スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランタスは水か?

先日の温泉行きの際
家を出てほどなくして夫が
「あっ、忘れた!」と声を上げました

「何?入れ歯?」
(夫の名誉にかけて言うなら部分入れ歯)

「いや」

「パンツ?パンツなら途中で買えば?」

ロマンチックな会話です


「いやちがう、ランタス忘れた」

あらまあ、それは途中で買うわけにはいかないわね


でもラピッドでなくてよかった
ラピッドだったら、取りに帰らないといけないところでした

たったの1泊、明日の午後にはもう帰っているし
少々の高目は覚悟で過ごすことにします

夫は通常就寝前にランタスを8単位打っています
「計算上は1.5時間に0.5単位打てばいいんだよな」

計算上はね・・・

夜中にも1時間半ごとに起きてチビチビ打つ?
はなからやる気はなさそう

10:00pm 80で、早寝の夫就寝

1:30測定 129 

4:30   222 

やっぱり少し上がりました
どうやらランタスは水ではなかったようです

後はラピッドが対応してくれたので特に問題なし

新格言
大は小を兼ねる・・・ラピッドはランタスを補える!

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

有難い!

お帰りなさい!

我等が世代の会話だわ~うふふ
車内のお二人の様子を想像できます(爆笑)

私もランタスに変更したから、とても参考になりました。
夜中の測定値、有難いです。
でも、私は夜8単位だけでなく、朝も7単位打たねばならないから、忘れたらもっと上がるんでしょうねぇー。
最近、お出かけの際にIDDMセットを忘れがちな私、ホント、ラピッド忘れたら食べるの我慢するか、炭水化物を含まないものを食べ、急いで帰宅する等と大変なのよ(笑)
ご主人様ランタスだけの忘れ物で良かったですね〜
新格言、お見事(^_−)−☆

♪もりママさんへ

くたびれた初老の夫婦の会話はロマンのかけらもありません

ランタス忘れ、どうってことない顛末で申し訳ない

そもそも昔は、ランタスなどなかったんだから
なくったって一応対応できるはずですよね

そっかあ
もりママさんはランタス2回打ちでしたね
その場合の打たない時の影響はどれくらいなんでしょう

って、そんな心配する前に忘れなければいいんだったv-411

打たなくても大丈夫!

数年前朝のランタスv-74を打ち忘れて、ラピッドで代用するべきか出先からあわてて病院へ電話をしたら、「1日くらい打たなくても大丈夫ですよ〜」との返答でした。
実際、その日は上がるかもと覚悟していたのに、なんら変わりのない・・というか、いつもより落ち着いたステキな血糖値で過しましたv-238

一度経験しておくと、次もあわてなくてすみますね!
次の通院時に先生にこの件をお話しして、どういう対処がいいのかご意見を聞いてみてほしいです〜。

お疲れ様~♪

とはいえ、夜に測定お疲れ様でしたー♪
1回経験しておくと、次回から安心かもー e-319

♪カッパさんへ

> その日は上がるかもと覚悟していたのに、なんら変わりのない・・というか、いつもより落ち着いたステキな血糖値で過しましたv-238

ねっ!
あ~打たなくても何とか行ける、って感じでした

以前まひまひさんがランタスは水か?って記事書いてたことがあったなあと思いながら
タイトル付けました
その頃夫はまだランタス使ってなかったので、意味が良く分からなかったんだけどね

振り返ってみれば、昔は超遅効インスリンはなかったわけですもんね

人間便利になれば初歩を忘れるので、たまにはこういうことで基本に立ち返るのもいいのかもv-411

♪そらちゃんへ

昔はランタス無しでやってたのにね
便利になったら、昔どんなふうにやってたかも思い出せない

まあつつがなく過ごせたからよかったけど

今後は気をつけなくっちゃ、と夫が言ってますv-389

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/677-9274223f

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。