とりあえずイスタンブール

トルコに行こう!とは決めたものの
見どころをぐるりと周るか
イスタンブールひとつに絞るか・・・悩ましい選択でした

日本の2倍以上の面積を有するトルコ
いくつもの街を巡るとなると
何時間もバスに揺られることになるらしい
しんどそうやなあ

でもせっかく長い時間かけてやってきて
イスタンブールだけというのももったいない気もする

衰えつつある体力と頭脳(見てもすぐ忘れる)を勘案して
イスタンブールとカッパドキアの2か所に絞りました

出発は10月27日

トルコのベストシーズンは終わり
どうも雨の多い季節に入ったらしいが
最近晴れ女に変わった私の力でなんとかしてみせよう

成田からトルコ直行便で12時間
(伊丹空港からの乗り継ぎなので、家を出てからは20時間~フゥ)
イスタンブール・アタチュルク空港に着いたのは夜8時前
・・・・雨でした・・・あれっ?

空港から車で30分ほどのその夜の宿は
スタンダードクラスなので、間口は狭く、一見してショボイ!と思ったけど
意外にも部屋に入ると簡素ながらゆったりしており
バスタブも大きい、いいじゃないか

フェフミベイホテル

窓を打つ雨の音を聞いているうちに
夫の血糖値を気にする間もなく、あっという間にトルコ一夜目の眠りにつき
長時間の移動疲れをいやしたのでした


翌朝・・・5時30分頃
外から、何やら歌声のようなものが聞こえてきました
まだ暗い街に、遠慮なく鳴り響く朗々たる声

おお!これがアザーン(礼拝を呼び掛けるアラビア語での朗誦)か

う~~~む、ここはイスラムの国、と感じさせられた瞬間でした

これはその後、何度も聴くことになるのですが
ガイドのお兄ちゃんが「眠い時はうるさい」って言ってましたが
なるほど、確かに・・・

アザーンで起こされたので
レストランが開くのを待って、朝食を摂りに最上階(と言っても5階)に行ってまたもやビックリ
昨夜は暗くてわからなかったけど
・・・目の前、海やったんや
ホテル屋上より

うわっ、ブルーモスクもすぐそばに見える
ライトアップされたブルーモスク

いきなりすご~いトルコな風景

朝食後、まだ雨が降っていましたが
早速ブルーモスクまで散歩
さすがイスタンブール随一のジャーミー(モスク)だけあって
まだ朝早いにもかかわらず観光客やお祈りに来る人が続々と入って行きます

ここはまた、後日訪れる予定なので建物の中は入らずチラ見だけ



ではここで
※旅のワンポイントアドバイス その①※

★小雨の時、カメラ持つならカッパが便利★
カッパ

傘持って、カメラも持っては大変
100均で買っていったカッパは、フードも付いてるし
大きい(すぎる)ので下にどんなに着込んでても大丈夫

ボタンとボタンの間隔が広いから(大ざっぱな作りとも言う)
腕ごとカメラを入れて濡れないようにもできます
しかも当然100円!

こんなに便利なのに
夫は、僕はいい、って着なかったのはなぜ?

その後は暑いほどの好天気になったので
残念ながらカッパの出番は、この時1回限りでした


周辺の散歩・探索のあと
カッパドキアに移動するので
チェックアウトしましたが
路面電車の駅にも近く
一夜限りにするには惜しいホテルでした


次回は
奇岩で有名なカッパドキアのレポートです
洞窟ホテルに泊まったよ
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

良いですね~

トルコの夜景(早朝景?)綺麗ですね~。
行ってみたくなります。
カッパドキアのレポートも楽しみ!
(カッパドキアでカッパの出番が無さそうなのは残念)

飛んでイスタンブール

まさに「飛んでイスタンブール」ですねえ(笑)
「とんだイスタンブール」ってタイトルじゃなくて良かった
伊丹から20時間のフライトだなんて、こんなしんどい思いして、いつも主人達は海外出張してるんですねぇ‥‥と、まずは思いましたよ(笑)
しかしながら、最初からイスラムの風景にトルコの気分満点
目覚めに聴くイスラムの祈りなんて、読んでるだけでもステキ

旅のワンポイント講座()は、超出不精の私には無用だけど、楽しんで拝聴しますね(笑)
100均カッパでカメラ取材のpocoさん写真にプチ感動
ご主人様が撮られたんでしょう?
この先きっと楽しい旅行になったことを予感できます(笑)

今さっき寝苦しくて目が覚め低血糖かも?と測ったら 234(笑)
補食の失敗かもとラピット打ったら目が冴え、ココを見に来てラッキーでした
気分転換出来ましたよ、いつもタイミング良くてホントに感謝

ふふふ。

しばらく更新が無かったので「もしかして海外旅行再び?」と思っていたら‥‥本当に行かれてたのですね~(笑)

学生時代「コンスタンティノープル史」を取りました。
行きたい!行きたい!と思っているのに ‥‥ 遠い街です。
良いな~♪良いな~♪やっぱり行きた~い。

レポ。続きも楽しみにしています。

晴れ女だ!!

カッパはこのとき限り、だなんて。晴れ女ですね!
カッパ着ないなんて、poco夫さんのほうがおしゃれさんなの?

ほんと、一泊だけではもったいないホテルでしたね~
写ってる建物がみーんな日本にはない雰囲気で、ステキ。v-10

お祈りで起こされるなんて、旅行中は早寝早起きですか?

♪ケロリンさんへ

早朝景です・・・と言っても7時くらい

ホテルのレストランがまだ開いてませんでしたが
勝手に入って写真撮ったり
夫はオリーブつまんだりしてましたv-8

ご旅行の際はぜひ100均でお求めくださいね、カッパ。

♪もりママさんへ

実質飛んでる時間は13~4時間なんですけどね

伊丹で待ち、成田で待ち
海外旅行はやっぱりパワーが必要です

せめて、スケジュールはゆったりしたいと思うのだけど
ジッとしてたらもったいないような気がして
アクセク動き回ってしまうんですよね

とんだイスタンブール(うまい!)・・な話もぼちぼちいきたいと思います

> 今さっき寝苦しくて目が覚め低血糖かも?と測ったら 234(笑)
お疲れ様です

♪ともかさんへ

> 学生時代「コンスタンティノープル史」を取りました。
おお、それは思い入れもひとしおでしょう
ロシアからだと、ほんのひとっ飛びだったのにね

ヨーロッパとアジアの文明の接点と言われるトルコですが
いろんな意味で、アジアの国だなあと思いました

ご期待に添えるレポできるかなあv-292

♪カッパさんへ

カッパカッパって呼び捨てしてしまってごめんなさいねv-411

もうね、晴れ女の自信がつきましたよ

> カッパ着ないなんて、poco夫さんのほうがおしゃれさんなの?
ちょっと人がしないようなカッコするの照れるんです
そう言えば、だれも着てなかったな
カッパって外国にはないのかしら

> お祈りで起こされるなんて、旅行中は早寝早起きですか?
ハイ、夫はどこへ行っても、いつも通り早寝早起きです

ホテルの部屋でカサコソされると、仕方なしに私も早めに目覚めるというわけで・・

でも異国での早起きは人の少ない街を歩けたり
いいですね

撮ってイスタンブール♪

あぁ~夜明けの街に響き渡るそのアザーンというのですか、
よくTVなどで耳にしますが、生で聞きたいですね。
見知らぬ街の見知らぬホテルで初めて耳にする音、声、歌。
あぁ、私はカッパを着た異星人、じゃなくて異邦人。
写真も記事も続きが楽しみです!

♪野良上手さんへ

撮ってイスタンブール・・ツボ直撃です

商標登録されてなければ、タイトルにいただきたい(笑)

カッパを着た異邦人もいいなあ
♪~あとはカッパは着なかった異邦人~

No title

どうしてお顔を隠すのでしょう? 今度は隠さないでください。

♪やまさんへ

何でも見せないうちは想像が膨らむでしょう?
ひょっとしたら美人かもしれない・・・とか

だから、絶対見せられません(笑)

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/448-f653b709

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2