ローマなんか大っきらい

翌朝は、4時に目覚めました
日本時間だと、11時ですから無理もありません

明るくなるのを待ちかねて、鎧戸を開けると
ローマの朝
ひやっとした空気が気持ちいい
爽やかなローマの朝です

おや、教会の美しいドームがすぐそこに見えます
イタリアンチックな風景ですねえ
朝ごはん前に、お散歩兼ねて行ってみましょう

ガイドブックによると
サンタマリアマッジョーレ大聖堂という由緒ある教会らしい
朝の教会
お祈りに訪れる信者のためにか、早朝にもかかわらずすでに開放されていました

ステンドグラス
凛とした静けさの中
ステンドグラスや
壁画、天井の装飾もすばらしく
思わず背筋が伸びる思いがします

こういうすばらしい歴史的建造物が
何気なくそこいらにあるっていうのがローマのすごいところです

さて
この日のトピックスは
バチカンのサンピエトロ広場に行った時のことです

バスを降りて、広場に近づいていると
美しい合唱が聞こえてきます
なんだろうと思いながら歩いて行くと
なんと広場は人でギッシリ

復活祭前の日曜日に行われることになっている
法王様のミサの真っ最中だったのです

手に手にオリーブの枝を持った信者で埋め尽くされた広場には
美しい合唱曲が流れ
法王様の姿が遠くに見えました
サンピエトロ

オリーブの枝




法王様のお祈りが始まると
周りの人は一緒に唱和したり
アーメンと言ったり



各国の信者に向けてもメッセーッジがあり
その都度、該当の国の一団が手を振り旗を振リ、盛り上がるのです
信者の団体


記念撮影する
どこかの国の団体

あとでネットで調べたところ
東北大震災にも少し言及されたとか
残念!わかったら日本代表として手でも降ったのに

大型スクリーンに映し出されていた映像は
おそらく世界各国にも流れたことでしょう
じっくり見ていただければ
やや左後方に我々二人のちっぽけな姿が映っていたかもしれません

信仰とは縁がない私たちですが
世界が注目するミサに遭遇すると言う思いがけない幸運に
「ラッキーだったね」と、とてもいい気分で帰りの地下鉄に乗ったのです

その車内で、私は・・・







財布をすり取られました・・・・・


あれ?pocoさん、前にもそんなこと言ってなかった?
って思われた方がいらっしゃるかもしれませんね

そう、ちょうど1年前、私は同じローマで財布を掏られているのです

同じ被害に2度も会うなんて

もうローマなんか、ローマなんか、大嫌いや!

自分のうかつさを棚に上げて、ローマに八つ当たりする私は
どこまでスキだらけなんでしょう

ガ~ンと落ち込み
不運を嘆いた私でしたが

これが、怪我や病気でなくてよかったし
暑くも寒くもない絶好の気候の上
この日以降もずっと晴れだった今回の旅行は
それだけで充分幸運だったと言えるのかもしれません

夫は、低血糖を起こすこともなく(って言うか、たいてい高目
二人とも元気で過ごせたのは、もう最高の幸運と言えるでしょう

これらの幸運に比べれば
財布すられたくらいなんだ、お金で済むことじゃないか、フン


・・でも・・・でも・・・でも


ぐやじい~~!


今後行かれる方の参考のためにも
詳しい手口
イタリア警察体験などは、また後日に・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

禍福は糾える縄の如し

バチカンで、イースター前の法王のミサに行き会うとは・・・ラッキー!
ちょうどシリチアでイースターかも・・・と思ってたんです。
テレビのニュースでも、新聞でも法王が東日本大震災に言及されたのを見ましたよ。あの場にpocoさんご夫妻がいらしたなんて・・・もうビックリ!
滅多に無いラッキーだと羨ましい(まっ、私はプロテスタントなんですけど・・・笑)

しかし・・・そんな場でもスリがいるんですね、ホント、罰当たりなヤツ!
まさかそんな神聖なところにスリがいるなんて、思わないわよ!
法王庁に訴えなきゃ!!
旅の初っ端での災難に、pocoさんの怒り心頭具合が想像されます(私だったら、回復出来ないかも・・・笑)
大金はきっとお腹に巻き付けてらしたとは思うけど・・・私、主人にあの腹巻みたいな貴重品入れを持って行くように、いつも言ってるけど使わないみたいなのよ。(笑)

でも、考えようではお財布だけで済んで良かったかも・・・
この後の10日間、きっと安全で楽しく過ごせたのも、初っ端の災難で悪いことを振り払ったからかもよ。悔しいけどね。
最後に嫌な経験するよりは、尻上がりに良い思い出が増える方が良いもの・・・悔しいけど(笑)

でも、ご主人様の低血糖昏睡やpocoさんが怪我したり・・・とかではなくって、ホント良かった!
是非、事件の顛末記を書いて下さい。イタリア警察体験なんて・・・読みたい!(笑)そして、主人にも注意するようにと読ませますから・・・
ホント、無事に帰国されて良かったわ!

こんばんは。

 pocoさん こんばんは~♪

 わー! そうだったのですね。
 イタリアへご旅行だったのですねー!
 いいですねいいですね~♪


 ↓ 街の中の牧場 良いですね。
  ああいう所のソフトクリームって めっちゃ美味しいんですよね。 
 そういえば、 神戸ワイン牧場って 今もありますか?
 独身時代に遊びに行きました。

 使用済み針 なんかめっちゃお洒落ですねー。
 どんなお花が咲くのでしょう。

 
 ローマでのお財布 悔しいですね。
 でも そうですそうです。 健康が1番ですね。


 

おいくら万円?

お財布にはカードとか大事なモノも入ってましたか?v-12
お金だけだといいけど。
そういう話を聞くと、日本ってほんと安全なんだなぁって思いますね。
ぼぉ~っとしてても、電車で寝てても、サイフやバッグがなくなったことなんてないですもん。
空き巣とひったくりにあったことはあるけど・・。
被害は大してなくて、今思えば、「しっかり注意しなさい!」というメッセージかも。。
どんな手口なのかとっても知りたいです。(前回も)

くやしいですよね!!うん。
でも、他はみ~んな恵まれていたようで、よかったですね!!
こうしてネタにもなるし・・・v-39

折角の観光地

折角、観光地として栄えてるんだから、警察 v-97 さんもがんばって欲しいなー v-91

そんなに治安悪い?? v-390

あ~あ

アウト!でしたか~?v-404
poco夫さんとの連携プレイは今回は出来なかった?

観光をしながら、デモ、貴重品には終始用心してって状況はホント治安のいい日本人には馴染めないですねえ。
特にイタリアはみんなヒヤッ!とした経験するらしいね。

さあ次は良い意味でのアクシデントかな??



♪もりママさんへ

禍福は糾える縄の如し・・・深いですね

いいこともあれば、悪いこともあるさ、と笑い飛ばさないといけませんね
帰ってきてからもみんなに、もっとひどいケガとか病気でなくてよかった、と慰められました

まあ根が楽天的なもので
翌日にはかなり立ち直っていたのですが

あっ、スリは電車の中の遭遇しました
さすがにあのサンピエトロ広場でスルのは余りにもバチあたりと
さすがのスリたちも思うんじゃないかしら
イタリアのスリはそんなこと容赦しないかな

まあいずれにしても用心が肝心と思い知った今回の旅行です
忘れるなよ・・・・と影の声(^^ゞ

♪keikoさんへ

私も、もう何十年も行ってないけどありますよ、神戸ワイナリー(農業公園)
今でも神戸ワインが作られています

一時は神戸株式会社と言われていた神戸市も
震災以来財政状況はかなり苦しいようですから
ワインでも爆発的に売れるといいと思うんですけど(

人生
いいことばかりとは限らない
まずいことが起きた時にどう対処するかが大切なんですよね

そう、針だって忘れたから写真に撮れたんですものねv-411

♪カッパさんへ

フェラガモノ靴が買えるくらいのユーロと
クレジットカードが1枚
あと、帰りのリムジンバスのチケットも
(バスのチケットとあなどるなかれ、なんと1枚1900円!)

クレジットカードとか現金は保険では保証されないってこと、帰ってからわかってガックリ
当たり前ですよね
お財布だけは買った金額から使用年数を考慮したお金が戻ってくるらしいです

まあ、少々高い勉強代だったと思うことにします

> そういう話を聞くと、日本ってほんと安全なんだなぁって思いますね。
> ぼぉ~っとしてても、電車で寝てても、サイフやバッグがなくなったことなんてないですもん。
ホントですね
それで平和ボケしてるから、海外でカモになりやすいのカモ

> 空き巣とひったくりにあったことはあるけど・・。
えーーーーーーっ!
それ聞きたい聞きたい!

> どんな手口なのかとっても知りたいです。(前回も)
乞うご期待v-8

>でも、他はみ~んな恵まれていたようで、よかったですね!!
プラス10マイナス3くらいで、かなりプラス側に振れていますv-411

♪そらちゃんへ

> そんなに治安悪い?? v-390
警察官やパトカーはあちこちでいっぱい見たから
観光地として警備はしてるんだと思うよ

エヘヘ、ローマなんか大っきらいって言ったけど
悪いのは自分

ちゃんと警戒してれば済むことだったんだからね
ホントはローマ、今でも好きv-238

♪カズの妻さんへ

今回は完全にノックアウトでした

> 観光をしながら、デモ、貴重品には終始用心してって状況はホント治安のいい日本人には馴染めないですねえ。
ダメですねえ
写真なんか撮りだしたら、もう無防備そのものです
私はもうこれから、お金は持たないことにした方がいいかもしれない(笑)

>さあ次は良い意味でのアクシデントかな??
あとは実に平和に過ごせたので
ブログ的にはつまらないかもv-8

わあ。

イタリア旅行に行かれてたのですね~。v-10
って‥‥スリですか。v-239
お財布は失っても、命を失わなかったんだから良かった!と思うしかないのかな~。でもショックですよね。

そう言えば私の父は数ヶ月前、オーストラリアから「街で財布をすられた!」って電話をかけてきて、カード等々を止めたのですが‥‥
実はホテルの部屋に落ちていたんですって。
留守家族は大騒ぎだったのに、真実は帰国後に伝えられたのでした。(怒)

この後は楽しい旅が続くのかしら?
続編楽しみにしていま~す。

おおおお

ハッとしました!
教会(神父さま入り)の写真のなんと美しいこと・・・
うっとり~~~v-10

♪ともかさんへ

お父様、勘違いで済んでよかったですね
帰ってからの言い訳けの方が大変だったりして(笑)

>お財布は失っても、命を失わなかったんだから良かった!と思うしかないのかな~。
そうです!
旅行好きの友達に言わせると
そういう事件があった方が後々まで覚えてられていい、ですってv-389

神様もかわいそうと思って下さったのか
晴天続きv-278で楽しい旅になりましたよ

♪カッパさんへ

私も気に入ってるショットなので
お目に留めて下さってうれしい~~

渾身の一枚です・・・ウソで~す

教会に神父様なんて当たり前なのに
映画みたいや、と思ってパシャパシャ撮って
後で見たら、影がきれいに入ってた・・・という次第

こういうの、狙って撮れるといいんだけど

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/521-a33fc76b

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2