風習

年が明けて早くも15日
松の内は今日まで

注連飾り一つ焼くだけの、ささやかなとんど焼きしました


あれ?どんと焼きだったかな?

とんどでもどんとでもどんどでも

どれでもいいみたい

とんど焼き

燃えかすは家の周りに少しずつまきます

夫が「何でまくの?」って聞くけど
何でか私もよく知らない

魔よけかな?

何の根拠もないけれど、何となくこれで安全・・・みたいな気分になりました

風習ってそんなもんよ


スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

あっ、忘れてた!

アハハ

そうですよ、風習なんて身に付いたものだもの(笑)
まっ、一応私はクリスチャンなんで、松飾りを焼くどんど焼きはもうしないけど・・・
15日にお正月飾りをしまう風習は祖母からの教えとしてやります。(笑)
幼い頃は、ご町内で集めて焼いて、その時に書き初めの半紙も焼いて、字が上手になるようにと願ったり、お餅をその火で焼いて食べるとその年を健康に過ごせると言われたりしてましたよ。

昨夜「あっ、明日は15日だから片付けなきゃ!」と思ってたのに、すっかり忘れて寝るところだったわ。
良かった、最後にここの更新を見つけて・・・ラッキー♪
うっかり忘れて寝るとこでした、ありがとうございます!(笑)

もう15日です!
早いなぁ・・・いよいよ日常生活の始動ですよね。うふふ
久留米は雪が積もりだしました・・・明日も寒そうですけど、お互い風邪などひかないようにしたいですね。

♪もりママさんへ

お正月が終わると、すぐに節分,立春
スーパーにはもうバレンタインデーのチョコレートが置かれていますね
それが終わると、お雛様・・・・ああ今年も季節に追われてしまいそう
時間よ~~止まれ!

最近とんと写真を‥

関西方面はやっぱりとんどですか?
東北(仙台)ではどんとでした。
へぇ~自宅で燃やして周りに撒くのですか、
確かに魔除けに効きそうな風習ですね。

それにしても、
この写真、すっごく素敵ですよ。
雪の残る庭でお飾りにゆらめく炎の神妙さ。
季節感と風景がマッチしたイイ写真です。

静止画なのに

ゆらめく炎と熱を感じてじっとみつめてしまいました・・
焚き火ってイイですよねー。v-41

どんど焼き、小学校以来行ってないです。
家庭でもやれるものだと知らなかった!
灰を撒くっていうのも知りませんでした。
いいですよね、こういうの。たのしいしv-238

灰にそういうパワーがあるかどうかじゃなくて、そういう願いや思いをもっていることが大事なんだと思います。
そうしたら、ほんとに灰がお清めや魔除けのパワーを持つんじゃないかな。

へ~♪

あの飾りたちは、燃やされるんだー v-41
うちは、飾ったことないから、片付け方法、考えたことなかった v-392

最近は、車や家の前も飾る人少ないよね~ v-457
付いてるおみかんは、食べてもいいの?? e-435

♪野良上手さんへ

灰を門口に置いただけで、大丈夫!悪いものは入れない・・・みたいな気持ちになりましたから
単純なヤツです

> 季節感と風景がマッチしたイイ写真です。
おそれ入ります
名人に褒めていただくと、身のすくむ思いです

褒められて伸びるタイプなので、いい気になってがんばります!

♪カッパさんへ

> 焚き火ってイイですよねー。v-41
♪かきねのかきののまがりかど~
たき火だたき火だ落ち葉だき~♪って昔から歌でも歌われているように
火の暖かさだけではなく、何か引き寄せられるものがありますね

> どんど焼き、小学校以来行ってないです。
あっ、やっぱり学校でやってたの!?
うちも子供たちが小学生の時は学校へ持って行ってましたよ
で、灰をポリ袋に入れてもらってきてました

> 灰にそういうパワーがあるかどうかじゃなくて、そういう願いや思いをもっていることが大事なんだと思います。
うん、そうですね
もう、すっかり清められた気分です
すっごく影響されやすいタイプv-8

♪そらちゃんへ

>あの飾りたちは、燃やされるんだー 
燃やすことで、浄化するんでしょうね

あのみかんは、橙(だいだい)で
食べていいけど酸っぱいよv-393
しぼって、熱いお湯で薄めて(砂糖を入れて)飲むと風邪をひかないと言われてるの

なんか私もずいぶん年寄りくさいこと知ってるね
あっ、年よりだったわv-12

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/471-56312d6b

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2