スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元ガールズトーク

我々世代のガールズトーク
3大テーマは
・親の介護
・年金
・自分の健康

たまにお墓の話が入ることも…

間違っても
今年の春の流行色はとか
どこそこのエステがいいわよ、と言うような話は出ません
どこそこの整体が安くて気持ちいい、とか言うのはあるけど

団塊世代のたいていが(一緒に住む住まないは別として)
老親の一人や二人抱えているので
老人介護の話は他人事ではなく
大いに盛り上がります

我々の親となればまあだいたい80後半から90代
「ウチのお母さん、こないだ財布を冷蔵庫に入れてた」なんて話には事欠きません

「この間、実家の戸棚開けたら、さつまいもが山ほど出てきたんよ」
「うちはトイレットペーパーよ」
「あるのを忘れて買ってしまうんやねえ」
「お母さん、お芋いっぱいたまってるよ!って言ったら誰が買ったん?ってよ」
「ええやん、焼きイモ毎日食べられるやん」
「そうよ、トイレットペーパーは腐らへんし」
本当は切実な問題も
共に嘆いたり笑いあったりしていると
いつの間にか、肩の荷物が少し軽くなっています

ひとりで食事が出来て
ひとりで着替えが出来て
ひとりでお手洗いに行けたら上等よ
とは、友人の弁

あなたのことをちゃん~んとあなたと認識してくれてる間はまだいいよ
とは、認知の少し進んだ母親を持つ人
時々私のこと、どなたさん?って聞くもん、と笑って話すけど
ホントは泣きたいよね

そうだよね
できなくなったことをクヨクヨ思っていても仕方ない
まだできていることを喜ばないとね
とうなずき合う喫茶店の片隅

一杯のコーヒーとケーキで
おばちゃんたちのガールズトークは果てしなく続くけれど
快くお水のお代り何杯でもくれた
カフェのオーナーさん
ありがとう!

また行くからね~~!

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

出来ることと、出来ないこと♪

>まだできていることを喜ばないとね
  私自身、まだ、認知症に足を踏み入れていない(つもり)ですが、いろんな病気でも、同じことが言えると思います。

病気のせいで、出来なくなったことは、いっぱいあるし、まだ増えるかもしれないけど、まだ、出来ることも残ってるし、楽しいことが増える可能性もありますしね♪

ガールズ真っただ中(笑)

元じゃないわよ、今もでーーす!(笑)
そんなガールズトークが出来るの、羨ましいなぁ・・・
主人の両親の入院看護がそれぞれ終わって無事に天国に送ったとたん、自分の両親は寝付く間もなく看護もしないままに天国に送って、もう20年になりますよ。
介護に伴う大変さを思えば、自分の親で経験しなかったことについては、我が儘な私に対しての親達の思いやりかも・・・と思います。(笑)
でも、そんなガールズトークが出来るのは、長生きしてくれてる親がいらっしゃるからだもの・・・ちょっと羨ましい(笑)
でも・・・たぶん、文句たらたらで、いつも「もーなんでやねん!」と笑顔を忘れる私だとは思うけどね。

「出来ることを数えよう・・・」これ、いつかは私達がこどもたちに思って欲しいわ・・・と。ちょっぴりそちら側に足つっこんでるわ(笑)
でも、現実問題、いつまでも笑いながら親達と暮らせる世界が実現すると良いなぁ・・・

同じだねえ~

ご無沙汰しちゃってますう・・・v-356v-356

元ガールズも元ボーイズ(って言う?)も寄れば触れば同じ話題です・・・。

特に親の話はねえーーー。

先週も主人の母v-510のラブコールにこたえて「おらサ、東京へ行くだ」
おこなって来ましたヨv-426、親孝行。

横浜元町のチャーミングセール(pocoさん知ってるよね?)やってるの思い出し、ついでしちゃいましたが。
この時ばかりは夫も大人しく一緒してくれました(笑)



そういや。。。

いつも読み逃げばかりで・・たぶんコメントするのは初めて・・・いつも訪問ありがとうございます。。『おとめのたくらみ』のおとめ母です

それから私昨年のお礼を言うのを忘れてて。。昨年、私のブログを紹介してくれましたよね。お誕生日の言葉も嬉しかった。。。それを今日、急に思い出して・・・今さらですが、ありがとうございました。。これからもヨロシク。。



♪SP♪さんへ

>いろんな病気でも、同じことが言えると思います
ホントそうですよね
> 病気のせいで、出来なくなったことは、いっぱいあるし、まだ増えるかもしれないけど、まだ、出来ることも残ってるし、楽しいことが増える可能性もありますしね♪

ブログの交流などは、その最たるものかもしれませんね
こういう言葉聞くとうれしくなってきます

母のまだ出来てること、いっぱい見つけよーっと



♪もりママさんへ

> 元じゃないわよ、今もでーーす!(笑)
ウフフ、確かに。ボーイじゃないものねv-8

ご両親が逝かれて20年ですか
随分早い旅立ちでしたね。それはそれで心に残るものなのでしょう

> 「出来ることを数えよう・・・」これ、いつかは私達がこどもたちに思って欲しいわ・・・と。ちょっぴりそちら側に足つっこんでるわ(笑)
> でも、現実問題、いつまでも笑いながら親達と暮らせる世界が実現すると良いなぁ・・・
ホントにネ、親の老いる様を見ていると
自分の行く末を考えてしまいます

親の幸せを思うと施設に入れない方がいいのかなと思うし
子の幸せを考えると、自分はさっさと施設に入った方がいいのかなと思うし

とりあえずは
出来ることを喜び、笑って暮らせる努力をしようと思います

♪カズの妻さんへ

> 先週も主人の母v-510のラブコールにこたえて「おらサ、東京へ行くだ」
> おこなって来ましたヨv-426、親孝行。

笑いは何よりの元気の源だそうですね
カズさんのいる所に笑いありですから
お母様も活性化されたことでしょう
うちにもクロネコさんでカズさんの配達お願いしたいわ

親孝行だけでなく、ちゃ―んと奥様孝行まで!?
株一気に跳ね上がってますねv-158

♪おとめ母さんへ

えっ!わっ~あっ、あっ、あのおとめ母さん!?

こ、こ、こちらこそいつも読み逃げばかりで
あ、あの、あの大好きなんです・・・なんか恋の告白みたいですけど

大好き過ぎて、コメントもできないでいますけど
おとめちゃんのこと、いっつも心の中で力一杯応援しています

> それから私昨年のお礼を言うのを忘れてて。。昨年、私のブログを紹介してくれましたよね。お誕生日の言葉も嬉しかった。。。それを今日、急に思い出して・・・今さらですが、ありがとうございました。。これからもヨロシク。。

そんなあ、わざわざ恐縮です
おとめ母さん、体に気をつけてがんばって下さい!!!

友達っていいですね

笑い話にしながらも、お互いわかりあっていて・・かけがえのない時間ですね。e-446
そんなお友達がいて、うらやましいです。
わたしもそうなった時、同じ話題を話せる友達が近くにいるかなぁ?

IDDMの話も、失敗とかイヤなこととか、ネットとかで話題にしてると、自分だけじゃないんだなーと
心が軽くなるし、笑えたりしました。勉強にもなるし。。
発散しないとね~!

アルツハイマーって早期発見すれば、進行を遅らせることができるというので、
歯科検診のように、早めに定期的に検査受けておけば大丈夫なのでは?と思うんですけど、
親たちは「ボケたらいやだなぁ」と怖がってるだけで、検査受けようとしてくれないんですよね。
「脳神経科」とか「もの忘れ外来」とか、行くのもイヤなんだろうけど・・・e-441

やや後輩の元ガールズトーク

ほんの少し後輩の 私世代も似たようなガールズトークです。

なぜか、当人は親の介護の愚痴を言ってるのに、笑い話になって、しまいます。そうして笑い事にして、助かっているんですよね。

長居しても、優しいカフェ 私も探します!!

♪カッパさんへ

> IDDMの話も、失敗とかイヤなこととか、ネットとかで話題にしてると、自分だけじゃないんだなーと
> 心が軽くなるし、笑えたりしました。勉強にもなるし。。
> 発散しないとね~!
そうなんですよね
一人で抱え込んでしまうと悪循環ですが
失敗や、困り事もみんなで笑い合ってしまうと心が軽くなる
「そうそう!うちもそう、私も同じ!」と肩をたたき合っているたとえその時だけでも
・・・そういう時間ってホントに貴重です

アルツハイマーや脳血管性の病気でなくても
年を取ってくるといわゆる耄碌はしてくるようです
親のことも気がかりだけど、私などは自分自身のことを心配しないと行けなくなってきていますよv-292

♪パグさんへ

おお!後輩ガールズたちもやってますか!?

> なぜか、当人は親の介護の愚痴を言ってるのに、笑い話になって、しまいます。そうして笑い事にして、助かっているんですよね。

ボケ具合の自慢し合ってるみたいね、と笑いあったことがありますよ

介護は大勢ですれば笑ってやれる、って言われますが
ほとんどの家庭では現実問題として、大人数がひとりの老人に係わることはできませんから
せめて、こんな風にたまに集まって笑いあうことが、最良のガス抜きタイムになりますよね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/622-07636863

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。