明と暗と

夫、昨日定期検診に行きました
先月忘れた針も持って(^^ゞ

いつもなら「先生と何か話しした?」って聞いても
「いや、別に」って言うのが常なのに
今回は聞いてもいないのに
「先生に褒められたよ」って。

夫の場合、低血糖感知力を高めるために「HbA1cは6.5前後にしましょう!」
と言われているのですが
このところずっと6.1~6.4なので
「目標値をずっと維持できるのは素晴らしい!」と評価して下さったらしいのです
いくつになっても褒められるのはうれしいようです
しかも
「この数値なら、まず合併症は出ません!」と太鼓判を押して下さったとか

何より励まされる言葉です

昨年8月の受診時に低血糖を起こして以来、10か月間無自覚低血糖は皆無
この調子だと、1年間無事というのも夢ではないな
・・・・・と思った昨夜でした


そして数時間後の今日、明け方・・・・

雨音に交じって、早起きの鳥の声が聞こえるのを
まだ眠い頭の中で聞いていました
何時頃なんだろう・・・ふと思った直後

「あ~~!」
夢でも見たような声が隣のベッドから聞こえました

低血糖だ!
「poco夫さん!poco夫さん!」と声をかけると
ガバッと飛び起きた夫は「何?どうした?」
あれ!やっぱり夢見たのかな?

「低血糖じゃないの?」と聞くと
「大丈夫、違うよ」と言ってそのまま寝ようとします

「でも叫び声上げてたよ、夢でも見たの?」
「うん、pocoに言われたこと考えてたら寝られなくなっちゃったよ」
「えっ!私が何を言ったの?」
「血糖値がフニャフニャフニャ・・・」
こりゃまさしく低血糖じゃないか

「グルコレスキュー飲んで」
と言うと
「飲まなくていいよ、ただの低血糖じゃないよ!」という
いいえ、ただの低血糖です!

拒否されたら困るなあと思ったけど、意外にも素直に飲んでくれる
あとキューブ2個で、ブドウ糖計15g

測定のために穿刺器のセットをしていると
「それ何?」と夫が聞きます
「血出す棒」
「血出す棒?貸して」と言うので
ひょっとして戻ったかなと思いながら渡すと
ひねくりまわしているので、こりゃまだダメだと分かります

時刻は4時半
15-15ルールに従えば15分後に測定だけど
私の数々の経験から行くと
15分後ではまだ上がりきっておらず
そこで慌ててブドウ糖追加すると、その後の急上昇でエライことになるので
30分待つことにします

布団に入ってじっとしていると
灯りがうるさいと言わんばかりに枕元のスタンドを消す夫
ナニ?いやがらせか
しかしスタンドのスイッチの位置が分かってる
なんだこの低血糖
やっぱりただの低血糖じゃないのか(笑)

そして5時
測定しようとスタンドをつけると
夫が、今初めて気付いたように「あれ!やっちゃった?」
どうやら蘇ったようです

測定は本人に任せます。65
まだ上がりきってないと思えるので、もう追加補食はしないで様子を見ることにしました

ここしばらくは、平和に過ごしてはいましたが
このまま一生行けるはずはない
いつかまたこういうことがあるのでは、と覚悟はしていましたから
昏睡にまで至らない軽目のものだったこともあり
久しぶりの夜中の低血糖にもかかわらず
以前ほど大きなショックは受けませんでした

この程度の低血糖騒ぎなら
日常の中のひとコマのように淡々と過ぎ
その後は、いつもとなんら変わらぬ朝の風景が繰り広げられるというのも
何だかこの病気と、相入れ合ったような気がするのです

そして10か月で途絶えてしまった無自覚なし記録ですが
次の記録更新を目指して、またもやリセットすることにいたしましょう








スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

ハラハラした~

はぁー。読んでるだけでも息がつまりました。v-12
pocoさんおつかれさまー!!
いつも「よくそれで気付くなぁ~」って思います。

低血糖時のおかしな行動、わたしもしてるんだろうなーと思う。
何度も同じところを探したりして。。
やりながら、「あれ?何やってるんだろ」とおかしく思うときあります。

「1年間」ってゆーのは単なる区切りなだけだから、残念がることはないですよ。
どんどん少なくなって、軽く済んでいることを喜べますように。v-238

次は1年を!

無自覚なしが9ヶ月も続いてたんですよね、これはすごい!
主治医にも誉められて、pocoさんのお気持ちも軽くなりかけてたのに・・・残念!

我が主治医に言わせると「人間の身体ですから、思い通りにコントロール出来ないのは仕方ないです。1型糖尿病の難しい点ですよ。でも、目的は無自覚低血糖や合併症を起こさないことですから・・・60過ぎてのコントロールは無理せず、一喜一憂しないこと・・・」って(笑)

でも、今回のご報告を読んでるとpocoさんの方にずいぶんと心の余裕が出来てるようです。ご主人様の日頃のコントロールぶりも変わって来てるせいでしょうね。
それにしても、とんちんかんな受け答えするのね(笑)
私も低血糖の時に限って「あっ、これをすませてから・・・」とか「まだ大丈夫やけん・・・」「分かっとうけん、何も言わんで!」なんて的外れなことを言うらしく、息子夫婦や孫が「絶対に低くなっとうけん」と陰で呆れてるらしいです(大笑)

軽い低血糖で良かったですね。
次は根絶1年を目指して・・・あっ、でも気楽にコントロールしましょう!
pocoさん、夜中の看護、お疲れさまでした!えらかったよねぇ・・・よしよし・・・♥♡♥♡♥

♪カッパさんへ

あーーっって言う叫び声がなかったら、分からなかったかも

夫を見てると、低血糖症状も様々で
今回みたいなパターンは初めてでした
もう、たいていの行動には驚かないと思うけど(笑)

>「1年間」ってゆーのは単なる区切りなだけだから、残念がることはないですよ
>どんどん少なくなって、軽く済んでいることを喜べますように。
ホントそうですね
以前の無自覚の現れ方に比べれば
今回のなんか、どうってことないv-8

こういうことで油断を戒め、改善点を探ることが出来ますしね
今日をスタートに、また記録更新を目指します

♪もりママさんへ

>60過ぎてのコントロールは無理せず、一喜一憂しないこと・・・」って

コレ、書いて冷蔵庫に貼っておきます(笑)

> でも、今回のご報告を読んでるとpocoさんの方にずいぶんと心の余裕が出来てるようです。ご主人様の日頃のコントロールぶりも変わって来てるせいでしょうね。

そうです!
仕事を辞めたことの気持ちの余裕は大きいです
そして、主治医に6.5でいいんだと言われたこと
もりママさんの先生のお話(書いて下さってありがとう)等が、夫の意識を大きく変えましたからね

私の低血糖に対する意識も少し変わったように思います

無自覚改善のための努力はするけれど
IDDMである以上、低血糖を完全に防止するわけにはいかない
常にどこかで覚悟をしておこう!ってね

> それにしても、とんちんかんな受け答えするのね(笑)
それを本人は少しも覚えてないのが残念

> pocoさん、夜中の看護、お疲れさまでした!えらかったよねぇ・・・よしよし・・・♥♡♥♡♥
よしよしして貰ってうれしいv-238ありがとう!

どっきどき

低血糖ドキュメント、、どきどきしました。
いつもながらの pokoさんの対処 素晴らしい。
久しぶりでも お疲れ様でした。

今朝 私は考えごとをしていたら、2度打ちしたみたいで、、、、疲れました。
少し気を引き締めて、と思いながら、きっとこれからも
何かやってしまうかも、、とも。
まっ仕方ないですね。私も気持切り替えてやります。

あ”~

1型のコントロールの難しさは悩ましい限り(あのドキドキ感は何回経験しても慣れないものネエ)

ウチも又すぐにpocoさんチと同じ状況になるかもしれない・・・。

ご主人すぐに気が付いてくれてよかった。
でも、これが睡眠中じゃなかったらどうだったんだろう?
もしかしたら意外と自覚して処置できたんじゃあなかったかしら?

「poco夫さーーーん、夜中はもう駄目ヨ!」
さあ、もう一度記録更新だねっ~v-91

♪パグさんへ

パグさんお久しぶりです!お母様、おかわりありませんか?

2度打ちやっちゃったんですか(@_@)
それは大変でしたねえ
無理やりご飯2度食べされたのでしょうか?
それでも低血糖が心配だったでしょう

IDDMたるもの、だれでも1度や2度の打ち間違いはありますものね
人間ですからね

気を引き締めるいい機会だ・・・くらいに思わないと
やっていけません(笑)

♪カズの妻さんへ

>あのドキドキ感は何回経験しても慣れないものネエ
トータルでどれほどの寿命が縮んでるでしょうねv-292

> でも、これが睡眠中じゃなかったらどうだったんだろう?
> もしかしたら意外と自覚して処置できたんじゃあなかったかしら?
そうなの!
逆に、夜間だったから仕方ないかなあって
これがもし昼間起こした低血糖だったら
無自覚再発と思ってすごいショックだったろうと思うの

でもね、寝てても目が覚めるくらい感知力が高まってくれれば
我々も枕を高くして眠れるのにねえ

さあ、次の記録はどこまで伸ばせるかしら

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/534-055823f5

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2