異邦人

うわあ、今日から12月

今年初めに「あっという間に大晦日ですよ」なんてこと言ってたけど
その通りになりそうです

いつまでも1か月前の旅行のことなんか書いてたら
気が付いたらもう来年の夏だった・・・てなことになりかねないので
本日、ランダムに大放出(笑)


夫は在職中に、トルコには何度も来ていました

ちょうどIDDM発症直前の出張先もトルコで
あの時のストレスや風邪が発症の引き金になったかもしれない・・・と思うと
少々複雑な気持ちになるのですが
夫自身は特にそういう思いもないらしく
「イスタンブールは何日いても飽きない街だよ」と常々その魅力を語っていました

その夫の案内で
特に目的も決めずブラブラ歩きの4日間

 市場へ行く人の波に
    体を預け
  石畳の街角を
    ゆらゆらとさまよう
  祈りの声 ひづめの音 
    歌うようなざわめき

私にとって初めてのイスラムの街は
ひづめの音こそありませんが
歌、異邦人の一節そのままのエキゾチックなものでした

朝の散歩中に聞こえてきた祈りの声

[広告 ] VPS

朗々たる声に思わずひき寄せられているのに・・・・・夫の声が邪魔をする

黒衣の人にも目を奪われる 
黒衣の人

モスクの丸い屋根とその周りのミナレット(柱)の直線の対比の妙
ブルーモスク
(スルタンアフメット寺院・通称ブルーモスク)

エキゾチックでありながらなぜか親近感を感じさせられたのは
人懐っこい国民性のせいでしょうか

ボスポラス海峡クルーズ船上で出会った子供たち
子供たち
アンタルヤ地方(おそらく田舎)から来たという一家(2家族10数人)
ことばが通じないのに一生懸命話しかけてくれる子供たち
お姉ちゃん(左から2人目14歳)は船を下りる時、名残惜しそうに両ほほをくっつける挨拶をしてくれました

仲良し兄妹
兄妹
写真を撮らせてもらったら
お父さんが「チャイはいかがですか?」って

トルコの人は、何かと言うとすぐチャイを勧めてくれる
挨拶みたいなもののようです

夕暮れのジャーミー
夕暮れ時は、モスクのシルエットが印象的

街角打ち


朝ごはん食べすぎたようで

追加打ちinイスタンブール




神戸に似た坂の街
・・・というのも親しみを感じた要因かもしれません
坂の街

 イスタンブールのシンボル、ガラタ塔はどこからでもよく見える
ガラタ塔

展望台に上ると街が一望できます

かすんでるのがアジア側
ガラタ塔より
右手前の海が金角湾 右奥の海はマルマラ海
左に行くとボスプラス海峡・・・・
東西の十字路と言うことを実感します

景色も素晴らしいけど・・・・

このまつ毛、この口元
少女
少女を撮る

あまりの愛らしさ
お父さんに断って撮らせてもらいました



景色そっちのけ



定期船でアジア側の街ユシュクダルへ
有名な観光地やホテルなどの多いヨーロッパ側とちがって
地元の人が暮らす街・・・といった感じ
食料品店

こんな商売も体重はかり屋
体重計を売っているわけではありません!・・・体重はかり屋さんデス

道を尋ねた人の、おひげが立派だなって思ってたら
指揮者
なんと軍楽隊の指揮者だったんです!!
マーチは聴きそこねたけど、これで挽回?

ガラタ橋下のレストランで一休み 
歩き疲れた体に、潮風と甘いチャイがおいしい
CHAI.jpg
お金を払おうとすると、いらないよサービスだよって・・・感じ良すぎや

親切がうれしかったので、最後の夜の夕食はここに

魚介専門店らしく、魚を見せてもらって
メインをオーダーするしくみらしい
魚を選ぶ
日本にはないというのでイボかれいをチョイスしたけど・・・
見た目ちょっとグロテスク

グリルにしてもらいました・・・が
淡泊なので、塩味がもうちょっと欲しい
この時のために、バッグの中に秘密兵器が・・
秘密兵器
とってもおいしく頂けたところで
イスタンブール報告・・・この辺で





スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

ちょっとふりむいてみただけの

ホント、pocoさんが言われてたように「瞬く間に12月」です(笑)
何をしてきた1年だったのか・・・

しかし、年末らしくトルコ写真大放出に感激!
ブルーモスクや海峡の写真、石畳に可愛い笑顔・・・
私、久保田早紀の「異邦人」って歌が大好きなんで、その気分分かります!
 こども達が空に向い 両手を広げ
 鳥や雲や夢までも つかもうとしている♪

そして、pocoさんが引用されてる続き
  私を置き去りに 過ぎてゆく白い朝♪
  時間旅行が 心の傷を
  なぜかしら埋めてゆく 不思議な道
  サヨナラだけの手紙 迷い続けて書き
  あとは哀しみをもてあます 異邦人♪

お写真を見ながら、頭の中に流れて来ました。ホント、ステキな写真の数々、pocoさんのナビを読みながら浸る異境
ご主人様の発症前のこと、あとのことも含めて、お2人で過ごされた旅のこと・・・読んでいて胸がジーーンと。

モスクの祈りにまぎれてる声はご主人様のかしら?ドキドキしました。(笑)
色んな意味で盛りだくさんな種類も色々な写真を見てると、私もイスタンブールに飛んだよう・・・
まさに・・・その姿は 昨日までの何も知らない私でした。(笑)

すごーく楽しみましたよ。ありがとう!

お仕事お仕事♪

黒衣・・・・チャドーーールって言いまーーーっす v-21

これで、おまんま食べてまーっす v-371 (お仕事ね・・・)

おわりィ~?

えー!旅行記おしまい?
夏までだってイイですよー。
ネタが切れたらまた旅だってもいいし~♪

「異邦人」はヘタな歌がうまく聞こえる&歌っててキモチイイので、カラオケ行くとよく歌ってました。
機会があったらこんど歌ってみてください!
画面にイスタンブールが出てくるカモ?!

そらちゃんって一体なんの仕事してるんだろ・・?
 

うふふん♪

横レスしっつれーいたしまーっす v-421

さぁー、カッパちゃん、そらやんのお仕事なんでしょおーー v-290

やっぱり日本人は♪

お醤油ね♪

「異邦人」懐かしいー。
最近、誰かがライブで歌ってたのを聴いたんですが、誰だったかな~?

で、そらちゃんは、そっち系の宗教関係者?
私のために、祈ってーー♪

♪もりママさんへ

1年ホント早いですね
これからますます速くなるかと思うと、怖いほどですv-292

IDDM発症後は海外出張禁止令が出たのでv-290
夫にとってトルコは最後の出張地なんですよ
でも、感傷にひたるには年月がたち過ぎたのか
何の感慨もなさそうでしたが・・・・(笑)

> モスクの祈りにまぎれてる声はご主人様のかしら?
そうです。私のシーッって声も入ってますv-394

澄んだ祈りの声、もっと長く撮るつもりだったのに
声が入ったのであわてて切ってしまい
なんとも中途半端な映像で申し訳ない

「異邦人」私も大好き!
どうも久保田早紀さんは、イスタンブールをイメージして作ったわけではなさそうなんですねv-389そんなこと、何も知らない私・・・でした

♪そらちゃんへ

ふ~~んチャドーールって言うの?

そらちゃん、何でそんなこと知ってるの!?

毎日あなたの幸せを祈る人やってるって、聞いてないよv-8



♪カッパさんへ

> ネタが切れたらまた旅だってもいいし~♪
ジャアまた、どっかでトルコの写真が出てきたりするかもよv-8

> 「異邦人」はヘタな歌がうまく聞こえる&歌っててキモチイイ
いい曲ですよね
♪チャンチャンチャン~チャラララチャチャチャチャンって言う
中近東風の前奏聴いただけでも、いい気持ちv-411

> そらちゃんって一体なんの仕事してるんだろ・・?
一応知ってるつもりだったんだけど
チャドルカンケ―だとは知らなかった

そらちゃん、告白た~いむ、だよv-363

♪SP♪さんへ

こうしてみると、異邦人はいろんな世代の人に知られて、いつまでも歌われてるのに
久保田早紀さんはあの曲1曲だけでしたね

> で、そらちゃんは、そっち系の宗教関係者?

そらちゃん、さっさと告白しないと
みんなのためにお祈りしないといけなくなりそうよv-411

No title

あら~ v-11 さっさと入れなかったから、お昼のコメント拒否られてるのかしら~ e-441

あーあ、タイミング逃してるね e-259

No title

素敵な写真がいっぱいですね~。
やっぱり良いなあ。イスタンブール行ってみたい。v-10

祈りの声。
モスクの外まで朗々と響いて来るなんて凄いですね。

バッグの中に秘密兵器。
さっすが~。

♪そらちゃんへ

えっ!お昼にコメント入れてくれたの?

だれがどこで拒否ってるの!

で、告白タイムは??

♪ともかさんへ

景色撮るの苦手だし
海外旅行の楽しさは
その国の人との触れ合いが一番!と思っている
ついつい人の写真が多くなります

うんと素敵な風景写真撮ってみたいんですけどね

> モスクの外まで朗々と響いて来るなんて凄いですね。
きれいな声でしょ?
テープだそうです(笑)

ベリーダンスを習ってるという若い女性にもイスタンブールは人気のようです
やっぱりあのエキゾチックさが、人を惹きつけるんでしょうね

お醤油は、夫の発案です
今までに何回も、醤油があったら・・・と思ったんでしょうねv-411

笑顔と生声が

読書といえば昔から旅行記や紀行文ばかりの私ですが、
ブログでもやっぱり旅行記は読んでいて楽しいものです。
加えて思わずニヤっとさせられるような文章や、
生き生きとした写真が添えられてあれば尚更の事。

やっぱり人物や街角のスナップ写真はその時、その場所の
リアル感がストレートに伝わってきて素敵ですね。
特にpoco夫さんの生声はリアルさ「グッ!」です(笑)。



♪野良上手さんへ

デジカメになってから
撮った写真を見せることで
カメラがいいコミュニケーションツールになりましたね

でも、さすがに大人はなかなか撮らせて下さいとはいいにくい
こそっと撮るとたいていボケてるしv-390

で、必然的にカメラを向けやすい子供が被写体になるんですね
本当は美女やイケメンも撮りたいんですけどねv-389

> 特にpoco夫さんの生声はリアルさ「グッ!」です(笑)。
シッv-219って言ってるのに
気付かず話しかけてくるから「ゲッ」です

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/453-2d7b665c

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2