今夜はロシア風

福岡から、うれしい宅急便が届きました
缶詰

めずらし!
ボルシチの缶詰ですって

添えられたお手紙には
〖この「ツンドラ」私が幼いころから大好きなロシア料理専門店です
先日買って食したら、お店の味そのままだったので・・・〗と
ありがたいですねえ

福岡の通の間では名の通ったお店とのこと

早速、その夜の献立はロシア料理ということに
といっても
温めるだけ、ルンルン

ジャガイモやニンジンがごろりと形のまま入っている
缶詰とは思えないない
お肉も柔らかく
コクがあるのにくどくない
おいし~~い

ボルシチ

おかげで
身も心も温まりました

ごちそうさまでしたっ
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

かわいー

缶のデザインもレトロなカンジでかわいらしいですねv-238
野菜がゴロゴロ入ってるなんてすごいー。
缶詰だって言わなければバレないかもv-237v-237(だれに?)

そういえば、大泉洋のプロデュースしてるスープカレーのスープもレトルトなのにレトルトと思えないほどおいしかったですよ!
野菜などの具は自分で入れるんだけど。いろんなバリエーションで楽しめますv-221

↓ 機会があったらせひー
http://www.soupcurry.jp/pc/

あれ??

朝ごはんと思った・・・・ v-16

こんにちは♪

 pocoさん こんにちは~♪

 えー? めばちこ やったんですか?
 痛かったでしょね。 もう良くなりましたか?
 様子をみていて 翌日に腫れた時には
 驚かれことだと思います。
 つらかったですね。 

 そうですよね。 両目があるから
 生活しやすいのですよね。

 うちの娘が この先 合併症で視力を失うことがないことを 親として願うなぁ。


 ボルシチ
 ロシア料理のお店で
 私も食べたことがあります。
 美味しいですよねぇ。(小学校の給食でもでます!)

 上に ヨーグルト?生クリーム?
 をかけても 美味しいみたいでーす。

 ツンドラ 流行のツンデレ かと 思っちゃいましたぁ。
 
 

初めて見た!

ボルシチの缶詰めは私も初めて見ました

1度だけ作ったコトがあるんですケド
手に入りにくい食材もあるし、缶詰だと簡単でイイですね♪
しかもおいしいなら言うコトナシ!

まだ残っているようなら、今度はサワークリームを添えてみて下さい

私も大好き~

あのトマト味のほの酸っぱいコクのあるスープはさぞかしロシアの寒い地の人々を温めてくれるでしょうね~v-382

あの味を作るのは難しそうだから、今までミネストローネを作ってごまかしていましたv-290

♪カッパさんへ

でしょ!
飾り気のないストレートなデザインが、味の自信を表してる感じです
> 缶詰だって言わなければバレないかもv-237v-237(だれに?)
いや、マジでばれませんよ

> そういえば、大泉洋のプロデュースしてるスープカレーのスープもレトルトなのにレトルトと思えないほどおいしかったですよ!

今深夜0時前、ちょうどおなかのすく時間で、このカレー見たもんだからたまらない
おいしそうだあ、明日食べたい!!

♪そらちゃんへ

アハハ、私も思った

フランスパンにするべきだったかなv-8

♪keikoさんへ

keikoさんならめばちこで通じますよね(笑)

おかげさまで、もう落ち着きました
アレルギーが影響してるみたいで時々なるんです

>  うちの娘が この先 合併症で視力を失うことがないことを 親として願うなぁ。
おそらく主治医先生がきちんとケアされていることと思いますが
親御さんとしてはご心配でしょうね

早くそういう心配から解放されるような最新医療の研究が進むことを祈るばかりです

ボルシチが給食に出るのですか!
今どきの小学校は贅沢ですねえ

♪ちりかさんへ

ボルシチを作るには、ビーツとかいう独特の野菜が必要らしいですね
なかなか手に入りにくいらしいから
この缶詰、ホントにお薦め
缶詰じゃないみたいにおいしいからv-411

ウフフ
もうひと缶残ってるので絶対サワークリーム入れてみますね
今から楽しみv-10

♪カズの妻さんへ

ロシアでは各家庭の味があるそうですね。
寒いこの季節にはピッタリ

この缶詰でおいしさに目覚めたんだけど
家では作れないので
今度ロシア料理食べに行こうと思ってますv-8

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/476-57824e20

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2