40か50かの60

始まりは、一カ月ほど前だったかな

あれ~何だこれ?

手をうしろに回した時、左肩から腕にかけて少し痛い
筋肉痛かな?
でも筋肉痛になるようなこと、やってないし~
と思ってるうちに
痛みが減るどころか、次第に日常生活に支障がでてきました

まず、ブラのホックが留められない
エプロンの紐が、結べない
セーターを脱ぐのにもひと苦労

前で動かすのは何ともないので
料理をしたりパソコン触ったりする分に不都合はないし、車の運転も大丈夫なんだけど
後ろのシートに置いた物は取れない
疲れたなあ、と伸びをするのも右手に限定

立ち上がる時などに、うっかりと後ろ手をついたりしようものなら
「ううっ」と痛さに固まってしばらく動けない、なんてことも起きる

どの角度のどの位置になった時がマズイのかが自分でもはっきり分らないので
思わぬ時に激痛に顔をゆがめるハメになる

これはどうやら噂に聞く40肩のようだな

あれって何歳でなっても40肩と呼ぶんだそうな
ウフフ、60代でも40肩だなんて、何だか得した気分って思ってるのに
整形外科の先生は容赦なく
「50肩やね」とおっしゃる
「あれ?センセ、40肩って言うんじやないんですか?」
「40と50どっちでもいいんよ。60肩とは言わないけど年齢に近い方で言った方がイイでしょ」だって

どっちでもいいんなら40肩でお願いします、って言うのに
「50肩ね」と念を押すセンセのいじわる

という訳で何かと不自由な60代の50肩
当分、整形のリハビリ(またの名をジジババの社交場)通いが日課になりそうです
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

モチ、40肩よ!

私、40代で突然なりました。
ホントに不便、そのさなかに大阪での告別式に出て、時間がなくて喪服のまま新幹線に乗り、新幹線のトイレで着替えようとして後ろのジッパーが外せなくて四苦八苦、冷汗タラタラ・・・
急に手が上がらなくなるしねぇ・・・これが40肩なんだとビックリ!
pocoさんのように病院に行かずに、40肩だとあきらめて過ごしてました。

でも、私の場合はその数ヶ月前に遭遇した自動車事故のせいだと判明したんですよ。
ある日、接骨院で首の骨(確か第二頚椎)の矯正してもらったら、あら不思議!
直前まであんなに痛くて上がらなかった腕が、嘘のようにサっと上がるんです。背中へも回せるし・・・(笑)
女性は首の骨が細いから狂い易いんですって!
たった1回の施術で回復、魔法みたいでした。
それ以来、40肩には縁が無くなりましたが、寄る年波でアチコチ痛んでねぇ・・・
朝、階段を上がるのにぎこちなくて(´ヘ`;)
関節に油が回るまでの時間が、どんどん長くなってるみたいです。(笑)
pocoさん、お大事にね!

あっー、一緒です。

私は、紛れもなく、四十肩です。

でも、ちょっと痛いけど、普通に動くから、三十肩くらいにマケといてくれないかなー。

♪もりママさんへ

エーーッ!一回の施術で!?

整形に行っても、先生が腕を持ってちょっと動かしただけで
「50肩やね」って判定されただけなので、ひょっとしたら
そんな風に頸椎から来てる可能性もあるかも

大体リハビリも大して効果はないと聞くし
何にもしなくても時期が来たら治ると言われてますね

ああそれにしても、老化現象って・・・・見逃してはくれないね
スカッと治す方法ないかなあv-292

♪myさんへ

まあ、myさんと40肩ネタでシンクロしようとはv-441

痛くても動くんなら、それスジ違いか何かかもよ
だって29才だもんねv-8

いずれにしても早く治りたいよネ
40肩なら1~2年かかると言う話ですぞv-12

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/637-3b3c3958

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2