スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ~~心配!

明朝から、夫を一人にして旅行に出かけるというのに
今日は朝からボンヤリ低血糖

朝「とくダネ」を見てたら
小倉智明さんが、オリンピック取材のため
北京入りしたニュースを伝えていました。
そのスーツケースの中をテレビカメラが映すと
何と、端っこになじみのペンニードルの箱が!
テルモという字も見えた!

「ねえねえ、小倉さん
いっぱい糖尿グッズ持って行ってるよ!
ハードな取材やのに、低血糖対策は大丈夫かなぁ?」

いつもなら、こういう話題には
グッと食いついてくるはずなのに
「フ~~ン」

「フ~~ン」って・・・・・
あとコメントなし?
おかしい・・・・

「低血糖とちがう?」
「いいや、眠いだけ」
眠い?それが問題や!

確かに昨夜、謎の高血糖で
何度かインスリンを打ち足し
それでも下がらず
深夜3:30ごろから起きているのではありますが・・・

眠い?

「血糖値、測って!」
「そ~う?」
測定器を手渡してもノロノロ
じっと手を見たり・・・石川啄木やってる場合じゃない

ほら貸して!チップを差し込む。

穿刺は自分でしたから40くらいかな・・・

ドンピシャ41

ファンタグレープ100cc注入!

あ~~~ぁ
明日から4日間
大丈夫だろうか

浮かれ気分がしぼんでしまいました。

でも、行くのはやめません!
バスも予約してるし・・・ねっ!
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

いってらっしゃい!

無責任に「大丈夫ですよ♪」と言いたいところですが、心配ですよねー。
でもきっとダンナ様もpocoさんが居る時は安心モードなのですよ。
居なきゃ居ないで自分で上手く高めにコントロールしちゃうんじゃないですかね。

蓼科の別荘?
私も明日から小淵沢近辺の別荘(もちろん知人の)に出発です。
ニアミスですねー。

お互い羽のばしましょ~。

>-kero- さん

そう言っていただくと少し気が楽になります。

-kero-さんは小淵沢ですか。
お互い、いい友達を持ちましたね(笑)

私からも「いってらっしゃ~い!」

みなさん.ご旅行ですね

信州はご堪能されてますか?

いい友人を持たないmyは自腹です

いいな-

うらやましい!です。
信州はいいですよ。
こちらからは日帰りでドライブ出来るエリアですから時に足のばしてます。
去年11月のはじめ頃松本の友達夫婦の案内で蓼科の紅葉バッチリの時行きました。
ホテルハイジのお庭(ロケ-ション最高)でお茶しました。
もし行かれてないなら次回是非どうぞ!
(しばらくのあいだ現実を忘れさせてくれるから)
帰ってからのお土産話し楽しみにしてます。

ええな~

私もどこか連れてって~♪

今日から、ブログはじめてみました(^^)
ブログの母様、また立ち寄ってね~

> my さん

myさんはどちらへ?

別荘持ってる友達が、もうひとりか二人いると都合がいいんですけどね・・・・v-8

>カズの妻さん

信州日帰りエリアですか、いいなあ!
大阪から高速バスで渋滞なしで6時間。
関西からは、遠いですv-390

ホテルハイジ行ったことあります。ほんとに素敵なホテルですね。
あそこ、アルプスの少女のコスプレできるのご存知ですか?
10年ほど前、私たちが引き止めるのも聞かず、友人2人はハイジのコスプレして、あまりの似合わなさ(異様さ?)に、現実に目覚めましたv-405

>そらさん

おー!いよいよ始めたのね。

お邪魔しますよ!
お母さんですもの

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/53-ca26980a

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。