応援するわけ

錦織圭君のベスト8入りで
テニス全豪オープンが盛り上がりましたね

残念ながら錦織君は負けてしまったけれど
決勝のジョコビッチナダルが楽しみ

というのも
去年のスペイン旅行の際
セビリアで泊ったホテルの前に
ヤケに人だかりがして
イヤに警備が厳重だなあ、と思っていたら
ちょうど開催中のデビスカップ国別対抗戦(スペイン×アルゼンチン)のためにスペインチームが滞在中で
その中に、かのナダルがいたのです

ナダルに詰めかける人

ナダル君はサインを求めるファンにも気軽に応じて
あらぁ、イイ感じやん

サインするナダル

同じツアー仲間のおじさんは、私の見せた写真に
「エーーッ!このひとそんなに有名な人やったん!?
さっき入り口ですれ違った時、道譲ったら“Thank you”ゆうて、握手してくれたよ」
なんて言うもんだから、ますますナダル君の好感度アップです

生で見たことある・・・・という理由だけで肩入れするって言うのも
ナンですが

私たち明日29日の決勝戦は、ナダルを応援するぞーーっ

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

あるある!

そりゃー、応援しますよね。
こんなお写真を撮れたんだもの、生で!
凄いです。
主人はF-1に熱中するだけかと思ったら、何故かテニスの観戦が大好きなんです。
私はあのいつまで続くか分からない白熱する試合の長さに絶えられませぬ(笑)
それに夜中の中継が多いしねぇ・・・
主人はひとり熱中してテレビの前で・・・たぶん途中は居眠りしてるかも知れないけど(笑)
pocoさんご夫妻が生で会われたと伝えておきますね。
錦織圭が負けたからガッカリしてたけど
きっと応援し甲斐が出て、肩入れして楽しむと思います!

こんばんは~

 pocoさん こんばんは~♪

 生で有名人にあったら そりゃあ 応援しますよー。
私もそうです。
気取らないところが 素敵ですね。ナダルさん。


 ↓ 口腔洗浄機 という物があるのですね。
 すご~い!  もし 舌にあてたとしたら 痛いのでしょうか?


 1.17
 実家は 全壊したので 両親は被災者です。
 その時から父の職が変わったので 両親の人生が変わりました。
 な~んか 今でも 涙がでるんですよ。






 

幸せを感じる負け

おはようございます!

今朝、起きて来た主人が「残念!ナダル惜しかった!」と!
なんと6時間にも及ぶ試合だったとのこと・・・見てたんでしょうか?
「最後の方なんか、凄かったよ!」って・・・
pocoさんご夫妻が生で接近されたことを伝えたら、主人は「ナダルは人が良くて好いとうっちゃん!応援しよったとよ。勝って欲しいねぇ・・・」と嬉しそうでしたから、残念!

でも、ナダルは「幸せを感じる負け」と言ってたとネットで知り、さすがpocoさんが肩入れする青年だわ・・・と思いました。
私は、あとでニュースで見るつもり(大笑)

応援、お疲れさまでした!うふふ

♪もりママさんへ

再度にわたるコメントありがとー!

そうですか!ご主人さまもあの長丁場ご覧になってたんですかv-411

>「ナダルは人が良くて好いとうっちゃん」
って、あらうれしい

途中、ナダルが押されて一方的に終わってしまうのかと思ったけど
そこから巻き返したんですよね
ジョコビッチも最後の方はヘロヘロになっているのにここぞというところでは
ちゃんとパワーを出すんだから
やっぱり世界でトップを争う人の精神力には舌を巻きます

「幸せを感じる負け」って力を出し切ったからこそ言えるセリフですね、いいなあ
ナダル君、ますます気に入ったぞv-8

テニスの試合をこんなに一生懸命になって見たのは久し振り
セビリャでナダル君を見たからってだけの関係(?)なのに
でも、夢中になる理由ってこんなもんだよね

それとも、こんな単細胞は私だけv-389

♪keikoさんへ

>  生で有名人にあったら そりゃあ 応援しますよー。
> 私もそうです。
AKBメンバーも生で見ると、一層魅力的のようでしたねv-411


> 口腔洗浄機 もし 舌にあてたとしたら 痛いのでしょうか?
ええ、唇とか、舌に当たるといたいくらいなんです
それくらいだから、汚れも取れやすく、気持ちいいんでしょうね

まあ、ご両親は被災されたんですか
keikoさんも遠く離れて、どれほどご心配だったか
何年たっても、つらさや悲しさが蘇ってくるでしょうね

ご両親ともども1.17への思いもひとしおのことと思います
ともに犠牲者のみなさんの冥福を祈りたいですね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/611-dfed643e

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2