スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効果のほど

夫が2月の定期検診の際
運動負荷心電図なるものを受けてきました

元気なIDDM患者でいるために
歯科は月1で検診に行ってるし
年に1回の眼科検診も欠かさないけど
この検査は初めてです

名前の通り
運動で心臓に一定の負荷(負担)をかけつつ
心臓の筋肉の変化を観察するもので
狭心症や心筋梗塞などの診断に有効なんだとか

発症からそろそろ15年だし
年齢的にも心臓や肺機能がやばくなってくる頃なので
いいタイミングです

色々な負荷検査法があるらしいけれど、夫は自転車をこぎながら測ったそうです
machine_02.jpg
こんな感じかな?
あっ、実際の検査ではレオタードになる必要はありません

負荷と言っても最初は軽いので、これなら楽勝と思っていたら
次第に重さが増してきて、最後はもう限界ってくらいまで行ったとのこと

でーー、結果はどうだったの?

夫が言うには
具体的な数値は分からないけど
先生に「素晴らしい!と絶賛された」んだとか

「かなり負荷を高目にしたんですけれど
この年齢でここまで行ける人はあまりいませんよ。
毎日の努力のたまものですね」と褒めて下さったんだそうです

発症以来、彼がかたくなに守り続けている日に3度のウォーキングが
ものを言ったのでしょうか

やっていることを評価されるのは、誰でもうれしいものです
主治医はそのあたり心得たもので
「よくコントロールされてますね」と、夫の努力をちゃんと認めて下さるのです
60過ぎたおじさんも、褒められるとまんざらでもなさそう
自分のやっていることへの自信にもつながります

日に3度のウォーキング・・・1型にそんなもの必要ないとか、そんなしんどいことバカみたい・・・な~んて言う人もいますが
身体的効果はもちろんのこと

ウォーキングのついでに、お使いを頼める
(ハガキ出してきてとか、パン買ってきてとか、なかなか便利

ケンカしても
食事の後、出て行ってくれるのでお互い頭を冷やすことが出来る
帰ってきた頃には腹立たしさも少し治まってたり、忘れてることも

そして町内の防犯パトロールにもなる・・・などなど

さまざまなウォーキング効果が立証されているのでありマス


スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

素晴らしい!

ご主人さま、凄い!
誉められて然り、さすがです!
主治医の適切な診療方針にも拍手です。
ホント、転院されて良かったですねぇー。

息子が心筋梗塞で入院中、こんな風に心電図とりながらリハビリしてたのを思い出します。
最初はベッドの上に5分間座っていることから始めて、次の日はベッドの横に立つだけ、次は廊下を歩くとなり、ご主人さまのように自転車になるまでには、なかなかーーー
リハビリ室には高齢者が多く、28歳の息子が理学療法士が心電図観察されつつ漕いでるのは異様でした(笑)

転ばぬ先の杖、先手必勝ですもの!
素晴らしい結果で、あの頃のことを思えば、老婆心ながら私まで嬉しいです。
昨日の受診で次の患者さんが、寒いから脳梗塞や心筋梗塞に注意するよう言われてありましたよ。

ね~♪

前記事の・・・”状況が許す限り、夕食後のウォーキングに付き合う”の状況は・・喧嘩したとき??? v-11 だったのか・・・・ v-26

継続は力なり、ですね~!!

つか、pocoさん、そんなに夫さんの評価上げて、なんか魂胆があるんですかぁ~?・・なんつって。v-8

「運動負荷心電図」なんてゆー検査があるんですかー。ほぉー。
そろそろ親たちに、脳のチェック(ボケ対策と脳出血の検査)のために「脳MRI」受けてもらいたいなぁ・・とか思って先生に聞いてみたら、MRIより「もの忘れ外来」あるいは「脳神経科」で検査するといいですよって聞きました。
しかし、科の名称が・・行きづらいよね。すなおに行ってくれるだろうか・・。
MRIを撮ってなにもなくても、高血圧で血管キレたりするらしいんで、血圧も大事だそうですね。
ちゃんと検査してると安心ですよね!
レオタードで自転車こぐの、pocoさんはやんないのv-236
 

素晴らしい!

「運動負荷心電図」やったコトあります
でも私の時はランニングマシンでした
最後は全力で走らないとヤバイ感じで…

でも結果はどうだったんだろ?
体重30Kg台の時だったので、多分ヨボヨボだったと思いマス

毎日継続してやっていると、自然と体力がついてきますよね
コレもビョーキのおかげi-198

♪もりママさんへ

実は、私もそんなにひたむきになることないじゃない
と思ってたんですけどねv-8

あちこちガタの来てる私よりよっぽど元気な夫を見てると
この努力のおかげかなあと思える昨今です

息子さん、そんな風に回復してこられたんですか!
見守る方も、心身ともに大変だったでしょうね
生命の源となる心臓です
何らかの形で鍛えておかないと・・・とは思うけれど
週の半分ほどでお付き合いするのが精いっぱいです

こりゃ、夫の方が長生きしそうだわ

♪そらちゃんへ

ケンカした時は一緒になんか行くもんですか!v-391
もっとも
一緒に歩いてても、何にもしゃべらずまるでケンカしてる・・みたいな時もあるけどねv-389

♪カッパさんへ

ホントだ!
最近株が上がるようなことばっかり書いてるねv-12

そもそもは、夫へのたまってた憤懣(?)を書くために始めたブログなのに(笑)
あのころは無自覚低血糖ネタがたっぷりあったからねえv-8
まっ、それだけ最近は平和になったってことでしょうか

カーボの読みはしょっちゅう大きく外してるんですけどね

「物忘れ外来」受診するの怖い
あの“3つの物を覚えておいて下さい”テスト、自信ないもの

> レオタードで自転車こぐの、pocoさんはやんないのv-236
やりません、特にレオタードでは絶対! 

♪ちりかさんへ

v-393> 「運動負荷心電図」やったコトあります
あっ、ちりかさんも?!

そうそう、最後は必ずそんな風に限界!ってくらいまでやるんだそうですね

> 体重30Kg台の時だったので、多分ヨボヨボだったと思いマス
さ、さんじゅっキロ!そんな体でよくやれましたね。って言うかお医者さんひどくないv-403

> 毎日継続してやっていると、自然と体力がついてきますよね
ほんと継続は力です!
IDDMになってなかったら、今頃メタボで大変だったかもね(笑)

それって

初めて聞いた検査項目デス。
それってオプション?
やらせてみたいね~!オジさんにも。

我が家も(?v-12、あっ・・・いえ、我が家は)口では負けるオジさんも体力では圧巻の成績です。
今も風邪と花粉症でずーーーっとぐしゅぐしゅ状態が続き&頭痛で不調の私を尻目に絶好調!!!

すごいですねぇ。

 pocoさん こんばんは~♪

 ご主人 すごいです!
 ウォーキングが体に良い とは わかっていても
 私、なかなか続きません。
 ご主人は 1日に3度もそれをされているとは 脱帽です。

 負荷の検査はレオタードを着なくてもいいのですね。ちょっと安心← え? なんで私が。(笑)


 

♪カズの妻さんへ

> それってオプション?
フフ、オプションで~す!
って言うか先生が一回やっときましょうか、って
糖尿病長く患ってると、血管に問題が起きてくる可能性があるから、ということでしたけど
今のところ問題なし、ということでホッとしました

> 我が家も(?v-12、あっ・・・いえ、我が家は)口では負けるオジさんも体力では圧巻の成績です。
やっぱり?
一病息災とはよく言ったものですね
将来は元気な夫に、車いすを押してもらおうねv-8

風邪と花粉症のダブルパンチ、お大事にね~



♪keikoさんへ

当初は、なんとか血糖値を良くしたくて始めたものですが
10年以上も続けてると
もう今は、歯磨きみたいなもんです
やらないと・・・気持ち悪い(笑)みたい

私にもそういう、岩をも通すような信念があれば
今頃ダイエットで苦労することはなかったのにねv-390

ハハハ、レオタードは着なくて大丈夫
というより
着ちゃダメでしょv-392

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/615-c431d4da

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。