温泉に行こう!

50肩が、ホントしんどいうっとうしい
気が付いたら、左肩を揉んでるさすってる
温泉につかったら、ああ~気持ちいいだろうなあ

一人暮らしの母のフォローも、ちとくたびれた
温泉につかって、ああ~ちょっとの間忘れたい

おまけにこの猛暑
(見るだけでも鬱陶しいからちっちゃい字にしました
温泉につかったら、ああ~スッキリするかも


カレンダーながめると、2日続きで予定のない日が・・・・・あったあった!
夏場は家でぐだぐだ過ごすのが一番!と思うけど
「温泉に行きたいメーター」がMAX
こりゃ行くっきゃないな

じゃあどこに行こうか

近場に有馬温泉という名湯があるが、近過ぎて気分が出ないし
かと言って遠方まで行くのはしんどいし時間の余裕もない
露天風呂ははずせないけど
値段に糸目は・・・つける

この条件だと
瀬戸内沿いにもいろいろありそう・・・でも暑そう
北の方ならちょっとは涼しいかも
どうせなら行ったことのない場所がいいな、と
兵庫県と京都の境にある日本海、久美浜の宿を予約

し~か~し
北に行けば涼しいだろう・・
というのは大いなる勘違いということに気がついたのは着いてから
緯度ではなく標高がポイントなんですよね
日本海側と言えども容赦ない猛暑でありました

途中の豊岡近辺に至っては町の温度計は37~8度

家の方がよっぽど涼しいやん

でも久美浜湾を目の前にした宿の露天風呂は
湯加減もほどよく
海を見ながらいつまでも入っていたい気持ちよさ
わしゃ満足じゃ~

途中で天然記念物のコウノトリが見られたことや
夫がランタスを持って行くのを忘れた顛末などは
また後ほど

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

同じルートだ!

豊岡通って丹後半島に行ったのよ・・・40数年前だけど(笑)
時期も同じで・・・そう暑くて、豊岡の玄武洞へ行くのをあきらめたもの(笑)天橋立は頑張って昇ったて見たけど・・・うふふ

私は温泉はイマイチなんですよ、すぐにのぼせるから(大笑)
お風呂もカラスの行水の人ですからねぇ・・・(´ヘ`;)
でも確かに50肩には良いかもね。

ご主人様、ランタス忘れられて大丈夫でしたか?
でも、ポンプの方は超速効のラピッドオンリーの注入らしいから、こまめに打てば良いのかしら?
どう対処されたか、是非教えて下さいませ。つづき待ってまーーす!

いいないいな~♪

温泉いいな~・・・・・と、左肩をさすりながら、記事を読む・・・・・

あ、でもね、私、まだ年齢的に、50肩クラブへの入会資格ないんですよ~♪
(首の皮一枚ですが。)

暑いときでも温泉はイイですよね〜♪
わたしもお盆に岐阜の奥飛騨温泉にまた行ってきます!
体のどこかが痛いときは、熱をもっていなければ、温めるのがイイんですよね。

五十肩は父が数年前やってて辛そうでした(70すぎだったけど)。
かぶりもののシャツが着れなくて、前ホックの肌着を買ってましたよ。
だれでも1年〜2年すれば自然に治るそうで、もうケロッとしてます。

そば殻のまくらだと肩が冷えるそうなので、肩周辺だけワタとかのほうがいいらしいです。
おだいじに〜〜v-10

♪もりママさんへ

わあ、そうだったんですか
昔からあの辺りって暑かったんですね

私も暑いお湯は苦手なんだけど
久美浜の宿の温泉は少しぬるめでとてもよかったです
温泉につかりたい、なんてちょっと前までは思いもしなかったのに
この頃じゃ、湯治に行きたい(笑)

> ご主人様、ランタス忘れられて大丈夫でしたか?
>でも、ポンプの方は超速効のラピッドオンリーの注入らしいから、こまめに打てば良いのかしら?
ご想像の通りです
けど実際にはそこまでやる必要もなく済んだんですけどね

忘れたのがラピッドでなくてよかったです

♪SP♪さんへ

> あ、でもね、私、まだ年齢的に、50肩クラブへの入会資格ないんですよ~♪

良かったですね
50肩クラブは30代でも40代でも入会できるんですよv-8

大歓迎です
一緒に肩さすりましょv-441

♪カッパさんへ

> わたしもお盆に岐阜の奥飛騨温泉にまた行ってきます!
またお父様の企画ですか?
奥飛騨温泉・・・響きがイイな
そこなら涼しくて快適でしょうね

>体のどこかが痛いときは、熱をもっていなければ、温めるのがイイんですよね。
手を置くだけでも気持ちいいですものね

> かぶりもののシャツが着れなくて、前ホックの肌着を買ってましたよ。
最近暑いので
髪を縛ろうとしたら、左手が上がらないからできない
手を伸ばせないから、左側にあるものを取りにくい
意外なところで結構不自由です

> だれでも1年〜2年すれば自然に治るそうで、もうケロッとしてます。
2年は長いなあv-292
早く治す方法は・・ないのかなあ

> おだいじに〜〜v-10
ありがとう!

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/675-ec718af2

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2