小さな協力

東京の娘から
「会社帰りにスーパーに寄ったら
野菜はあるけど卵や乳製品などの食料品のタナは空っぽ」というメールが届きました

計画停電やら相次ぐ余震で関東エリアも大変ですね

「足りないものがあったら送るよ」と返事したら

「ストックが少しあるし、生きてくためには困ってないから大丈夫~」とのこと

買いだめに走る人が多い中、あっぱれな返事ではないか、とちょっとうれしくなったけど
これは卵も牛乳もも我慢すればいいのんきな一人暮らしだから言えるので
小さな子供さんでもいればなかなかこうは言ってられないかもしれませんね

懐中電灯もないというので
送ろうかというと、自転車のライトがあるから何とかなる、とこれまたのんびりした返事

運送業界も大変な中、不要不急の宅急便を自粛することも
小さな協力になるかもしれません


今、私たちにできること
募金や節電の他にもいろいろありそうです
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

一週間たったんですね。

お風呂に入りたい、髪を洗いたい、っていう声を聞くと、早くどうにかならないかなー・・って思います。
ニュースを見ては被災地の心配を毎日してしまうけど、地震前ののほほんと明るい過去ブログを見て、自分の生活をおろそかにしてはいけないなーとも思いました。
買い物したり、テレビを楽しんだり、遊んだり。
そうしたことをすることが、なんだか悪いことのように感じて気分が暗くなりがちですけど、暗くなってちゃーダメですよね!

関西も数年で復興したって聞いたら、元気出てきました。
きっとどんどん片付いて、みるみるきれいになりますよね!

思いやり

今日で1週間、被災者のお疲れも相当なものだと思います。
少しずつでも救援の手が整うよう・・・皆が見守っていることも大事だと思います。

お嬢さま、さすがpocoさんの娘さんですねぇ・・・凛々しいなぁ!
小さな協力というよりその思いやりがどんなに大事か!
工夫すれば知恵も湧くというものですしね。

我が娘も2人の子どもをかかえて、真っ暗な夜は不安だろうと心配してますが、まだ40分並べば品物が手に入るんだからと、被災地の方々を思えば有り難いと言ってました。幼いモモコの手をひいての行列は大変だろうと、何の不自由もないこちらは気を揉むのみです。

せめて原発事故が無事に解決して、もっと救援の手が被災地に届くようにと祈ってます!

No title

東京電力や東北電力の公式発表の通り、関係のない地域(西日本)で節電しても意味はありません。節電で浮いた電気料金の分だけ余計に募金するのであれば良いことです。
チェーンメールで全国で節電を呼びかけている迷惑行為が横行してますが、あくまでも該当地域で節電しなければなりません。届いた情報が正しいのか、根拠があるのかインターネットを使って確認できる人こそ、情報を再送信する前にちゃんと確かめる義務があります。
全国で節約すべきは燃料ですね。これは西日本から被災地へと既に運ばれ始めています。

みんなで協力~

周波数の違いから融通能力が決められているので、そんな話も出たらしいのですが、節電は十分小さな協力になるってこちらの電力会社の広報が話されていました~
{電力を作るための燃料消費を抑えれば被災地に油を回す余力を生み出す。
いずれ復興が始まれば燃料の重要性は一層増す}

皆がいろいろ考えそれぞれに協力していけたらホントいいですね。
私も息子に今日お米5キロ送りました。
やはり独り身の気楽でしょうか、「ご飯さえあれば何とかなるから~」というSOSでした。

こちらは被災地でもないし、計画停電もないのにスーパーから品物が消えてゆく有り様です。
外国の方々から賞賛を受けている心を持った日本人は被災地の方々だけだったんでしょうか~?
仕事をしながらラジオから流れてくるさまざまな投稿を聞きながら
ちょっと悲しくなりました・・・。

♪カッパさんへ

日本中が、いや世界中が息をつめて東北を見つめて過ごした一週間でしたね

ホントだね、暗くなってちゃいけないよね
4月ならともかく5月に予定のイベントまで自粛ということで次々中止になっています
そんなことしてたら経済効果がますます低下してしまうんじゃないのかなあ

停電も品不足もない何不自由ない西日本の人間が
特に日本を活気づけていかないといけないといけないのにね

>関西も数年で復興したって聞いたら、元気出てきました。
>きっとどんどん片付いて、みるみるきれいになりますよね!
そうです!
あれほど壊れた神戸も数年後には立ち直りました
比べようもない悲惨な状態ではあるけれど
絶対にきれいになる日があるんです!

あっ、元気出てきた!

♪もりママさんへ

娘のように一人ならなんとでもなりますが
小さな子供さんを抱えて今の関東での生活は本当に大変だと思います

今はみんなが痛みを分かち合わないと、と思われるからでしょうか
長時間の停電にも黙々と絶えておられる関東地方の方々の様子には頭が下がります

>せめて原発事故が無事に解決して、もっと救援の手が被災地に届くようにと祈ってます!

日本中の祈りが通じて
少しでも収束の方向に転じていきますように!

♪No nameさんへ

60Hzから50Hzに変換する設備の容量に上限があるので
関電から送れる電力に限界はあるそうですが
節電することで電力消費が減れば使用燃料が余り、それを譲ることもできるらしいです
福島原発事故で東電は休止していた火力発電所も稼働準備をはじめました
原発がこの状態では今後一層火力発電所の重要性が高まることは必至で
そうなると石油燃料の必要性が当然高まる
(これは、いい加減なチェーンメール情報ではなく、信頼のおける電力関係者からの話です)
ですから我々が節電することも大いに意味があるのですよ

まあそんなことがなくても、節電は悪いことではありませんしね
もちろん節ガソリンも大いに必要です

この危機の中で
悪意のある情報を流したり義援金詐欺をするヤツが横行しているらしいですね
そんなヤツに惑わされず
正しい判断で、自分たちにできるできるだけの支援やっていきたいですね

♪カズの妻さんへ

> 節電は十分小さな協力になるってこちらの電力会社の広報が話されていました~
> {電力を作るための燃料消費を抑えれば被災地に油を回す余力を生み出す。
> いずれ復興が始まれば燃料の重要性は一層増す}

うれしい情報です
こういうことを聞くと、節電への意欲が増しますね
こちらでも、スーパーが営業時間を短くしたり
会社でも照明を暗くしたりして節電に努めています

やればできるんや、という感じ
今だけのものとせずずっと継続してやっていかなければいけないんじゃないかなあ

> やはり独り身の気楽でしょうか、「ご飯さえあれば何とかなるから~」
ウフフ、ごはんさえあれば生きてくのに困らない~かなv-411

>こちらは被災地でもないし、計画停電もないのにスーパーから品物が消えてゆく有り様です

必要以上のものを買い占めることはないのにねぇ
自分ちさえよければ精神は醜いです

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/499-fb841ba4

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2