クリスマスドキュメント

なあなあ、サンタさんってホンマに来ると思う?  
いい子のところには来るという話やけど
2匹でお話

まだ来ないなあ
サンタさんまだかなあ
       なんか、眠くなってきたよあくび


りく、起きろ!鈴の音や! 
   リンリンリン・・・リンリンリン
鈴の音が聞こえる

HO!HO!HO!いい子のみんなにプレゼント持ってきたよ
ho-ho-サンタだよ

りくちゃん!
あずき父さん特製、完全無添加、愛情一杯ササミジャーキーや!
上手いよ、これは!ボクにも分けてよね
特製ささみジャーキー
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

よかったね(^-^)

りくくん、サンタさんが来てくれてよかったね\(^o^)/
プレゼント、大事に食べるんだよ~♪
今回もまたまた監督さん兼カメラマンさんの腕が光りますね(^_-)
年末年始、お忙しいと思いますが、かわいいりくくんを見せて下さいね~♪

いい顔ばっかり♪

うううー。v-238
りくくん、ぬいぐるみよりカワイイってどーゆーコト!?
本出せますよ本〜!!
りくくん用にレンズ買ったりしてます?
腕が上がってる気がスル〜v-212

♪花楓さんへ

暮れの忙しい時にこんなことしてていいのか(よくない!)
と思いつつ、止められません(笑)

スペシャルジャーキーは、お留守番の後などスペシャルな時にケチケチやっています
陸の夢は、ジャーキーをたっぷり食べることだろうなあ

陸はサンタさんが来てくれてありがとう
私たちは、陸が我が家に来てくれてありがとう・・です

♪カッパさんへ

りくを口実に新しいレンズを買うという案はいいかもv-218
軽い新しいカメラに替えるというのはもっといいかもv-392

本のタイトルは「りくえすと」にしようかなv-398

こんなちっちゃいワンコ1匹で
夫婦の会話が増え、うちの中に笑い声が増え、友達の来訪が増え
夢まで出来ちゃいました

いいんですよぉ(^-^)

いっぱいいぃっぱい!かまって下さい(^-^)
人間よりはるかに短い命です。
私たちの一日が彼の一週間にも匹敵すると思うと
仕事のためとは言え、幼犬の頃から毎日お留守番させていたことも
今さら胸が痛いです。
生まれつき骨に問題ありの子でも
一緒にいる時間が長ければ悪化の兆候にもっと早く
気づけたのではないか?とか、今もたまに考えますね。
とは言え、今もこれからも彼は私たちの愛しい癒しの獣です(^-^)

アハハ

朝から和みました!
まるでかもめが陸くんのお頭に乗っけてもらってるみたい(笑)
時々、だんごの上に乗っけてもらって、こんな感じになるから(だんごは閉口してるけどーーーー笑)
ささみジャーキーこんだけ盛られたら狂喜乱舞だわ!
いいな〜〜〜〜〜〜(おんぷ、だんご、かもめ代弁 笑)

♪花楓さんへ

> いっぱいいぃっぱい!かまって下さい(^-^)
そうですよね
りくは、4才になってからうちに来たのでより短い期間しか一緒にいられないんですものね

このうちに来てよかったね、と友達が言ってくれます
多分りくもそう思ってるんだろうな、って思ってるんですよ(笑)

>今もこれからも彼は私たちの愛しい癒しの獣です(^-^)
こんな思いでお世話してくれる飼い主さんで、アール君は最高に幸せですね
尻尾もあんまり振れないということですが
きっと目で、体全体で親愛の情をあらわしているんでしょうね
頑張れがんばれアール君、りくと共に応援しています

♪もりママさんへ

まあまあ、4人のお孫さんと3匹の犬の喧噪のなか、コメントありがとうございます

若い子(笑)達に囲まれているとテンションあがるでしょう?
ワンちゃんたちも興奮してるんじゃないかしら

かもめちゃんonだんごちゃんの姿、見てみたいなあv-10

ササミジャーキーは大盛りは写真だけv-8
少しずつしかやりません
でももらったら、くわえて大急ぎでハウスに飛び込む、その様子がかわいくて
結局またやったりv-411
りくの思うつぼ

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/732-4c59b54e

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2