TANITAクッキング第2弾

タニタクッキングブック第2段作ってみました

献立は
 ささみのピカタ
 きのこサラダ
 わかめの味噌汁
 
材料、作り方、見るからにヘルシー
479kcalだって

今回作り手はpocoシ

シュフだから、この程度のものなら
本を見ながらでも30分もかからずできてしまうところが、シュフ見習いpoco夫とちょっと違うところですね

TANITA第2段出来上がり

(ミカンはなかったので省略)

「どう?」

「うん、おいしいよ(一応言う)あっさりしてるね」

確かに・・・あっさり・・・とてもあっさりしている


あまりの物足りなさに
あとでバレンタインにもらった友チョコがっつり食べてしまったわ

タニタさん
悪いけど、これもう一回作ろう!という気にはならないなあ


しかし
カーボは読みやすかったか
夫の血糖値、就寝前103でグッド

う~む
両立はむずかしい

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

ミカン以外完コピ♪

お箸の角度までそっくり♪

ほんと、ヘルシーそうですね。
その分、しっかり食後スイーツ・・・・・いーんじゃないですか~♪

うーん♪

確かに、ご飯の後にチョコ食べたら・・・折角の400kcal台が・・・ e-263

でも、チョコは幸せな気分にさせてくれるし、良いって事でー(ランチ後、チョコ食べたそらやんより) e-266

シュフだもの(笑)

pocoさん、プロのシュフだものね。見なくても作れますよ!(笑)
シェフとシュフ、ェとュの違い、それは何でしょうねぇ・・・うふふ

ホントにヘルシーだわ、真似しよう(大笑)
きのこサラダ、良いですねぇ・・・今から作るわ!
大根と鶏肉とがんもどきの炊き合わせが今夜のメニューなんで、箸休めは何にしようと考えてたのよ。ありがとう!

こんにちは~♪

 pocoさん こんにちは~♪

 確定申告の医療費申告 我が家では 大きな病気がない年は、10万円に届かずってかんじなのですが
小児慢性特定疾患が使えなくなったら 発生するんだなぁと pocoさんの記事を読んで考えました。

 ささみのピカタ おいしそう~
 お米の量が少なく感じてしまう私ですが
 いつもpocoさんご夫妻は それぐらいの量ですか?

 きっと 私は 食べ過ぎですね。
 (その後もスイーツもがっつりですからぁ。)



 
  

♪SP♪さんへ

> お箸の角度までそっくり♪
あらホントだ
この際ミカンも買ってきとけばよかったv-8

ヘルシーで満足というのは実際にはなかなか両立しないもんですね
食後のスイーツでチャラになるならいいけど
オーバーになってしまうから困ったものです

♪そらちゃんへ

> でも、チョコは幸せな気分にさせてくれるし、良いって事でー(ランチ後、チョコ食べたそらやんより) e-266
幸せな気分のあと、ズドーンと不幸な思いに陥いるって分かっちゃいるけど
食後の甘いものって癖になるんだなあ

♪もりママさんへ

大根と鶏肉とがんもどきの炊き合わせ、この組み合わせ聞いただけでも美味しそう
もりママシェフ、すごい!

タニタレシピには、極力お砂糖が使われてないんです
油分も最小限に抑えられてるしね
だから物足りないんだわ(笑)
普段いかに糖分、油分を取り過ぎているかということなんでしょうが
ヘルシーに慣れるのは大変だわ

♪keikoさんへ

> 小児慢性特定疾患が使えなくなったら 発生するんだなぁと pocoさんの記事を読んで考えました。
子供さんの場合はそういう補助があるんですね?
逆にこちらが知らなかったことです

>  お米の量が少なく感じてしまう私ですが
うふふ、右肩上がりをくいとめるべく、少し控え目にしてるんですが
食後にスィーツ思いっきり食べてたんじゃマッタク、意味をなしていませんね。
ちなみに夫はごはんはこの倍食べるのにスリムです
なんでやネンv-403


>  
>   

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/618-bcca50a1

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2