スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらさく

桜が、咲きました

桜咲く

ソメイヨシノより一足先に咲くサクランボ桜(正式な名前は知りません)

いたって普通に暮らしながら
多分、被災地を見つめてる日本中のみんながそうじゃないかと思うけれど
いつもどこかがソワソワしてしているものだから
気が付いたら、満開になっていました

寒いのによく咲いたね
きれいだよ

いっぱい褒めてあげよう

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

チラホラと

満開ですか!おみごとです。
きっと、美味しくて可愛いサクランボが鈴なりになりますよね。

福岡も急に冷え込んで心配してましたけど、お昼間の暖かさはあるからか、ソメイヨシノがチラホラ・・・
まだぼんやり薄紅色の枝がほとんどですが・・・(笑)
気配は充分!
pocoさん同様、色んなニュースに心が定まらず、ザワザワしてる私ですが、今日、お散歩の途中にきれいなコブシの開花を見つけて、ハッと我を取り戻しました。(笑)

サクランボは桜桃というのだそうですよ、お隣の方が教えて下さったんですが、このお隣のお庭のサクランボの木、あまりの害虫に耐えかねて去年の暮れに伐採(涙)
今年は可愛いサクランボを見れなくなりました。
九州の土地柄には合わないのかも知れないですよね、pocoさん家はきっと合うんですよ。
お庭のたくさんの木の中で、サクランボにだけ発生して困ってありましたもの・・・残念です。

綺麗^^

素敵な桜v-252ですね。

なんとなくどうしたら良いのか、何をしたら良いのか分からないまま無駄に時間だけが過ぎて行ってしまってる感じです。
テレビを見ていないと気になって、見ているとなんとも言えない気分になる‥‥。
私も花でも買いに行こうかしら。

↓の電池、凄いです!
単3の電池は買えるので、今度試してみますね~。^m^

季節は確実に

日本人が大好きな桜があちこちで咲き始めて、少しでもみんなの気持ちをほっこりさせてくれれば・・・って思いますねえ。

桜は虫がどうしてもつきやすく、花が散った後は沢山の
毛虫がツツッーーっと落ちて来るのを見ます。
それさえなかったら・・・

♪もりママさんへ

i-261桜桃ですか
ありがとう!長年サクランボ桜と呼んでました。
太宰を連想させるいい名前ですねv-411

今朝も当地ではすこ~し雪がちらつきました
寒さの中でもけなげに開き続けている花を見てるといじらしくなります

サクランボの実が色づく頃には
日本が少し落ち着いていますように

♪ともかさんへ

余震、停電、物不足に加えてお水の心配まで
関東に住む方はいつまでも落ち着くことができませんね

西日本に住む我々も
体の一部を怪我し、それもかなりの重症で
なかなかいい治療法が見つからないような気分で
いつも心が重いです

こんな時にでも、赤ちゃんや動物などに心安らぐものですね
お花を買ったり音楽を聞くのもいいかも

単3電池で点くと、ちょっとうれしいです、是非一度実験を!

♪カズの妻さんへ

桜の季節になると
日本てなんていい国なんだろう・・って思いますものね

言いつくされた言葉でしょうが
明けない夜はないし
春も必ず巡ってきますよ、と
被災者の皆さんを励ますすべがあればいいのになあ。


トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/503-c13f1e40

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。