しなやかな体目指して

ドッグヨガ始めました

コブラのポーズ  
コブラのポーズ
伸びた後ろ脚がポイント

続いてくつろぎのポーズ
休息のポーズ
無我の境地の顔がポイント

参照・・ヨガッパカレンダー
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

か・かわいい~♪

こういうポーズしますよね(^-^)
かわいいな~(^-^)
うちのワンはくつろぎのポーズは
今は出来なくなりましたが、
あの緩みきった無防備なポーズを見ると
おいおい、君は本当に犬かい?
と、つっこみつつ、思わず笑いが
こみ上げます。

ヨガ犬

ワァー、陸くんお上手!
我が家の三匹もコブラとくつろぎのポーズが大得意!
でも、くつろぎのポーズの時は熟睡中のお嬢様方なんですよ(笑)
甘えたのだんごは特にこの二つのポーズが得意よ。
このポーズでお腹をさすって~と要求するし、コブラのポーズで匍匐前進する時は、おいたをして叱られてきまり悪いからで、ヨガ犬とはほど遠いわ(笑)
まっ、短足だからいつも匍匐前進みたいなんだけど(笑)

陸くんと一緒にヨガ頑張って!

♪花楓さんへ

ネコのポーズとかねじりのポーズとか得意ですよね(笑)

人間も年とるにつれて、いろいろできなってきますが
そうですか、ワンコもくつろぎのポーズはしなくなるんですか

後の寿命を考えると、りくとの一日一日を大切にしないと、と思います
花楓さんちのワンちゃんのお名前、今度教えてくださいね

♪もりママさんへ

そうそう、コブラのポーズで匍匐前進・・・やりますやりますv-218
そんなことされたら、叱りたくても叱れませんね
彼ら、甘え上手で、人間様の弱みをよく知っています

それに寛ぎのポーズで熟睡も・・・愛玩犬には野生の本能はないんでしょうね

ワンコ達の柔軟さに少しでも近づけるよう私もヨガ頑張ります!

年賀状に・・

おぉっ。
犬だけどコブラのポーズで来年の干支の年賀状にできそうですね!
ネコがネコのポーズしてて、「おお!これがホンモノ!」と思ったことはあります。
ほんとに気持ち良さそうにしますよね〜♪
りくくんのネコのポーズも見たい☆v-10

♪カッパさんへ

> 犬だけどコブラのポーズで来年の干支の年賀状にできそうですね!
それはまったく思いもよらなかった、グッドなアイデアv-21
ヒントありがとう!

ネコのネコのポーズはさすがに上手いでしょうね
イヌのネコのポーズも結構イケます

シッポ追っかけまわすのなんかはまるで小犬のワルツ・・・なんて相変わらず飼い主バカ全開ですv-8

ありがとうございます(^-^)

うちのワンを紹介します♪
名前はアールです(^-^)
クリアレッドのミニチュアダックス♂です。よろしくお願いします。

くつろぎのポーズやねこのポーズはヘルニアで背中が曲がっているせいで難しくなりました(>_<)

♪花楓さんへ

アール君ですか!うわあ、見てみたいなあ

ダックスはヘルニアになりやすいらしいですね
優しいお母さんにいっぱい甘えてるんでしょうね

アール君しっかりご飯を食べて、長生きしてね!

お見せしたいです~(^-^)←親バカが激しく炸裂いたしますよ(^_-)

生まれつき骨の具合がよろしくなかったようで、7年前と去年の震災前に手術しているのです。一度目はリハビリで完全回復しましたが、年のせいもあり、今はオムツさん。それでも自力排泄し、振り幅は狭くなりましたがしっぽもパタパタ、一瞬だけ立つ時もあります(^-^)あとはオットセイスタイルで素早く移動(笑)

♪花楓さんへ

2度の手術を乗り越えて懸命に生きる小さな命
クリアレッドの愛らしいアール君が、花楓さんに甘える姿を想像しています

いとおしいですね

アール君がんばれ!

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/719-5e9cf9ba

まとめ【しなやかな体目指して】

ドッグヨガ始めましたコブラのポーズ続いてくつろぎのポーズ参照・・ヨガッパカレンダー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2