自分で自分がイヤになったこと

友達が、シンプルで柄合わせの楽しい布製のバッグを持っていた
カーテン生地の端切れを買って手づくりしたんだって
それイイねと言うと「型紙貸したげるよ」と早速持ってきてくれた

貧乏性なもので長年捨てずに取ってある、残り布が役に立ちそう
だが
最近針を持ったのはボタンが取れた時くらい・・・の私である
大丈夫か?
うん、まあやってみよう!

柄の違う2種類の残り切れ
型紙に合わせると幅も丈もピッタリと取れる
うんうん、いいじゃない

ジョキジョキ、印もせずに鋏を入れる
poco流洋裁は、大胆にして大ざっぱ

中にポケットがあると便利だよね
残った部分で、切り取っとこう
ジョキジョキ

表地、裏地、ポケットと切ったところで
さあ縫い合わせて行きましょう

あんまり久しぶりなので、上糸のかけ方を忘れてしまってた
でもミシンは縫い方を忘れてなかったようで、ちゃんと縫ってくれるエライ!

この生地とこの生地を合わせて・・・
フフン、いい感じ

さてもう片方

あれ?もう半分はどこに行った?

ない
おかしい、ついさっき2枚合わせで切ったばかりなのに

なんでないの?

誰かに嫌がらせされてる気分
だれやねん!・・・・・・私です

もしかして、間違えてゴミ箱?
とゴミ箱をあさるが切れっぱしばかりで、該当する生地はない

無意識に動くことが多いこの頃
トイレにでも持ち込んだか、あるいは冷蔵庫?洗濯機に放り込んでしまったかも
あり得ないところまで見るが・・・ない

順調ならだいぶん進んでいる頃なのに・・・

もうっ!どこに行ったんよとひとりごとを言いながら
3度目のゴミ箱内確認


ハッ!

もしかして、この切れ端は・・・・


ガーーーーーン



あああああ、必要な片側部分から
ポケット部分を切り取ってしまっていた

バカバカバカバカ
ポケットなんか、あとで切ればいいのに

バカバカバカバカ
もう生地残ってないのに

バカバカバカバカ
この生地のためにわざわざパイピングテープ探し回ったのに

う~~~ん

取りあえず、お昼ご飯を食べながら
善後策を考えることにします

もう、こんな私・・・・イヤ







スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

あるあるーー

お疲れさま、同士よ!
分かるなぁ・・・よくあることだわ。

私も「なんて手際良い、さすがベテラン主婦!」と自画自賛してルンルン気分のあとに、それは次のお煮染めに使う筈だった出汁だと忘れて捨てちゃったり・・・ボタンホールステッチの見事な出来に感動すら覚えてけど、反対側だったとか・・・
(´ヘ`;)
自画自賛のあとだけに、自分で自分が嫌になる(笑)

めげないことよ!
やろうとしたこと、行動起こした気持ちが大事なんだもの!
前向きな気持ちを持ってることこそがステキなんだもの・・・うふふ

失敗は成功の元よ・・・ガンバレ!

あああああ!

>あああああ、必要な片側部分からポケット部分を切り取ってしまっていた
  ごめんなさい。爆笑してしまいました。
そこまで、pocoさんと一緒に、pocoさんちの中を探してる気になってました♪

裁断ミスのショックは、大きいですねー。
でも、まだ、残り布で良かったとしましょ♪

同病相憐れむ

へへっ~~~

やってしまうよねえv-404
モリさんじゃあないけど、「私出来る!!」って気分良くしていたのに、その後にすっかり自己嫌悪!!ってこと。
でも、まあ今回の事はウッカリしてた事なんで・・・

そういえば昔、昔「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」ってあったの思い出したv-363v-363


あらら…

こんにちは。

ちょっぴり残念、でも手作りに失敗なしですよ。
試しに別の布をあわせてみたらまた、いい感じかもしれませんしね!

出来上がったらぜひ写真見せてくださいね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

♪もりママさんへ

もりママさん、同士と呼んでいいですか?(笑)

あまりの間抜けさに自分で自分を叱りました

こうなったら、めげずに作りますよ
麻雀なんかで時間をつぶしてる場合じゃないわ
わずかに残った生地をどうやりくりして、作ってやろうじゃないの

動きの悪い脳細胞を使う機会になって、怪我の功名かもv-411

♪SP♪さんへ

一緒に探させてしまったみたいで、ごめんなさいね

よくドラマなんかで、衝撃の事実が分かった時に
ストップモーションがかかるでしょ?
あれやりました(笑)
まさか!犯人は私!?と
裁断ミスした生地を持って立ちすくみましたよ

その後おバカな犯人は
なんとかミスを繕うべく作業続行しておりますですv-221

♪カズの妻さんへ

カズの妻さんも同士と呼ばせていただきます!

それにしても
>「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」
がでてくるなんてv-407

知ってる人は正直に手を挙げて~~v-411

♪mikomonaさんへ

>でも手作りに失敗なしですよ。
ワア、励まされる言葉ですねえ

>試しに別の布をあわせてみたらまた、いい感じかもしれませんしね!
残った生地を何とか工夫してみたら
最初やろうとしてたのより、良さそうな感じです

“窮すれば通じる”のかもv-411

♪鍵コメントさんへ

まあ、お久しぶりです
お元気でしたか?

新しい場所ではもう落ち着かれたのかしら
いい病院が近くにあるといいですね

何かとお忙しいことと思いますが
またお訪ね下さいねv-238

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/660-f15148a5

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2