確かに変化はしている

易学をやってる友達によると
今年の私は変化の年だと言う

変化!?と聞いて
つい、うれしい変化ばかりを思い浮かべたけれど
変化はいいことばかりとは限らなかった
どうやらうれしくない変化の年でもあるらしい

2月に受けた人間ドックで卵巣のう腫が見つかった
しかしまだ3cmと小さいので、至急に手術をというわけではなく
経過観察しながら過ごしてもいいという状態
痛くもかゆくもないので、今すぐ手術という決断は出来ないでいる

そこへきて
私は大丈夫みたい、と思っていた50肩の発生という変化が起きた

そして昨日、母がアルツハイマーであるということが分かった
MRIでは異常は見受けられない程度の初期ではあるし
なるべく環境を変えない方がいい、と先生もおっしゃるので
進行を遅らせる薬を飲みながら
ひとり暮らしを続けることにしたが
当然サポートも増やさなければいけない
夫にも、迷惑かけることが増えそうだ

薬がある程度効果を発揮したとしても
完全に進行を食い止めることはできないだろう
いずれ私を分からなくなる日が来るのかと思うと、暗澹たる思いに駆られるが
先のことを心配して落ち込んでばかりいても始まらない

介護の合間を縫いながら
今まで通り楽しいこともいっぱいやって過ごそう!と思っている

そのうち何か嬉しい変化だって起きるかもしれないし、ネ!
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

変化、、、

50肩は いかがですか。またまた お久しぶりです。

pocoさんの
介護の合間に 楽しい事も いっぱいやって、、
そうですよ。その方がきっとお母様も楽しく、穏やかにお過ごしになれますよ。

私の母(只今入院中ですが)ここ数カ月は時折、私を分からなくなっていますが、
不思議とショックではなく、穏やかに話を合わせていると
母も落ち着いて来て、にこやかになる時もあるので、
これで良いかな、、と思っております。

想像もしない事 色々ありますが、、だからこそ今出来る事ですよね。なんて、、日々あたふたしていますけど。

嬉しい変化が来ますように。そしてpocoさんのお身体もお大事に。

樹木希林

pocoさん見られたことありますか?
樹木希林が認知症役のおばあちゃんのCMがあるんですが、ほのぼのした内容に、もし今も母が生きていたらあんな笑顔で暮らしていただろうかと、ドキッとする私。
現実に、伯父夫婦の介護をしながら、父や母ならこんなに冷静に対処出来なかったかもという場面が何度もありましたしねぇ(笑)
それでも、長生きして欲しかった。たぶん文句タラタラの介護しか出来なかったでしょうが(笑)
これから大変だと分かっていてもpocoさんが羨ましい!
この歳にして、人生の予期せぬ変化は、それなりに何度もありましたしねぇ。何とか乗越えて来て思うのは
「何とかなるもんよ!」

読んでたら、pocoさん前向きに変化を受け留められてるように感じます。でも、決して無理しないでね。
自分の身体のことも労わってあげて、ちゃんと経過観察してね。
きっとご主人様も協力していただけるわ。

遠く離れてますし、私は愚痴ばかり言うけど、お互い、どんな変化でも過ぎれば笑顔で語り合えるようになりたいなぁ~と思ってます。

ちなみに、私が母に重ねた樹木希林の姿は、こどもや孫達は私の近未来として見てるわよね〜そろそろ母より長生きすることになる年齢になるし(笑)

こんにちは~♪

 pocoさん こんにちは~♪
ご無沙汰しております(__)

 桜を見ると 人は 上を見上げてほっこりな顔になりますね。

 pocoさん
 ここのところ おつらいことが重なりふりかかっていらっしゃるとのこと、
 同じ状態は 良いことも悪いことも 長くは続かないものだと どなたかが 仰っていました。
 
 pocoさんの好きなことを今までどおり 続けられながら
無理のないペースで いろいろなことに 挑戦されてくださいね。

 私が もし今 高齢者の介護のお仕事をしなさいと言われたならば・・・
迷わず 認知症の方の介護を希望しま~す。


 
 

そうよん♪

いい変化もやってくるから、アンテナ出しておこうねっっ v-90

ハッピー光線発射してますから~ e-266

♪パグさんへ

パグさん、ご自身のお体の調子はいかがでしょう?

肩は、少しずつひどくなってきています
友達に言わせると、何もしなくても1~2年すればウソのように治ると言うことなので
1~2年v-12待たないといけないのでしょうv-292

母の思いもよらぬ病名を聞いてうろたえてしまいましたが
記憶の衰えはあるものの、まだホンの初期なのに
今から、私が落ち込んでてどうする!と、いう思いのところに
パグさんのこの文章
> 不思議とショックではなく、穏やかに話を合わせていると
> 母も落ち着いて来て、にこやかになる時もあるので、
心に灯のともったような思いがいたしました

こちらの気持ちが伝わるのでしょうね
心穏やかに、母に接しよう・・・と思います

♪もりママさんへ

樹木希林のCM、知ってます!

おばあちゃんが笑うとお母さんも幸せそう・・・って言うアレですね

実際には笑ってばかりではいられない状態にもなるのでしょうが
ともかく今は、まだそれを心配して落ち込むことはない、と自分に言い聞かせて
母の笑顔が沢山見られるように接しようと思っています

> 遠く離れてますし、私は愚痴ばかり言うけど、お互い、どんな変化でも過ぎれば笑顔で語り合えるようになりたいなぁ~と思ってます。
うれしいです!
私は、しゃべったり書いたりすることで、ストレスを発散するタイプなので
これからいっぱい愚痴を聞いてもらうことになりそうです。
よろしく!!!

♪keikoさんへ

>  同じ状態は 良いことも悪いことも 長くは続かないものだと どなたかが 仰っていました。
心強い言葉です!
良い変化、早く起きないかなあv-8

> 無理のないペースで いろいろなことに 挑戦されてくださいね。
実家に行く頻度はずいぶん増やしましたが
それでもまだ友達としゃべったり、コンサートに出かけたりと言うことが出来ないわけではないし
逆にそういうチャンスがあれば、積極的に参加しようと思っています

>  私が もし今 高齢者の介護のお仕事をしなさいと言われたならば・・・
> 迷わず 認知症の方の介護を希望しま~す。
わあ、そうですか!
そういう介護者に当たった人は幸せですね~

♪そらちゃんへ

ハッピー光線、キャ~ッチv-218

しっかりアンテナ張ってないと
いいこと見逃してしまうかもしれないもんね
超大型アンテナ設置します!

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/641-389571f4

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2