スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリギリスは後悔する

4月の定期検診から帰ってきた夫が
開口一番
「今日はショックなことがあったんだよ」と言います

えっ!HbA1cが急上昇?

「違う違う」

それ以外のショックなことって・・・・何だろうドキドキ


「先生からチップの数を減らしてほしい、って言われたんだよ」

あらぁ~~

4月から保険の関係で今の枚数ではきつくなるのでできれば減らして欲しい、とのことだそうです


今の主治医になってから3年半
         
   (変わったいきさつ→「めぐりあい」

思えばぜいたく三昧の生活でした(笑)

チップの残り枚数を気にして、測定をためらう必要はありません
気になれば何度だって測ります
それまではエラーなんて起きようものなら、一番違いで宝くじが外れたごとくに悔しがってたのに
今は、チッ程度ですものね

月200枚という、夢のような枚数を出していただいていたおかげです

こういう時にこそ。寒い冬に備えてコツコツと蓄えを増やしていたアリさんを見習っておくべきだったというのに
アリとキリギリス

人間、目の前にあると使ってしまうものです
キリギリスだった自分を激しく後悔する夫

で、何枚に?

「120枚にしてほしい、って言われたんだよ」

80枚減かあ、それはショックだわ~~

今の夫、ぜいたくに慣れ切っていますからねえ

「で、いきなりそれは困ります、って言ったら
じゃあ今月は、いつもの通りで、って200枚もらえたんだけどね」

ああ、先生優しい

「でもあんまり無理も言えないから、来月からは減ることを覚悟しないと」

規定以上の枚数はその医院の負担になるわけですから
いつまでもご好意に甘えるわけにはいきませんものね

そんなわけで
来月からの120枚体制に備えて
今日からは節約モードに切り替えです!

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

ギリギリす!

ワァー、それはショックですよ。
一応、保険では1型糖尿病は150枚までということで、それ以上は主治医の判断で治療上必要なだけ処方していただけるんですよね。
ご主人様の場合、無自覚が改善されて来てるとの主治医のご判断もあるのでは?
良い方向に行き出したのよ。
でも、120枚までにされるのは極端過ぎ!
私は150枚でギリギリす!(笑)
次の診察日まで4週の月に5週ある月の為や突然の低血糖に備えて備蓄しようと、計測回数を減らしたりして対応するもギリギリす!
ミスしたら測り直すかどうか悩みます(笑)
きっとご主人様かなりのストレスよ!
チップが減らされても、どうか主治医のご指導により、このまま無自覚解消が続きますように!

大幅カット!

わたしは25枚入り×5箱で、月125枚ですー。
馴れてきたせいか、あんまりひんぱんに測らなくなり、起きた時と寝る前、あとは気になるときだけ測ってたら毎月少しずつ余って、ストックが増えてます・・。
どっちかとゆーと測るのが面倒なので、ストレスなく減らせてるのかも。

先生には最初の頃「お休みの日は血糖のこと気にしないで過すように、測らなくてもいいんですよ」なんて言われました。
週に2日、あんまり測らないでいると、けっこう枚数かせげますよ。

「測れない・・!」とあせらないで、よいほうに考えてやっていけるといいですね~e-348

200枚!?

毎月200枚使い切ってたんですかi-198
私も25枚×5なので125枚です
それでも1か月では使い切れないですよ

でも200枚から急に120枚に減らされるのは極端ですね…

心配な気持ちも分かりますが、測りすぎではe-3
あまり血糖値に神経質にならずにリラックスデーを設けても良いのでは?
低いと思ったら測らずに体調がよくなる程度に補食すればイイと思いますし
食前の値が高くてもせいぜい6~7時間と考えれば
たいした時間ではないと思います

♪もりママさんへ

アハハ、ギリギリす、イケますねv-218

> 一応、保険では1型糖尿病は150枚までということで、それ以上は主治医の判断で治療上必要なだけ処方していただけるんですよね。
と言う話も聞きますが、先生から言われるとイヤですとも言えませんしね

無自覚改善のためにはここ数年の200枚はありがたかったです
おっしゃるように、よい方向に向かってきたと思うので
測定回数を減らす方向で行くのはいいかもしれません

以前は120枚でやってたんですからね

>このまま無自覚解消が続きますように!
ありがとう!
この用心だけは減らさないようにしないとね


♪カッパさんへ

うちの夫は測ることに全くストレスを感じないそうです(笑)

以前たびたび起こしていた無自覚を起こさないようにするには
やはり密に測った方が確実だったので
200枚になってからはついつい太っ腹な測定回数になっていきましたね

最近は以前に比べて感知力も上がってきているように思うので
減らしても大丈夫と思うんだけど

>「測れない・・!」とあせらないで、よいほうに考えてやっていけるといいですね~
測れないんじゃなく、測らない・・・ですよねv-411

♪ちりかさんへ

夫は一時期、無自覚低血糖を頻発していた過去があるもので
その状態をつぶさに見て来た私の方が、本人よりも低血糖には神経質かもしれません

私が安心するために測ってもらうこともありますから

それに穿刺や注射より蚊に刺される方がよっぽどイヤ、と言う人ですから
測定はそれほどストレスにはなってなかったのでは、と思うのですけど

でも120枚に減ったあかつきには
> 低いと思ったら測らずに体調がよくなる程度に補食すればイイと思いますし
> 食前の値が高くてもせいぜい6~7時間と考えれば
> たいした時間ではないと思います
というような大らかな姿勢で、臨みたいと思いますv-221

メリハリ

私は最初の主治医では5回/日、現主治医では4回/日です。
結論から言えば、回数が減って大幅にコントロールが乱れたかと言えば、そうでもなかったです。
メリハリをつけて測定して、自分自身の傾向を探ると、あとは案外何とかなるもんです。
例えば、今の自分は夕方にガクンと下がる傾向にあるので、計測もしないで補食してます(笑)

枚数は

測定チップは1日4枚でも何とかやってます。
ただ、走るようになってからは走る前後に必ず測るので、5枚欲しいな・・・・と思うように(笑)
この問題は、主治医とバトルしても解決しそうにないので(主治医は体感と予測も大事と考える立場)、いずれコクボさん運営サイトで購入するのも有りかなと思ってます。

♪新さんへ

新さんが、マラソンでロンドン五輪代表に選ばれるんじゃないかと、楽しみにしてたんですよv-8と言うのは冗談にしても、走ることがホントに楽しそうv-29

夫も、以前の枚数(120枚)を思い出して
さすがに200枚は「使い過ぎだったなあ」って(笑)

ちょうどリタイヤ直後で、いつでも測れる状態になったことも大きな要素だったかも知れません
目の前にあると、お金と一緒で(?)気安く使っちゃう・・・んだって(笑)

でも、当初は無自覚低血糖多発でしたから
防止と改善のためのこまめな測定には不可欠で、助かりました
最近では低血糖の感知力もかなり戻ってきたようですので
主治医のご要望にもお応えできるのではないかと思います

ただ、新さんの先生がおっしゃるように体感と予測も大事ですが
シックデイの時には普段よりも多く測りたいですし
新さんのように走る前後分増やしてほしい、などと
状況に応じて患者が必要とする時には必要なだけ出してもらえる医療体制であって欲しいなあ、とは思います

大丈夫かもよ~♪

ニンゲン慣れる生き物だから、大丈夫だと思うよー♪

もちろん、沢山必要な人には、出して欲しいと思うけど、大多数の人は、枚数必要だと思い込んでるだけのような気がするなー v-22

今年入ってから、ヨガに行かなくなったから、90枚を60枚に変更したそらやんですが、まあまあイケてるよん v-21
いつも、先生は120枚分の箱を出すけど、大体30枚分か60枚分返品します e-454

♪そらちゃんへ

60枚というと、一日2回!?そりゃすごい!

>ニンゲン慣れる生き物
これつくづく感じる
200枚という甘い環境に慣れて、体感より測定になってしまってたもんね
65歳のおじさんには、これから体感を磨いてもらいます!

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/638-a7fdc5c2

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。