紅葉堪能

ところで南アルプス林道っていうのは
長野県伊那市と山梨県南アルプス市の間にある林道で
一般車の乗り入れは禁止
バスの運行は6月25日から11月15日(今年は)まで
これ以外の期間は冬季閉鎖なんですって

1年のうちたった4カ月半しか走ってないバスに乗れるなんて
なんかうれしい

しかも、時期によると登山客が列をなすというのに
10月も終わりのこの日 仙流荘前8時5分発のバスに乗ったのは私たちと大きなリュックをもった数人だけ
窓外の景色を楽しもうとみんな思い思いの席に陣取ります

バスが走りだすとすぐに、紅葉した山が見えてきました
紅葉809

南アルプス林道の入り口となる赤い橋が合図のように、一気に紅葉の度合いが高まります
赤い橋814

紅葉839

このバス
ただの路線バスと違うのは、運転手さんがガイドしてくれること

黄色く色づいたのはカツラの木
バス840

向こうの稜線の間に見える小さな穴がわかりますか?
あれは鹿窓と言って雨や風で侵食されてできた自然の穴です・・・などと
IMG_3570.jpg
スポットでは徐行もしてくれます

素晴らしい紅葉に何度も歓声を上げているうちに北沢峠着
ここで一旦バスを降ります
乗り継ぐバスが来るまで山荘(長衛荘)で一休みしましょう
長衛荘935

標高2030m
大した苦労もなくこんなところまで来られるなんて申し訳ない(誰に?)

山荘の中ではストーブがたかれ
ストーブ
登山客用の雑魚寝の毛布がズラリと敷き詰められていましたが
山に登る人はもうとっくに出発したのでしょう、人影はありませんでした

しかしこんな山の中でも水洗トイレが完備され
美味しいコーヒーが飲めるのですからビックリ
ただ、評判のパンはシーズンオフで終了してしまっていたのは残念

ここは長野県と山梨県の境にあり
ここからは南アルプス市営のバスになります

失礼ながら南アルプス市と言うのがあるとは知りませんでした
近隣の6町村が合併して出来た市で本州では初めてのカタカナの名前の市なんだとか
まあね、富士市があるんだから南アルプス市でもいいんだけど
直接的すぎて、ミネラルウォーターを連想してしまう
多分、山が多すぎてどれか一つの名前に決められなかったんだろうなあ

山梨側も長野に負けず劣らず見事な紅葉
こちらのバスは音声ガイドの他に、ちょうど乗り合わせた話上手の職員さんによる解説付き
紅葉104

紅葉109
カーブを曲がるたび、次々新しい美しさが見えるものだから
みんなできれいきれいを連発して
乗務員の人が笑い出す始末


こんな景色を、バスの中から、さっと見て通るだけなんてもったいない

「歩きたいなあ」って言ったら
次の停留所までは歩いても30分くらいだよ、荷物は運んどいてあげるから歩いたら?って
まあ、うれしい!

他の人は乗っていくって言うので、夫と二人急いで降りました。
歩く1019
バスが行ったあとは
鳥のさえずりと、風が葉っぱを揺らす音だけ
なんて清々しいんでしょう

♪~松をいろどる、カエデやツタは・・・・歌が口を衝いて出てきます
山のふもとの裾模様
まさしく山のふもとの裾模様

木々の間の紅葉

バスの終点、広河原まで下りて行くと
日本第2の高さを誇る北岳が雪をかぶった頂上をクッキリと見せてくれて
また感激
北岳
いくらカメラに収めようとも
目で見る美しさなどとらえることができないのに
ついついシャッターを切ってしまう凡人

ここからは山梨交通バスで一気に甲府まで
1時間足らずの距離なのに料金2000円!
えーーっ高!と庶民感覚が頭をもたげるけど
じゃあ歩く、と言うわけにもいかないしね
これだけの紅葉を楽しませてもらった後だもの
よしとしましょう

甲府からはJR身延線で静岡へ、そして新幹線で新神戸へと
1泊2日南アルプスの紅葉堪能の旅を終えたのでした
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

すごー!!

さいごから3番目の写真がいちばんスキです!
色とりどりでちょーキレイ!!
いいもの見せてもらいましたv-10
絶景(山道)で、みんなバスの片側に寄ったら倒れないかと心配になりました。

少し歩けたのも、より景色を堪能できてよかったですね!
空気感とかは、バスでは味わえません。

わたしも山に行くと「伝わらない写真」が撮れ撮れです。pocoさんでもー!?
迫力の斜面が、そーでもない感じに写っちゃいます。
修行が足りないんでしょーか。

実家は伊那よりちょい手前の飯田〜松川のあたりです。
通ったでしょ♪
景色が似ています〜。

長野は日本一ガソリンが高いそうです。海が遠いほど高くなるんだって。
高速SAのほうが安い。(高速は全国一律)
山梨のバス料金高いのは、そういう理由もあると思います。
山は馬力もいるし、寒いから暖房も使うし、ガソリンくいますよね〜。
 

焼き付ける!

素晴らしい!
やっぱりアルプスの紅葉は違いますねぇ・・・
織りなす錦の向こうに冠雪の山々なんて、ここいらでは無理だもの(笑)

主人もよく「目に焼き付けて来た、心に刻んで来た!」って言うのよ。写真を撮るよりその方が良いのだって・・・アハハ
ファインダー越しでは味わえない感動があるなんて、凄いですよね。
30分でもご夫婦で、山の空気の中、歩いて来られたのは幸いでしたね。
私も、お写真見せてもらいながら「秋の夕日に〜照る山モミジ♪」って口ずさみましたよ。うふふ

♪カッパさんへ

通りました!伊那に着く前に・・・
カッパさんのおとーさん、おかーあさんって叫んだら聞こえたかもねv-391

長野県に入るといつも、ああ山の国だなあと思います
しなの、という響きが好き。きりっとした空気も食べ物もいいのに
そうかガソリン代が高いのかv-390

> 絶景(山道)で、みんなバスの片側に寄ったら倒れないかと心配になりました。
そう!みんなもそう思ったのか、何となくバランスよく座ってましたよ(笑)

> わたしも山に行くと「伝わらない写真」が撮れ撮れです
景色見て、撮った画像見て・・がっかり
見た以上のものなんか撮れないのに、なのにまた撮る、なんだろこれ

心の目に焼き付けるから、写真は撮らないの、って言ってみたいんだけどv-389
まあ、こうやって帰ってきてから復習はできるという利点はあるけどv-8

♪もりママさんへ

> 主人もよく「目に焼き付けて来た、心に刻んで来た!」って言うのよ。写真を撮るよりその方が良いのだって・・・アハハ
やっぱり!?潔いですね
きっと写真を撮らない方がちゃんと見られると思うんだけどね
撮って持って帰らないと、って思ってしまう貧乏性なんですね

> 30分でもご夫婦で、山の空気の中、歩いて来られたのは幸いでしたね。
はい、やっぱり山は歩かないと、と思いました

> 私も、お写真見せてもらいながら「秋の夕日に〜照る山モミジ♪」って口ずさみましたよ。うふふ
紅葉を見ると出ますよね、この歌
明治時代に作られた歌ですけれど
どれほど時を経ようとも、紅葉の素晴らしさは同じなんだなあと思わせられますね

え”~!?

ごめんなさい・・・・・
ご無沙汰しっぱなしで。

遊びまくりの生活を送っています。
そのツケか先月末から風邪がなかなか抜けきらなくてーーー。

で、え”-!!?です。
甲府→静岡だと富士川号ですね?
連絡してくれればよかったのに~
駅までチョチョイの距離だし。
(あっ、すべては私が悪いんだけど・・・)

白くなった富士山見られました?
10月20頃から急に雪化粧が進んだんですよ。

あ~あ、それにしても会いたかったなあ。v-292

♪カズの妻さんへ

そうそう、確か富士川10号v-218

連絡したかったんですが、とてもタイトな乗り換えスケジュールだったので・・
でも静岡駅でカズの妻さん~って、叫んだんですよv-411

甲府⇒静岡の特急の中から富士山が見えたけど
上は雲がかかってたので冠雪は分からなかったの
新幹線に乗った時はもう暗かったし

いつかきっと、ゆっくり見に行きますね

風邪は万病のもと
無理せずしっかり治してね

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/712-ec4b79d1

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2