スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘やかしすぎ?

朝、階下に降りると
チャチャチャという足音
しっぽを懸命に降って駆け寄ってくる小さな姿

抱きしめて
「りくたん、おはよー
ひとりでネンネしててえらかったねえ」
だなんて
ひと様が聞いたら
「あほかいな」と思うよね、ゼッタイ。

最初は少し遠慮気味だったりくちゃん
私たちを新しい親だと認識してきたのでしょうか
だんだん甘えてくるようになりました

それがまたうれしい飼い主バカ

帰宅後、抱っこをねだられたら
よしよしと、汗も拭かずにいそいそ座り込む夫
見つめる

でかい態度



テレビ見る時だって

態度でか!





つまんねぇから
チャンネル変えろ、と仰せです・・



この調子で甘やかしてると
どんどんワガママになっていきそう

もっと厳しくしないといかん!

・・・ねっ、りくた~ん

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

おっさんかっっ!

おっさんぶり全開やねー(寝姿)v-208

あははは・・

でもちゃんと、するべきしつけはしてるんでしょう〜?
まだ陸くんはあたらしい家族との距離感をつかみ中なんでしょうね。
大事な時ですね!

「つまんねえから・・」ってセリフ、ほんとに言ってそうな顔しちゃってるー。
pocoさん犬語がわかるのv-236

じぃ~っと♪

見つめ合う・・・・・
信頼しきったおめめですね♪

こんな表情されたら、そりゃ、甘やかしたくもなりますね~

pocoさんご夫妻の声は、1オクターブ以上、上がってるんじゃないですか♪

うふふ

お2人のメロメロぶりがなんとも愉快!

陸くん、我が意を得たりってお顔してますねぇ・・・
お母様にもとても良いセラピー犬ぶりだと想像出来ます。
1人で眠ってくれるなんて、凄い!
私は、どの犬の時も、最初は心を鬼にして「1人でケージで寝てね!」ってしつけを頑張るんだけど・・・
結局はクーンクーンって鳴き声に負けて、ベッドに連れて行くようになり・・・気がついたら、頭の上を囲むように寝てる子犬にほだされて・・・アハハ
で、どの犬も我が家に泊まると、一目散に私のベットに駆け上がるのよ。ワクチンなんて「早くベッドに行きましょう!」って催促してたわ(笑)
さすが陸くんはしつけが行き届いてたのね。素晴らしい!
ホント、良い里子ですよ。

きゃっ☆

テレビ見てる陸くんのあのゆったり感、なかなか見れないですね~!
そしてあの旦那様を見つめるまなざし…
もぅ、ため息が出るくらいカワユス♪

なんだか自分が飼っていた愛犬との生活とダブッてしまいますね。

陸くんはゲージで寝てるのですか?

♪そらちゃんへ

んまぁ、この可愛いりくがおっさんだなんて!

でも腹巻して、ねじり鉢巻きしたら・・・めっちゃ似合いそうv-424

今度コスプレさせてみようかv-21

♪カッパさんへ

> でもちゃんと、するべきしつけはしてるんでしょう〜?
心を鬼にして・・・夜は一人で寝る!を励行中
あとは・・・てへへv-398

> pocoさん犬語がわかるのv-236
りくは、顔で訴えるんです
抱いて、お腹すいた、眠い・・・・でも、この程度のことなら誰でも分かるわね(笑)

♪SP♪さんへ

> こんな表情されたら、そりゃ、甘やかしたくもなりますね~

君の瞳は100万ボルト、以上ですね

> pocoさんご夫妻の声は、1オクターブ以上、上がってるんじゃないですか♪
上がってます上がってますv-398
やさしいもの言いになって、夫婦げんか・・・そう言えばしてないよ

りく効果絶大です!

♪もりママさんへ

前の飼い主さんが、キチンとしつけられてたようで
眠くなったらちゃんとケージに入ってたんです

でも今度の飼い主が甘々で、せっかくのいいしつけを崩してしまいそう

> 結局はクーンクーンって鳴き声に負けて
わかるわあ

心を鬼に・・・・たれ目の顔見てると
鬼がおたふくになっちゃうv-394

♪みぃみぃさんへ

最初は当たり前みたいに自分から入ってたんですが
ケージに閉じ込めるのがいやで
扉を開けたままにしてたら
だんだん、入る時間が短くなって・・・

でも、最後に電気消す時は
「おやすみ」って鍵かけるようにしてます
心を鬼にしてね

鬼心、いつまで続くかなあ(笑)

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/690-2685afde

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。