ

> PCがカンタンにやってくれる機能があるんですか?
エヘン!私の技術ですv-354・・・・と言いたいところだけど
簡単にやってくれるソフトがあるんです

ちなみに、私が使ったのはフォトレタッチっていう画像加工ソフトです
すっごく簡単
でもあんまり不自然さはないでしょ?
もうカメラの広角レンズは必要ないかもv-411

上下にもくっつけてくれるので
今度(いつかなあ)東京スカイツリーを近くで撮る時
入りきらなくても大丈夫ですv-8

このソフトがあれば、カッパさんのお仕事もはかどるかもよv-411

>オーストラリアのオペラハウスかと思いました
アハッ、ほんとだ
メリケンパークオリエンタルってホテルなんですけど、ちょびっと似てる

神戸、自信持っていいネ!

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/415-91e9afdd

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。