自立

例年に増して美しい・・・と言われた紅葉も、終わりを告げ
いよいよ冬の気配濃厚になってきたこの頃です

2週間ほど前の話で恐縮ですが
紅葉まっさかりだった頃
地元の紅葉の名所,森林植物園に
母を伴って行って来ました

1年前の今頃、母は骨折し入院中気分転換にと、外出許可をもらってここに連れてきたことを思い出します

入り口近くには
昨年同様、自然の樹木で作られたサンタとトナカイ
子供たちに人気です
2紅葉

去年は車イスで通った道を、今年は自分の足で歩く母
紅葉1

ちょうどこの日
夫は同窓会で箱根に
霊峰

紅葉まっ盛りの箱根に行った割には旧交を温めるのに忙しかったか
こんな写真しか撮ってきてないのですが
箱根の紅葉
翌日は東京に足を伸ばして
姉宅に泊めてもらい
娘にも会い一緒に食事したり
浅草カッパ橋界隈を歩いてきたとかで
きっちり東京スカイツリーはカメラに収めて来ておりました
スカイツリー






今はもっと伸びてるハズ


カッパ橋にて
kappa.jpg



おや、カッパさん
こちらにご出張でしたか?


母は、日常の動きに障りはなくなり
頼りないながらも、一人暮らしを頑張っており
(怪我以来、記憶力の減退ははなはだしく、新たな気がかりではありますが)

夫は
低血糖が頻発していた時期には、
宿泊を伴う一人旅など、とてもできなかったことを思うと
少しうれしい二人の自立ではあります

きわどいバランスで成り立っているこの平和
願わくば、この平穏が一日でも長く続きますように
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

分かりますよ!

きわどいバランスで成り立ってる平和

言い得て妙です!

この歳になると、あちこちに心配事が・・・
親戚にもお知り合いにも入院加療中のおじさまおばさまが・・・
こども夫婦や孫たちのこと・・・
主人や自分のコンディション・・・
何の知らせもなく、無事に1日が終わることが奇跡とも思えます(笑)
夜中や早朝の電話には、ドキッとするのよねぇ
pocoさんのお気持ち、分かるなぁ・・・

懐かしい森林植物園を元気に歩かれてるお母様のお姿、私まで嬉しいですよ。みごとな紅葉が心に沁みます!
しかも、ご主人様による冠雪の富士山、私にしては珍しい箱根で乗ったことのあるケーブルカーからの眺め(懐かしくちょっと嬉しい!笑)、スカイツリーの写真まで・・・。
何より、心配が杞憂になったご主人様の一人旅のこと。
良かったですねぇ・・・

こうして、どちらさまも、きわどいバランスでの平和を感謝しつつすごしてあるんですよね。

まっ、この歳だからの実感かも・・・うふふ

No title

>願わくば、この平穏が一日でも長く続きますように
---------

ほんとうに
ほんとうに
いつまでもv-237

いつまでもv-238

ウチはいつに?

箱根へ行かれたんですか?
ケーブルカーで硫黄の臭いの立ち込める大涌谷に行ったのかしら?
黒卵は召し上がったって?
去年pocoさん達がモリさんの所にwithそらちゃんと行く日
我等夫婦はここに遊びに来ていてv-48、この場所でメールしたんですよ。
そっかー、poco夫さんが見た時は富士山この位の白さだったんだね。

それにしても羨ましいー、まだまだ自立には程遠いウチのオジサンですv-292
(あのねえ、夫→3人兄弟の長男・私→4人兄弟の末っ子)


♪もりママさんへ

暖かい日差しの中で、心にかかることなく過ごせることの幸せ・・・

若い時はそんなこと思いもしませんでしたが
穏やかに過ごせることがなにより・・・と思えます

何度も失望を味わっているので
夫の無自覚低血糖への心配は消え去ることはありませんが
先のことを心配するより
無事に過ぎている間は
自分勝手なお願いをしながら
その平穏を喜んでいようと思います

夫は一人旅と言っても
寝る時は、誰かの目がある状態でしたから
まだ、完全自立とは言えないかもしれません・・・妻の評価は厳しいのだ(笑)

♪やまさんへ

若さがあり
健康があり

未来に何の心配も持っていなかった頃には
思いもしなかった感情ですね

♪カズの妻さんへ

富士山って写真でも、こうやって見られるとうれしいですね
こんな姿を毎日見てたら、肝っ玉ど~んと座ってくる感じがするなあ

> ケーブルカーで硫黄の臭いの立ち込める大涌谷に行ったのかしら?
うんうん、行ったそうです
でも、黒卵は食べてないそうですv-411

そっかー
九州と繋がる場所だったんですね

> それにしても羨ましいー、まだまだ自立には程遠いウチのオジサンですv-292
あっ、もりママさんのところにも書いたけど
夜は誰かがいる状態だったから、自立と言うには半人前
就寝時に低血糖おこしても、自分でちゃんと目覚められるようになったら、自立免許証進呈するんだけど

バランス

見事な紅葉の中での お母様 お元気そうですね。
(スタイル良いですねぇ。足長いし 素敵!)

きわどいバランス、、、ホント実感しております。


私の母も いくつも病を 抱えており、
あっちこっち 傾きながら、なんとかやっております

以前は 私は傾きを 必死に修正しようとしていましたが、最近はゆるく 少し戻れば良いかな、ぐらいにしようかと、、、優しくないかもしれません。

ご主人の おみやげは?
やはり 低血糖の心配なく、帰られた事ですね。




♪パグさんへ

携帯で撮ったボケ写真のおかげで
背中の曲がったおばあさんもまっすぐに見えるようです(笑)

実際には池の周りを一周するだけで何回も休憩が必要でした
記憶力は、ドキッとするようなことも多く
本当に深い谷底を見ながら綱渡りをしているような気分です

> 以前は 私は傾きを 必死に修正しようとしていましたが、最近はゆるく 少し戻れば良いかな、ぐらいにしようかと、、優しくないかもしれません。

イエ、きっとこの方が優しいのですよ

パグさんとこうしてお話をしていたら
「だれのために」と言うことを思い出しました
つい叱咤激励したくなるのですがそれは、自分の都合のためであって
決して母のためではないのですよね

明日行って、優しく接してこようと思います(笑)

> ご主人の おみやげは?
> やはり 低血糖の心配なく、帰られた事ですね。
そうですね
それが何よりのおみやげですv-219

カッパ橋

浅草のカッパ橋行ったことないんですよ~e-257
なんかおもしろそうなモノがいろいろある気がするんですケド。

年をとり、あたりまえにできてたことがいろいろできなくなるのってどんな気持ちなんでしょうね。それを受け入れることって難しくないのかな・・・
うちの父もだんだん足腰が弱ってきて、最近はいっしょに出かける時にあまり歩かずにすむ場所を・・って考えるようになりました。
そうしてあまり歩かずにいたらますます弱る気もするし、体が弱くなると気持ちも暗くなってしまう気がします。
弱っていく姿、それにどう向合うかを見せるのも「親の仕事」なのかも・・と、感謝して見なければと思うんですが、先を考えるとせつないですねー。e-258

紅葉~♪

今年は、紅葉をちゃーんと見てなかったかも~ v-390 (もちろん、葉っぱ達はちゃーんとしてたんだろうけど・・・ v-35 )今年はキレイだったんだー v-21 見逃しちゃったなー e-317

♪カッパさんへ

> 浅草のカッパ橋行ったことないんですよ~e-257
> なんかおもしろそうなモノがいろいろある気がするんですケド。

いろんな道具類を売ってるお店があって
なんだかとってもおもしろそうですよ
行ってみたいなあって思いました

> 年をとり、あたりまえにできてたことがいろいろできなくなるのってどんな気持ちなんでしょうね
できないことに、ため息をつく母を見るのは切ないものがあります

年をとったら物忘れは当たり前・・・今度こう言って励ましてこよっと

♪そらちゃんへ

夏の暑さが、木のなんとかに作用してひときわきれかったんだって

猛暑は来年も続くと思うからv-356
きっと来年もきれいよ

お楽しみにv-290

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/454-6f154745

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2