スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスで行く南アルプス

友達に「南アルプスの紅葉見に行かへん?」と誘われた

南アルプスって・・・あの高い山の南アルプス?
と・とんでもないそんなんムリムリと言ったら

「だいじょぶ、歩いて登るわけやないから」と言います
バスを乗り継いでアルプス山中を巡り「バスの中から、紅葉を愛でる」んだとか

へえ、そんなことが出来るん?
アルプスの紅葉・・・見事やろうなあ
バスに乗ってるだけなら、足腰頼りなくとも問題ない
ただし、いやになるほどバスに乗るのは覚悟しないといけないらしい

友人のダンナさんは凝り性
そのダンナさんが綿密に立てた計画だ、面白いかも・・・

もひとつルートもわからんまま、夫婦で参加表明
友達もう一人も加わり結局5人で行くことになった

ちょうど母のところへ行く日なので、急きょヘルパーさんをお願いし
りくは近所の友達が預かってくれることになって
後顧の憂いは無くなった

出発当日は、うれしくなるような青空
おお!山が待ってるぜ

まずは大阪から高速バスで長野県伊那市まで5時間余り・・フゥ~

そこからJRバスで伊那~高遠へ これはものの20分ほど
伊那高遠

高遠は、城下町らしいしっとりと落ち着いた感じ
焼きみそと大根の搾り汁でいただく高遠そばと言うのがあるらしいが
次のバスの乗り継ぎ時間が短く、悔しいがあきらめる
桜で有名なので、春には観光客であふれるのだろうけれど
この日、高遠駅発のバスに乗りこんだのは私たち5人だけ

でもちょうど下校時なのか途中の停留所で小、中、高校生が次々乗ってきた

小学生は乗り込んでくる時に「お願いします」
降りる時には「ありがとうございました」と運転手さんに声を掛けて、清々しい
ランドセルからリコーダーがのぞいている
音楽会の練習してるのかな?

停留所で手をつないで待っていた高校生カップルは女の子だけが乗ってきて
残った男の子にいつまでも手を振っている
おそろいのマフラー・・・フフ、青春だね

なんて思ってるうちに、窓外は徐々に紅葉した風景が見えだして来たけど、こんなもんじゃないよね
山里の紅葉

子供たちがみんな降りて、ほどなくその日の宿
仙流荘(国民宿舎)に到着
南アルプス林道バスコース

わあ!目の前の山々が西日に赤く染まっている
赤く染まる山
♪~入り日に山々赤く映ゆる(ローレライより)・・・山って本当に赤くなるんだなあと驚く

山のシーズンには登山客でいっぱいになるというこの国民宿舎も
わずか5組ほどのお客さんしかいない

さあ、翌日はいよいよ南アルプス林道バス
ガールズトークはほどほどにして早く休むとしましょう

明日も晴れますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

1週間ぶりのネット

1週間ぶりのブログ散歩が、更新30分後とは、奇遇♪

次の日の報告、また1週間後に~ v-22

秋の夕日に~♪

先日見たNHKのアルプス縦走を5日間でという番組は、ひたすら南北アルプスの尾根を走る競技で、アルプスの素晴らしい景色と人間の小ささに、ある意味感動したんですよ(笑)
でも、pocoさんの今回の旅になんだかホッとしました。
結構タイトなスケジュールみたいだけど、乗ってるだけで車窓からの紅葉を楽しむのは、わたし好みかも(笑)
時々、山の空気も吸えるし~ うふふ
ただ、私は車酔い体質なのが心配、pocoさんの体験談を参考にしたいな〜

こちらは昨日から天高く秋晴れ、そちらも晴れて、残る旅路の安全と幸運を祈っています!

地元~!

実家から近いです!
ちゅーことは、実家からpocoさんとこまで5時間かぁ。

今年は紅葉が何年に一度の美しさらしいですから、ワクワクしますね~♪
いいなぁ!!

No title

紅葉以外にも素敵な光景と出会えたのですね。
これは幸先が良いわ♡
それにしてもバス5時間の旅…オシリ痛くなりますね。^^;;
そして、そして。乗り換え時間が短くて美味しい物を逃してしまったのは痛い!
素敵な紅葉のお写真、楽しみにしています。^^

♪そらちゃんへ

えーっそんな貴重なブログ散歩タイムに遭遇!?
アハハ、月4回しか会えないってことね
そのタイミングで更新できてたらいいんだけどねv-411

♪もりママさんへ

アルプスへ行くなんて縁のないことと思ってたんですけど
このコースいいですよ、ほとんど歩かないでいい(笑)

でもあの景色を見てると、無性に山を歩きたくなったんだから
自然の力は偉大だv-217

そう言えばだれも車酔い心配したんですが
景色に見とれてたからか、まったく感じませんでしたよ

私たちは1泊したけれど、関東からは日帰りできるらしいです
宿泊数を増やせば、ゆったりとしたスケジュールを組むことも可能かもv-218


♪カッパさんへ

> 実家から近いです!
カッパさんのご実家が長野だってことは知ってたけど
そうだったのかあ、いいところですね

じゃあ南アルプス林道にも行ったことあるかもね

食事したお店や、バスの中での子供たちの会話などを聞いて
言葉がとてもきれいなところだなあと思いました



♪ともかさんへ

関西から信州は遠いですv-394
関東からは半分の時間で行けるんですよね

バスはいろいろ乗り継ぐたび少しずつ変化が楽しく、あまりしんどいとも思いませんでした
帰りの新幹線が一番疲れたかもv-389

やたら写真は撮ったんですけれど
景色の一部を切り取るだけでは、自然の素晴らしさは少しも写しきれず
やっぱり目に焼き付けるのが一番ですね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/711-4066b3fb

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。