スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お片づけ

早くしまわないと、嫁に行くのが遅くなるという迷信(だと思いたい)を気にしながらも
旧暦で考えればいいんや、と言いわけして
毎年
出すのは3月3日ギリギリ
片づけるのも4月になってからだった雛人形

どういう訳だか、今年はもう片付けてしまいました
今さら、急いだところで娘がサッサと嫁に行くわけでもないのに

また来年ね
と女雛と男雛を向かい合わせに座らせて
狭いけれど1年間仲良くやってね、とふたをします

ひょっとしたら、背中合わせにした方がよかったかな?

お雛様

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

お雛さん♪

私が、小二の時に、妹が生まれて、さすがに、そろそろ、お雛さんぐらい、あった方がええんちゃうか、と、両親が思ったのか、どーんと、購入♪
あれって、収納に、すごいスペース取るんですよね。
私は、男の子しか生まなかったので、遠慮しましたが、妹は、女の子を産むとすぐ、「お雛さん持って行ってや~」と言われながら、「お雛さんとおだいりさんのふたりだけでいいし。」

ということで、実家には、お雛さんとおだいりさん抜きの七段飾りが残ってたり・・・・・

♪SP♪さんへ

内裏雛抜きの段飾りのお雛さん想像して、笑ってしまいましたv-411

でも内裏雛だけ持って行った妹さん、大正解!
しまっておくのも、飾るのも場所取って大変ですもん

うちのは元々内裏雛だけなんですが
それでも、邪魔!(お父さんごめんv-435
女の孫が出来たら、譲ってしまいたいんですけど、きっといらん、って言われるでしょうね
それより何より、孫が現実化しそうにないしv-395




こんばんは~♪

 pocoさん こんばんは~♪

 「元ガールズトーク」からの3記事
 上沼恵美子並みのpocoさんの文章に 笑いっぱなし でした。
 ありがとうございました。

 ひな人形は、娘たちの婚期のために(笑) あわてて3月4日には必ず 片づけています。
 うちのは 簡単に片づけられるものなのでねっ。
 
 ご主人さま 趣味があって良いですね!

 


 

 

むうー

この迷信ていうかは、実際どうなんですかね?
どっかで統計とってないのかなぁ。

うちの姉妹はどちらもわりと早くお嫁に出たので、母がキチンと片付けてくれてたのかな~?
なんつって。v-8

pocoさん、わたしがお雛様だったら、ダンナとそんなに至近距離で対峙させられての一年は苦痛かも・・
でも背中合わせもさみしーな。。

♪keikoさんへ

あらまあ、上沼恵美子さんに比していただくとは、恐れ多い(笑)

>  ひな人形は、娘たちの婚期のために(笑) あわてて3月4日には必ず 片づけています。
やっぱり?
我が家ももっと真剣にやっておけばよかったかしら
 
>  ご主人さま 趣味があって良いですね!
いやいや、あくまで暇つぶしですから
でもおかげで、退屈知らず・・・濡れ落ち葉にはならずに済んでいるようですv-8

♪カッパさんへ

>この迷信ていうかは、実際どうなんですかね?
お願い、どうぞ迷信であって!
という気分です

>どっかで統計とってないのかなぁ
全日本雛人形協会あたりが、取ってそうな気もしますね
って、そんな協会あるのかどうかわからないけどv-8

> pocoさん、わたしがお雛様だったら、ダンナとそんなに至近距離で対峙させられての一年は苦痛かも・・
でしょ?
私もあまりの近さに、お雛様お気の毒、って思いましたもの

> でも背中合わせもさみしーな。。

人間も人形も、つかず離れずほどほどの距離感が円満の秘訣なんでしょうかね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/630-38452516

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。