スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身に覚えあり

先日のフレックスペン不具合事件の翌日
ノボノルディスクファーマ社に問い合わせてみました

IDDM患者にとってインスリンは命の綱
注射器がちゃんと機能しないことがあるとなると大変ですから

状況を話したところ
・不良品のフレックスペンは交換する
・該当の品を提供してもらえるなら、不良の原因について調べる
という返事をもらいました
(調査には1~2カ月かかるそうですが)

なお電話した夫によると、ノボ社の担当者の対応はとても丁寧で、好感が持てたそうです

ところが、その時
「注射針をつけたままにしていませんでしたか?」と聞かれたんですって!
針をつけっぱなしにしていると、今回のようなトラブルが発生するケースがあるのだそうです

えっ~そんなの聞いてないよ

でもその後、夫がノボ社のホームページでこんな記事を見つけました

http://www.novonordisk.co.jp/Images/novocare_news/novocare16.pdf

http://www.novonordisk.co.jp/Images/novocare_news/novocare17.pdf
注射針を装着したままの保管を避けること
注射針は必ず注射直前に取り付けること、という注意事項と
それをしないとこうなるという症例です

ヤバッ
今回とそっくりの症状ではありませんか

実はあの日夫は、ジャズストリートの最後の会場で
ビールを飲んだ時に打った針を、そのままにしていたのです

クレーム言えた立場じゃなかったのかも

でも、今までそんなことしょっちゅうやってたんだけどなあ、と夫は言います

近くに外食と言う時など
針をつけたペンを1本ポケットにつっこんで出かける・・・
なんてこともやりますもんね

その後の夫への事情聴取の結果
基本的には食事の前に針をつけるようにしているけれど
打った後、針は外さずそのままにしているということが判明しました

早く食べたいからいちいち針を外している時間がもったいないんだって(どこまで食い意地はってるねん)

それに
「あれっ?ボクさっき打ったっけ?」っていうあいまいな時に(さすが60代)
針が付いていると「ああ、もう打ったんだ」と、確かな証拠になるんだって
(食事が終わった時点で針を外して、キャップをするようにしてるんだそうです)

そして、コース料理の時なども、当然針は刺したままです
料理が来る都度打たないといけませんものね

でも、普通やるよね~針つけっぱなしって
つけ替えず打ったって、身に覚えのある人、手を挙げて~

針を刺しっぱなしにしておくことが
ペンにとってそんなに不具合なことだとは、思ってもいませんでした

まあ今回のようなペンの不具合は14年目にして初めてのことですから
そんなにたびたびあるわけではなさそうですが
美味しいお料理を目の前にしながら食べられないというようなことがないよう、今後は

針は使う直前に装着し
    打ったら速やかにはずすべし



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

初心忘るべからず

アハハ

私も3年目を過ぎた頃から、食い意地はってるせいもあり、食前のラピッドを打った後、針を外すのももどかしく食卓に・・・って事が度々。
ご主人様と反対に、だから針が付いてたら打ち終わった証拠(笑)

でも、「さかえ」の特集記事を読んでいたら、インスリンのフレックスペンの取り扱い方法を取り上げてあって、2単位の空打の必要性と針は打つ直前に・・・の意味を書いてあり、入院時に厳しく指導されてたのに、ずいぶんといいかげんになってたことを反省しました。
指導された看護師さんは、こんな深い意味を教えてくれなかったもの(笑)
やはり針の付けっぱなしは細菌の感染や、密閉にならないから圧力が変にかかったり(このせいでピストン部分が壊れるとか・・・)、気泡が入ったりと良くないようです。
「必ず、消毒し新しい針で注射し、した後はすぐに外しましょう!」と、書いてありました。
意味が分かれば、そうよねぇ・・・と納得し、面倒くさくても皮膚の弱い私は消毒もかかさずし、針も惜しみなく使い・・・頑張るわ!
まさにpocoさんの「針は使う直前に装着し、打ったら速やかにはずすべし」実践してます!(笑)


しかし、そこはそれ還暦過ぎの老女、これを読んで肝に命じてるのに、分かってるのに、出掛けたりしない私でも、つい針が付いてたらわざわざ新しいのに付け替えないで2度目を・・・(笑)
ホント、身に覚え大あり・・・初心忘るべからず・・・です。

でも・・・コースの最中は例外だと思うけど・・・エヘへ

そうだったのですね。

 pocoさん こんばんは~♪
 そうだったのですね、予想外のアクシデントとは。。

 うちの娘は 食後にインスリン入れ忘れもあるし、
「だから 何? 帰ってからでいいじゃん、急がなくても。」 なんて感じの子なので・・・汗
今回のご主人のこと、そんなに アクシデントだったとは思いませんです。 ご主人さま どうぞご自分を責めないでくださいね。

 それにしても 注射の不具合をすぐに判明されて
その後ノボさんに電話を入れるとは さすがです!! 
 えー! その不具合 注射のさしっぱなしで 起こることもあるのですねー。
 知りませんでした。 教えていただきありがとうございます。
 うちの娘は 現在、注射はほとんどしませんが、
 今後 注意していきたいと思います。



  

はーい!

正直に元気良く手をあげてみました♪
針つけっぱなんて日常茶飯事ですのでソコをつっこまれると反論できない患者その1です(笑)

特に外食時はpocoさんのおっしゃる理由でつけっ放しです(針が曲がったりしなければ)
おいしそうな料理を前にして針を装着している時間がおしい!
だって注射うつだけでもスタートダッシュがちがう…。

とりあえず、外食時はログとRとNの三本セット持参なので1本ダメでもなんとかアクシデントには対応してますe-348

なるほど、そうでしたか

こんばんは。

とにかく、原因が分かってスッキリしましたね。
先方の対応も良心的と知り、ホッとしました。

そういえば、数年前知り合いのお医者さんが
目の前でインシュリンを打ってましたが、確かに直前に針をつけてブスっとやってましたね。
珍しかったので思わずじ~っと見てしまいました。
(すいません…)

今はまだインスリン注射はしないで済んでいますが
いつ何時私が打つことになるかもしれません。
とっても勉強になりました。
ありがとうございます。

え~。

そんな事があるのですね。v-12
すっかり子ども任せになってますが‥‥
おやつと食事が近い時、食事前だけど高めの時、そんな時は針を外さないみたいです。
面倒ですもんね~。(←わたしもたぶん同じ事すると思います)
フレックスペンだけじゃなくて、カートリッジタイプもきっと同じ事が起きるのでしょね。
気をつける様に言っておきます!

それにしても、旦那様インスリンが入っていないのが分かるなんてすご~~~い。v-218

はいはいはーい!!!

基本つけっぱで~~す。でもそんなトラブル一度もなかったですよ。
なかったからって、これからも・・ってコトはないと思うので、気をつけねばですね~v-12
pocoさんのおかげで、針のつけっぱなしにそういう意味もあるのだと初めて知りました。
いつもホント助かりますー。ありがとう!!!

でも毎回付け替えるのは、実にメンドーだなぁ。。ううむ。v-17

♪もりママさんへ

「さかえ」の何月号ですか?
探したけど分からないので、夫が聞いてくれって(笑)

でもおそらく、きちんとその教えを守っている人ってほとんどないでしょうね

だいたい、うちの夫は消毒もしませんもの
手を洗ってから・・・っていうのも、ウフフ、多分やってないなv-8

基本は基本として理解した上で、自分たちの暮らしやすいように変えて行かないとね
もちろん、コース料理の時は付けっぱなしが決まり・・・・v-218

♪keikoさんへ

そうか、ゆぴちゃんはポンプですから注射の必要がないんですね。

ポンプなら、持って行き忘れっていうのも
注射器の不備もなくていいですねv-218

>  うちの娘は 食後にインスリン入れ忘れもあるし、
> 「だから 何? 帰ってからでいいじゃん、急がなくても。」 なんて感じの子なので・・・汗

大らかでいい!
そんなにあわてなくても大丈夫っていうのを、体で感じるんでしょうね

夫はインスリンが入ってないというのを、体で感じたのではなく
空打ちしたのに飛ばなかったからなんですよv-389

注射器の不具合は問題ですから
張り切って電話したのに、逆にやるべきことをやってなかったということを思い知らされる結果になりましたv-390
このような不具合が起きないように改善して欲しいですね

やってます

うちのだんな様もしょっちゅうやってます(笑)
針をつけっぱなしにした注射器がいつも机の上に転がってます・・・
これを見ながらだんな様にも注意喚起しておきました(笑)ありがとうございますv-421

さかえの記事

私が読んだのは、さかえの2010年8月号の特集「インスリン治療」の記事で、内潟安子先生の質疑応答形式のでした。特にQ10~Q12に、詳しく書いてありましたよ。
それと、今年の2011年6月号の17ページの「薬の知恵袋」の3で、注射製剤としての品質維持について書かれたものを読んで、毎回の新しい針の交換の意味を知りました。
それから、打ったらすぐに外すように頑張ってます(笑)

でも、食い意地が張ってるから、ついつい先に食べちゃうことが多い情けないアラカン患者で・・・恥ずかしい(笑)

♪しずさんへ

> 正直に元気良く手をあげてみました♪
ウフフ、正直でよろしい!v-411

常に食べる直前に装着し、その後速やかにはずす・・・なんて現実的ではないし
薬品会社のホームページでは注意喚起されていますが
ほとんどないことだと思うんですよね・・・・なんてねv-8

だから一応そういうこともあるということは承知したうえで
しずさんの
> とりあえず、外食時はログとRとNの三本セット持参なので1本ダメでもなんとかアクシデントには対応してますe-348
このような予備持参が最良ですよね!

♪mikomonaさんへ

>とにかく、原因が分かってスッキリしましたね。
>先方の対応も良心的と知り、ホッとしました。

命の源であるインスリンですから、信頼できないと困りますものね
製薬会社の対応はとてもよく、そこいらの病院関係者に学ばせたいほどでしたよv-8

ご主人様の血糖値は最近は落ちついているようでよかったですね
mikomonaさんの管理のたまものです

♪ともかさんへ

シエリちゃん、ちゃんと自分で管理してるなんてエライ!

今回のトラブルは多分めったにない事例なんだと思います
製薬会社としては、一応注意喚起はしておかないといけないんでしょうね

入ってないってわかったのは
空打ちしてもピュッと飛ばないからおかしいな、って思っただけで
体で感じたわけではないんですよv-8
なお、夫に言わせると「もともとフレックスペンは入った感がない」そうです

♪カッパさんへ

ウフフ、元気に手が上がりましたね~

> でも毎回付け替えるのは、実にメンドーだなぁ。。ううむ。v-17
そう、キチンキチン食事の直前に付け替えるなんて
現実的にはムリムリ

予備持ってたら、問題ないでしょ~~ナンテネ

♪ののたんさんへ

> 針をつけっぱなしにした注射器がいつも机の上に転がってます・・・
ハハハ、似たような光景はうちでもよくありますv-411

> これを見ながらだんな様にも注意喚起しておきました
一応ね、こういうこともあるんだって・・・くらいでね

万が一そういう時のための予備を持つようにすればいいんじゃないかな・・・なんて製薬会社から文句言われそうな発言でした

♪もりママさんへ

まあ、早速ありがとうございます
古いのだと処分してしまってるかもしれないけど
去年のだからまだあるでしょう、早速伝えます
ありがとうございました

> 2011年6月号の17ページの「薬の知恵袋」の3で、注射製剤としての品質維持について書かれたものを読んで、毎回の新しい針の交換の意味を知りました
新しいのを使い始めた時の方が効きがいいような気がするのは
使い方によっては多少品質に変化があるのかもしれませんね

ギチギチに考えることはないけれど
基本的には直前につけ、打ち終わったらなるべく早く外すを守った方がいいみたいですね

夫よ、もっときちんと「さかえ」を読みたまえ

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/581-775694d6

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。