男と女の間には

男と女の間には暗くて深い川がある・・・・

な~んて言っても
愛だの恋だのといった話ではありません

と、わざわざ断る必要もないか


実はね、先日友人4人でIL DIVOのコンサートに行ったんですよ
IL DIVO

場所は大阪城ホール
肉眼では顔がはっきりみえないくらい離れてたけど
イケメンで美声の4人組のダイナミックな生歌に、うっとり酔いしれたのです

帰りの電車の中でも
やっぱりTime to say goodbyeは最高やったとか
スペイン人のカルロスの低音がしびれるわとか
日本語で歌った「ふるさと」はほんま感動したとか
盛り上がりながら神戸に帰ってきたわけです

みんなテンション上がってるので、そのまま別れるのは何となく物足りない
三宮駅前でちょっと飲んで行こうかって・・・
イエイエ、お酒じゃありませんよ
おばちゃんらの夜遊びなんてかわいいもんです
珈琲一杯(ケーキ食べたかったけど、かろうじて踏みとどまった)で、閉店まで粘って
帰宅したわけです

もちろん、夫はとーっくの昔にご就寝ですから
私は、ネットでIL DIVOを検索などしながら独り静かに余韻にひたっていたら
トコトコと夫が2階から下りて来ました

あら、どうしたの?
血糖値が高いんだ、とそれだけの会話で
パタパタと追加打ちして
パタパタと寝室に戻りました

お帰り、も
いつ帰った?もなかったな
お~い、私がここにいるの見えてた??

コンサートどうだった?くらい聞いてくれたらうれしいのに

心にちょっぴりすきま風
まあこの程度のすれ違い、今に始まったことじゃないけれど・・・・
夫にすれば、なんでこんなことですきま風が吹くのかも分からないでしょう

数日後
一緒にコンサートに行った友達に出会ったので
ご主人の反応はどうだったか聞いてみました

(うち以外はみんな起きておられたようです)
友人1
「どうやった?」って言ったよ
でも「すっごくよかったよ」って言ったら「ふ~ん」と言って後はテレビ見てた

友人2
 友人1とほぼ同じで「ふ~ん」のあとテレビじゃなくパソコン見てた  
 でも、息子が楽しかった?といろいろ聞いてくれた(こうちゃん、ええ子や!)

友人3
 ダンナ、数ヵ月後に控えた旅行のエアチケット、ネットで取るのに忙しくて
 そんなどころじゃなかった
 (これが一番笑えた)

世代によるのか
それとも個々の資質によるのか
いずれにしろ
どちらさまも、大差ないようで・・・

男と女の間の深くて暗い川
埋めるのはなかなか大変なようです

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

Row and Row

アハハ

どちらさまも同じようで・・・
あっ、私も「ふーん・・・」って派かも(笑)
深くて暗い川が滔々と流れてる様子が見えますよ。
エンヤコラと漕ぎ出すも、こちらが漕ぎ出せば、あちらは居眠り中とかねぇ・・・アハハ

Time to say goodbye、ついつい織田裕二のアマルフィやアンダルシアの場面が浮かんでくる私です。(笑)
この歌、何故か主人も好きらしく・・・サイモン&ガーファンクルの曲以来、久々の一致曲です。アハハ

楽しい時間を仲良いお友達と過ごされて良かったですね。

♪もりママさんへ

言ってみても始まらない
思ってみても詮無いこと
期待しても仕方のないことを
時にはぐだぐだ思うのですよね

まさしくふり返るな、ROW~♪ですねv-411

「Time to say goodbye」
オリンピックで歌われたり、映画の中で流れたり、ダイナミックで素敵な曲です
もちろん、IL DIVOもアンコールにとってあって
素晴らしいハーモニーを聞かせてくれて大満足でした

私もサイモン&ガーファンクル、車のHDに入れてしょっちゅう聞いています
昔の聞いてた音楽はいいよねえ、って年寄り風を吹かしてちゃいけないけど
懐かしの音楽なんて番組を、気がつけば熱心に見てたりしますv-389

No title

 pocoさん こんにちは~♪

 大阪まで 観に行ってこられたのですねー。
 それは、よかったですね!!

男と女の間の深くて暗い川 ですかぁ。
 う~~ん 深い話題ですねぇ。

 女と女の間の川は 滝だったりして・・・?
 
 自分と違う人の気持ちは なかなかわかりませんね。
 よかれと思ったことが、おせっかいだったりしてね。
 たとえ 家族であっても。 いや 家族だからこそ。

 ん~~ 深いぃ~

  

♪keikoさんへ

keikoさんも昔、JYO HALL行かれたことあるのかしら?
関東圏と違って、何万人収容できるホールというのは限られていますからね
大きな催しは、大阪まで行かないとダメなんですよね

大阪は人が多いから疲れる、とローカル神戸人には不評なんですが(笑)
仕方ありません

>  女と女の間の川は 滝だったりして・・・?
ウフフ、時には嵐もね

>  たとえ 家族であっても。 いや 家族だからこそ。
一番大切な存在をないがしろにしてはいけませんよね
 
自分にも言い聞かせておかなくっちゃ(笑)

寝起きだったからじゃ?

長年連れ添っていくと、気を使わなくなるんでしょうね~
ダンナさんはそれがラクで居心地いいんでしょうけど、
妻的にはちょっとさみしいですよね。。

そこにやさしい一言があったらグッとカブが上がるのに・・!
こっちだって少しやさしさ出してこうとか思うのに。
友達の間にも「やさしいダンナさんねぇ」って世間的評判よくなるのに。
もったいないコトしてるのに気付いてくれ!!

♪カッパさんへ

> 長年連れ添っていくと、気を使わなくなるんでしょうね~
私は、夫がゴルフから帰ってきたら、必ず聞くのに
「スコアどうだった?」ってね(聞かれたくないのかもしれないけどv-8

関心の度合いだと思うなあ

あんまり関心持たれるのもうるさいかもしれないけど(笑)
空気みたいなのもねv-292

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/629-72cc5c93

まとめteみた.【男と女の間には】

男と女の間には暗くて深い川がある・・・・な~んて言っても愛だの恋だのといった話ではありませんと、わざわざ断る必要もないか実はね、先日友人4人でIL DIVOのコンサートに行ったんですよ場所は大阪城ホール肉眼では顔がはっきりみえないくらい離れてたけどイケメンで美...

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2