スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白

「ボク、この間カミングアウトしてきたよ」
と夫が言いました

えっ!
彼はカツラじゃないし
ゲイでもない・・・・・はず

どこで何をカミングアウトしたというのでしょう

「この間の、版画教室でね・・・」

リタイヤ後暇つぶしで趣味で陶芸を始めたのはいいのですが
ほら、あれって次々仕上がってくるでしょ?
困るんだけどうれしいんだけど、もういいかげんたまったので
お願い!何か他の暇つぶし趣味にしてくれない?と言ったら
ボクは版画なら多分うまいと思うな(何を根拠にそう思うのか)とがぜんその気になり
第2の棟方志功目指して、今は版画教室に通っているのです

その版画教室はというと
生徒は2人
つまり先生と生徒合わせても3人と言う
こじんまり(過ぎる)した教室で
和気あいあい(?)と彫ったり刷ったリしているらしいのです

その作業の合間に確定申告の話が出たんですって
poco夫さんは確定申告したんですか?
ええやりましたよ、医療費還付のね
確定申告するってことは、かなり医療費払ってるんですね?
まあそれなりにね
と言うようなやり取りがあって
特にそれ以上追求されたわけではないけれど
何となく、いい機会だし言っとこうかな・・・ってと気になって
「いや、実はね」とIDDMであることを告白したのだそうです

で、もう一人の生徒と言うのが歯科医師さんなので
「1型ですか」とさすがにすぐに分かってくれたんだけど
先生は
「へ~、太った人がなるのかと思ってた」
などと見当違いのコメントだったとか

成人病の糖尿病とは違うってちゃんと言ったんだけどね
と苦笑いです

多分、先生の頭の中では
「poco夫さんは、糖尿病ではないけれど糖尿病みたいな病気」・・・ってな感じで認識されたのでしょうね

でも
思い違いを訂正しようとも思わなかったというのは
他人の病気への理解なんてそんなもんさ、ということを達観したからかと思ったら
本人いわく・・・
「それもあるけど・・・年のせいかな?」

なるほど
単に面倒くさかったんだな

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

作品見たいですっ!!

ふつう、糖尿病に対する認識はそんなもんですよね。v-377
わたしも「血糖値」がなんなのかも知らなかったし~。

版画教室の先生は、病気の内容なんて詳しく知らなくてオッケーだし、
興味を持って「どんな病気?」と聞いてこないのであれば、
それでイイとわたしは思います。

でも、軽くでも話せてよかったですね。v-425
poco夫さんが心を開いてるってコトですし、
「なんか病気してるらしい」って知ってもらえただけで、ちょっと気が楽かも。
  

♪カッパさんへ

版画の作品ですか?
やたら額だけが立派でねえv-292

今度はもうちょっとお金のかからない暇つぶし趣味にしてもらいたいです

そのうち、迷作をものにしたらブログで発表しましょうかv-411

>版画教室の先生は、病気の内容なんて詳しく知らなくてオッケーだし

フフ、そうなんですよね
これが職場となるとそうはいかなかったかもしれないけど
社会的な立場が無くなると
こんな風に気楽に対応できるものなんだなあって思いますv-218

いえいえ・・・

歳のせいではなく、受け取る側の理解力とゆーか
理解しようとするキモチとゆーか・・・

若くても何度言っても分からない人もいますしねe-351
そーゆー人に限って大した興味もないのに
聞いてきたりして面倒だったりスル

♪ちりかさんへ

ちりかさん、いつもながら読みが鋭い!

>受け取る側の理解力とゆーか
実は、そうなんですよ
先生は少しばかりお歳の女性で(何歳とは書かないけれど)
最初のひとことで、こりゃいくら説明してもダメだな~って思ったって

>若くても何度言っても分からない人もいますしねe-351
フフフ、ホント年齢関係ないね

つい・・・

pocoさんが?
それともご主人様がpocoさんに?・・・

なーんて、甘いお話かそれとも過去の懺悔か・・・なんて、ついつい思う私、ドラマ漬けの日々のせいよね。(笑)

陶芸に続き、版画ですか・・・すごい!
そのうち版画の芸術作品としてのお年賀状をいただけるかも・・・
楽しみに待っています。
その前に、是非、ブログにてご発表を!

あっ、分かります・・・年のせいというの(笑)
この歳になると、家族以外の他人はそんなに他人の病気のことを気にしないし、説明してもキチンと理解しようとされてないから・・・というのを自他共に知ってるからよね。
単に面倒くさいのもあるけど、相手の方の身近に1型糖尿病患者がいらっしゃらない限り、サラっと流します。(笑)
我が主人さえ・・・イマイチ分かってないもので・・・アハハ

♪もりママさんへ

>家族以外の他人はそんなに他人の病気のことを気にしないし、説明してもキチンと理解しようとされてないから・・・というのを自他共に知ってるからよね

マッタクその通り!
サラッ・・て言うのが正解ですね

たまに正確に返事されたら、ビックリするくらいですもん(笑)

版画は、出来あがってきてもかさばらないのが何よりですv-218

どんな系??

版画って、どんな系??見てみたーい e-317

小学生以来、版画ってやる機会ないな~ e-454 でも、今からやると、オモシロそう♪

♪そらちゃんへ

> 版画って、どんな系??見てみたーい e-317
う~~んv-394
何系って言うのかなあ?
まだまだ初歩の初歩だけど、簡単多色刷りなんかやってるよ

> 小学生以来、版画ってやる機会ないな~ e-454 でも、今からやると、オモシロそう♪
そらちゃん、上手なんじゃないかな?
夫の自信より確実かも(笑)

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/626-af14b0e0

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。