run run run

マラソンがブームだそうで,日本各地で大会が開催されています
昨日、わが街神戸でも初の市民マラソン大会が開かれました

42.195kmも走り続けるなんて、そんなこと誰にでも出来るもんやないやろ!?
と思うのに
走った人、なんと23000人!!
号外
それも77000人余りの応募があり、抽選だって言うんだから、驚きです

あんなしんどそうなもんのどこがいいのかなあ、と思うけど
これだけ大勢の人がやるということは
走ったことのない者にはわからない魅力があるのかもしれない

そして、どうしたわけか友人のご主人がこのマラソン大会に出ることになったのです
年齢50歳、我々の仲間では“若者”で通るこの彼
学生時代にはマラ同(マラソン同好会)だったらしいし
この日に備えて、トレーニングも積んだ様子だけれど
ブランクは長い。大丈夫なんだろうか?
ここはひとつおばちゃん軍団の応援で完走してもらおうやないか(そんなもん、いらんと言われそうではあるが)と張り切って駆けつけました

まずは、スタートから5キロの地点で声援を送ります
5km.jpg
この辺りはスタートしてからまだ間がないのでみんな余裕
4車線の道路いっぱいにランナーたちが次々駆け抜けて行きます
速い!

見送ったら電車で、すばやく次の地点へ移動です
電車の中から国道2号線を走るランナーたちが見えます・・・がんばれ~~
電車から
この辺りは、海沿いの気持ちのいい道なのですが
ランナーたちは、あののどかな海が目に入っているのかなあ?

塩屋で電車を降り
塩屋

国道に出ると・・・うわあ、延々と走る人の波
延々と
反対車線には早くも折り返してきたランナーの姿も見えます

この辺になると、もう歩いている人もいるけど
中高生の頃、3km程度のロードレースが大っきらいで
サボる口実を考えてばかりだった私には
ランナーたちみんながまぶしすぎる

沿道には人がぎっしり
手づくりグッズで応援する人も
応援グッズ
応援グッズ2



こんなの見たら
きっと
頑張れるよね


だから私たちも用意しましたよ~~ウフッ
応援幕1

応援幕に力を得たか(見てなかったような気もするけど)
いっちゃんはリタイヤすることもなく
17.7kmの折り返し地点からもどってきました

元気な姿を確認してから我々はまた電車で次のポイントに移動です

マラソン観戦など初めての私たち
当初の予定では、各移動先でお茶でも飲みながらゆっくり到着を待つはずでしたが
意外とランナーの到着が早く、お昼を食べる暇もありません

というか、電車での移動時間と大差なく走ってくるんだから
人間てすごい!

次のポジションは
いっちゃんの大好きなヴィッセル神戸の本拠地ホームズスタジアム前
ゴールはまだ先だけど



かなり疲れた様子だけど
ゴールまであと10kmだ
ファイト!



彼を見送った後、私たちは
地下鉄、ポートライナーを乗り継いでゴール地点の
人口島ポートアイランドへ

途中ポートライナーから
ポートアイランドへ渡る神戸大橋を駆け抜けるランナーたちが見えます
ここに至る坂が最大の難所らしい
疲れた体に堪えるだろうね、この勾配
ポートライナーから
ごめんね、私ら楽々で~

ゴール地点では
42.195kmを走りきった人たちがガッツポーズでゴールのゲートを
次々くぐりぬけて行きます
ゴール

汗を光らせ、くたびれ果てているんだろうけれど
みんな笑顔で、とても満足そう

大きな達成感に満ち溢れているのが
離れていても感じられます

いいなあ
ものすごーくがんばった人だけが味わえる充実感
いいなあ
私なんか一生味わえないんだよなあ
いいなあ
・・・なんか羨ましい

いっちゃんも、応援の声にこたえて元気に手を振り無事ゴールイン
ゴールイン
完走の証

タイムは5時間16分

立派立派

「次は4時間台を目指すのよ」と奥さんは冷たくハッパをかけていましたけど・・・


さてマラソン初観戦後の感想は・・・

マラソンって・・・なんか・・・

楽しそう!



でも、私は絶対やらないけどね
(正しくは“やれない”だけど)





スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

すごい!

アハハ
初めて知りました、応援は電車で先回りするんですね。
しかも各地点へ何度も乗ってだなんて、もうビックリ❗(笑)
ランナーに負けないくらいの運動量だわ!
「いっちゃん」完走され素晴らしい!
pocoさん達応援団も、各地点でキチンとお出迎えて、黄色い声援で盛り上げ成功だなんて、ちゃんと計算されてたのね。すごい!
よく、自転車でランナーに伴走試みてる人をマラソン中継で見かけるけど、電車で先回りの方が大変よね~(笑)
おつかれさま!


神戸はフルマラソンなんですね。
福岡は10数年前からシティマラソンやってますが、ハーフマラソンと5キロのとどちらかにエントリー出来、ハードルが低いんですよ。(勿論、私はテレビ観戦よ。笑)
去年の参加者は8,000人くらいだつたから、神戸の希望者の多さにもビックリ❗しかもフルマラソンなのにーー
抽選まであるなんて驚きました。

懐かしい沿道の景色、感謝!

あっ、昨日はBSで「さど・まさし」コンサート完全版がありました。
思う存分堪能しました!♪( ´θ`)ノ

走るのは楽しいですよ

1型糖尿人はランニングするにも、走るタイミングで血糖の動きが変わるのでやっかいですが、色々試行錯誤すると極端な低血糖にもならず、高血糖にもならずに走ることはできると思います。
京都マラソンに神戸マラソン・・・・・

とりあえず地元のフルマラソンを完走して、いつかフルマラソン参加のために関西に行きたいですね~

こんにちは~♪

pocoさん こんにちは~♪

 ↓ 10年日記が3冊目突入とは すごいですねーー! 継続は力なり です。 尊敬いたします。

 ご主人の低血糖のこと・付箋のこと、 じ~んと きました。
発症当時は、 私も娘の血糖値にストイックで 
低い数字が嬉しかったし、 娘の食べることにシビアで レタスの葉1枚にさえも めくじらたててたので・・・
 

 神戸マラソン  すごかったのですねー!!
2号線を、車じゃなく人でいっぱいなんて 普段ない光景ですよねー。
 pocoさん 応援 おつかれさまでした。



 

♪もりママさんへ

> pocoさん達応援団も、各地点でキチンとお出迎えて、黄色い声援で盛り上げ成功だなんて、ちゃんと計算されてたのね。すごい!
仲間の一人が、いっちゃんのスピードからポイント到着予想を割り出して計画を練ってくれたんです
結束力がすごいでしょ(笑)

友人の娘さんも数人出ていて、マラソン愛好家の多さに驚きました
ストレスが解消されるんですってv-12

でも、あのゴールの瞬間を見てると
はまる気持ちが分かるような気がするなあ

何でも経験してみるもんですねv-411

さだゆたか・・・ああ見逃してしまった
生で見たんだからっまっいいか

♪新さんへ

初めは何であんなしんどいことやるのかなあ?と思ってたんですがv-8

ずっと観戦してみて
楽しそうだなあって思いましたものね

私など、一生その楽しさを味わえないのはとても残念ですが

新さんが関西圏で走ることがあれば、応援に駆けつけますよ
IDDMにできないことはない!を見せて下さいね

> とりあえず地元のフルマラソンを完走して、いつかフルマラソン参加のために関西に行きたいですね~

♪keikoさんへ

v-41110年日記は、一日分の枠が狭いので、気楽に出来るのが続く秘訣だと思います

新しい日記には無自覚付箋が一枚もない、という10年になるといいのですが

> 発症当時は、 私も娘の血糖値にストイックで 
> 低い数字が嬉しかったし、 娘の食べることにシビアで レタスの葉1枚にさえも めくじらたててたので・・・

それが今では、ゆぴちゃん一人で管理できるようになって・・・お母さんとしては感無量でしょうね

> 2号線を、車じゃなく人でいっぱいなんて 普段ない光景ですよねー。
そうなんです、日本の大動脈を数時間にわたって
通行止めにするなんてすごいことですよね~

応援部隊は電車もいっぱい乗り継いで
少しは経済効果に貢献できたかしら(笑)

同じ日、ヨコハママラソンもあったそうですね
マラソンにはまる人がまだまだ増えそうですね

わたしもムリ~

pocoさんと同じく、学校マラソンはイヤでイヤで、なんとか休めないかと思ってました・・v-12

友達でマラソンにハマってるコがいますが、とにかく応援がすごくうれしいんだって!
知らない人も、応援してくれたり、トイレを貸してくれる民家の人、水や補助食を用意してくれるひとたちのあたたかさ・・そういうのに感激するんだそうですよ~
那覇マラソンは、特別感激したって言ってました。

いっちゃんさん、顔見えないけどなんかスゴく若いですね!!
きっと応援すごくうれしかったと思います~(しかも追っかけてくれて)v-10

♪カッパさんへ

マラソンやる人って、走っても走っても苦しくならないんだって
足や体が疲れて痛くはなるけど、息が苦しいということはないそうです。
信じられな~いv-12
走ってたら、気持ちいい時間帯があるんだって
だからいくらでも走れるんでしょうね

友達の娘さんは、ドラミちゃんの着ぐるみを着て走ったんです。
そういうカッコすると、特に子供が喜んでくれるって応援がすごいんだって。
沿道の人とハイタッチしながら走ったりするのも、うれしいとか

そういう連帯感も人を惹きつけるのかもね
いやあマラソンっていいもんですねえ

やってみたくなったわ(笑)

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/591-12d064ee

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2