スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17年

ああ、今日は1月17日か・・・

朝、東遊園地での1.17追悼の集いのニュースを見て
思い出す始末です

17年も経つと、あの大震災の衝撃もこんなに希薄になってしまうのか
何年経とうともこの日を絶対に忘れらない方々に申し訳ないような気持ちになりました

今日レッスンに来た4年生に聞くと
小学校では「お昼休みにもくとうしたよ」とのこと

震災のずっと後に生まれた世代です
黙祷の意味も分からず、目を閉じたのでしょう

今では神戸市民の約3分の1が震災を知らないんだそうです

忘れてはいけない
伝えて行かなければいけない
たくさんの涙を流した街の住民としての責任です



スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

忘れない!

昨日は親友のお母様の命日で・・・17年経つんだと思いました。
そして、ネットであの時の大震災のことを追悼するページを巡っていて、なんと、懐かしい友達の弟さんのページを発見!
あれからの神戸のことや、pocoさんのご近所のことなども出て来るページで、なんとも不思議な縁を感じました。
そのページで、今年の公園での1.17の追悼の様子を見ました。
pocoさんが貼付けて下さった小学生の合唱もですが・・・自然と涙がこぼれて来て・・・
あの日、テレビを見ながら多くのお友達の消息を知る術もなく、ただ不安を胸に祈っていた事・・・やはり知人が犠牲になられてた事はずいぶん経って新聞紙上にて知りました。
昨夜、神戸市の職員が昨年の東日本大震災の復興支援に行かれていて、神戸の時の経験を活かして街作りに携わり頑張っておられるNHKの番組を見たんです。
「今を生きる」ことの意味を、教えてくれた1.17と3.11の大震災、ホントによりステキな地域に発展して欲しいと願います。

いつまでも忘れないで、心を寄せていきたいです!

17年もたつんですね。

そんなに経ったのか~と思いました。
壊滅状態の街が復興して、ビルや家が建って生まれ変わった様子を映像でやっていましたが、
あんなにひどい景色だったのに、信じられない!・・って思いました。人間ってすごいですね。

きっと、東北の方々にエールを送っているんだな・・と思える映像でした。
短い年数でみごとに復興したこともすごいし、遠くの被災した方々へ希望を届けているんですね。
すばらしいですe-278
 

♪もりママさんへ

ご親友のお母様も犠牲になられたんですか
そうやっていつまでも忘れないでいることが何よりのご供養ですね

神戸はもう私たちが生きている間に元に戻ることはないかもしれない・・・なんて思った17年前を思い出します
あの惨状から立ち直った神戸を見ていると
規模は違っても東北もいつかは復興できる、と思えます

「心を寄せる」・・・いい言葉ですね
いつまでも忘れずに、日本中が被災者にずっと心を寄せて行きましょう!

♪カッパさんへ

毎年、慰霊祭で涙をこらえてたたずむ人の映像を見るたび
どれほどのつらい思いをされたんだろう、と涙を誘われます

>人間ってすごいですね
ボコボコだった道がきれいになり
更地だった所にビルが建ち
そのたびに、すごいすごい!とうれしくなりました

>きっと、東北の方々にエールを送っているんだな・・と思える映像でした。
めげずに立ち直った神戸の姿が励ましになれば何よりです

日本中が、被災地のことを忘れず何らかの形で支援を続けて行きたいものですね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/607-20bbd6e7

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。