さど☆まさし 題名のある音楽会

母(86歳一人暮らし)の口ぐせは
「私、ボケたんと違うかしら?」

その都度
「ボケたらそんなこと思わへんから、大丈夫よ」
と答えていますが
最近は、ホンマにボケたんと違うかと思うほどの見事な忘れっぷり
マジで心配になります

だから
9月30日に、西宮の芸術文化センターであった〖さど☆まさしコンサート〗に一緒に行くことになった時には
1週間前、3日前、前日、当日朝としつこいほど念押しの電話をしました

で、忘れることなく無事に行って来たのですが
母とコンサートに行くのなど何年ぶりでしょう
この頃は何かイベントなどに誘っても
「もうしんどいし、やめとくわ」などということが多いのです
昔は好奇心の強い人だったのに、これが老いるってことなんだなあ、と淋しく思っていたのですが
今回は珍しく「さだまさしの歌は好きやから、行く」と意欲を見せてくれました

指揮者佐渡裕と歌手さだまさしのジョイントのこのコンサート
東日本大震災復興祈念チャリティで
入場料収入や、当日会場で集められた義援金は、被災地に寄付されることになっています

何か所もの避難所を慰問して来たふたりは
自分たちの音楽を聴いて笑顔になる人々を見て
被災地に食べ物や生活物資が必要なのはもちろんだけれど
それだけじゃダメなんだ
逆に、こんな時だからこそ音楽が必要なんだと感じたと言います

そして
阪神大震災の復興を祈念して建てられたこの兵庫県立芸術文化センターから
被災地にエールを送ろうということになったのだそうです

規模こそ違え、かつて地震で多くのものを失った経験のある阪神地区ならではの企画です
チケットは数分で売り切れたそうです
発売当日パソコンにへばりついて、なんとか取れた席は3階正面
舞台はちょっと遠いけど、仕方ないね

正面のスクリーンには被災地の様子がたびたび映し出されます

舞台で読まれたメッセージの中に
「16年前がれきの山になった神戸の街を見て
この街はもう元に戻れないんじゃないかと思いました
しかし、神戸は10年を待たずして蘇りました
東北のみなさんの街も必ず復興します
ずっと応援します。がんばって下さい」という
みんなの気持ちを代弁するかのようなものがあり
会場から大きな拍手が湧きあがりました

コンサートでは
スーパーキッズオーケストラ(小3から高3までの子供たちで編成された弦楽オーケストラ・・・彼らも被災地を回ってきたそうです)の透明感のある素晴らしい調べに感動
芸術文化センター管弦楽団のダイナミックな演奏や
歌詞が物語のように紡がれていく、さだまさしの歌の世界に引き込まれました

母はさださんの「案山子」が大好きなのですが
なんとこの日は、佐渡裕とさだまさしのデュエット
しかも佐渡さんのフルート入りというスペシャルバージョンで聴かせてくれて大満足

途中で、鶴瓶さんの登場というハプニングもあり
トークでも音楽でも大いに楽しめた3時間
母も、楽しかった、と喜んでくれました

コンサート終了後は出演者がロビーで募金活動です
「硬貨は重いので、なるべく紙の方でお願いします」とさださんが笑わせていましたけど
私も気持ちばかりの募金をして(もちろん紙の方で)さださんやさどさんと握手しました

でっかい佐渡さんの手が大きかったどうか覚えてないのは、音楽の余韻に酔いしれていたのかも
なお、コンサートの模様は
11月3日(木・祝)8:20AM~9:28AM NHKで放送されるそうですので
興味のある方はご覧下さい

3階正面で手を振ってるのは私ですから・・・・写ってないって


スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

題名あるくさ!(博多弁)

待ってました!!!

もう「阪神大震災の復興を祈念して建てられたこの兵庫県立芸術文化センターから、被災地にエールを送ろうということになったのだそうです」の文章にウルウルと涙の私(涙もろ過ぎ・・・笑)
神戸の方々の思いが東日本に届きますよね。佐渡さんやまっさんの思いもね。

やっぱり「案山子」歌ったんですね。佐渡裕のフルート付きとは・・・凄い!
例のまっさん大ファンのユミと、何を歌ったんだろうと話してたんです(笑)
鶴瓶がきっとゲストで飛び入りの筈・・・当たったでしょ!うふふ
いいなぁ・・・お2人と握手もされたとは!

何より、お母様とご一緒に行かれたなんて、ステキ!
きっとまっさんと鶴瓶のMCに大笑いしてくださったでしょうね。
私も11月3日の放送、楽しみにしてます・・・今度こそpocoさん見つけます!

我が亡き母もこの「案山子」が好きで、整理の為の掃除の時、母の枕元のカセットテープに、さだまさしのアルバムのテープが入ってたんですよ・・・もう泣きましたねぇ・・・アルバムに入ってた「案山子」と「秋桜」に母の思いが重なってねぇ・・・

あらら・・・つい佐渡さんまっさんのコンサートだから興奮しちゃった!長くなってごめんなさいね。

見る見る~

11/3ネ。ぜーーったい見るから、私もpocoさんも見つけてっと~。


さださん大好きでコンサートへも行った事あります。
歌よりおしゃべりで盛り上がりあっという間に時間がたってしまうんですよね。
NHKの「今夜も生で~~」も好きです。
佐渡さん、そちらでのコンサート多いですね。
そのメンバーならチケット入手は超困難だ~~~。

お母さんさぞ喜こばれた事でしょう~。
もりさんのお母さんの思い出に自分が重なって
ただ今ヤバイv-395状態です・・・・・。

お久しぶりです。

11月3日にpocoさんをテレビで見られるのですね~。
了解です! ^m^

昨日TVで、フラガールたちが震災後に頑張っている内容の放送を見ました。
海を見ながら「普段はこんなに穏やかなのに‥‥」って。
いつも画面に映し出される津波の様子はもの凄くて、もの凄過ぎて、逆に「現実」として受け止められないでいます。
毎日の生活に追われて、ついつい忘れそうになるけれど、時間がかかる復興なんだから応援を続けないとダメですね。

♪もりママさんへ

「あるくさっ」て、「あるのかあ」みたいな感じなんでしょうか?
「題名あるねん!」(笑)

その言葉でないと表現できない方言が大好きです!

お母様の思い出につながるとなれば、さだまさいへの思い入れも深いことでしょう
案山子も秋桜も、しっとりと心にしみるいい歌ですよね
私も、グレープ時代から好きです。何より歌詞がいい

このコンサートでは「風に立つライオン」がオーケストラをバックにすると一段とドラマチックで
印象的でした。3時間のコンサートが1時間の放映にカットされますがこれが流れるといいなあ。

♪カズの妻さんへ

3階前から3列目・・・無理だなv-292

>さださんのコンサートは
>歌よりおしゃべりで盛り上がりあっという間に時間がたってしまうんですよね
この日も3時間のコンサートで歌ったのは6曲v-405
おしゃべりも面白いんですけどね

>もりさんのお母さんの思い出に自分が重なって
お母様の好きだった歌、好きだった食べ物、好きだったこと
折節に思い出されては、涙・・・でしょうか
何よりのご供養になりますね


♪ともかさんへ

先日、ボランティアで気仙沼に行ってきた知り合いが
6か月たった今でも、がれきは放置されたままなんだよ、って言ってました
その放置されたがれきに、ほこりがたまってるって
手つかずの状態から動いていないところがいっぱいあるんですねえ

さまざまな形で応援していきたいものですね

私は3階3列目で手を振ってますからね~~v-422

・・・くさとは!

お答えします!(いらん世話かも・・・笑)

博多弁の「あるくさ!」とは、あるのが当然!って意味を含みます。
「まっさんのコンサート行く?」「行くくさ!」とか、「もちろん、行かいでか!」って感じに・・・
まっ、会話の最初に「あのくさ・・・」って、軽く「あのねぇ・・・」って使い方もしますよ。(笑)

博多弁講座、マンツーマンでご教示しますから、おいでなざっせ!(いらっしゃいませの意)

あっ、例のまっさん大ファンのユミと「オーケストラと一緒なら、絶対に『風に立つライオン』歌ったくさ!」と、話してたんですよ。
アメージンググレースが入ってるしねぇ・・・予想通りで嬉しい!
テレビ楽しみにしています。

♪もりママさんへ

> お答えします!(いらん世話かも・・・笑)
ありがとー!

> 博多弁の「あるくさ!」とは、あるのが当然!って意味を含みます。
じゃあ「このおまんじゅう食べる?」「食べるくさ」とか
「映画見ようか?」「見るくさ」という風に使うんですね?

博多弁初級コース、マスターできたかしらv-411

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/575-6ea6a834

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2