スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7分の3

7分の3・・・

さて
この数字は何でしょうか?



先週一週間に
夫が低血糖を起した回数です

7日間で3回・・・・
意識はあるが自覚はない、自分で対処のできないヤツ
つまり無自覚低血糖です。

測ると決まって50以下
本人はその直前まで普通
ただ、ほんの少し??と感じる程度の変化があります。

例えば、新聞を読んでいるけれど、目が泳いでる・・・
例えば、いつもはしない体勢でテレビを見てる・・・

先日は、チラシ配りをしているおじさんを見て
声をひそめて「あの人どう見ても怪しい・・」と言いました。
どう見ても怪しくありません。

測ると41でした。

こんな時でも
「大丈夫?」と聞くと「大丈夫!」と答えます。

条件反射・・・・
幼児に「おりこうさんしてたら、ごほうびあげるからいい子にするのよ、分かった?」と聞くと
わかってなくても「分かったぁ」って答えるあれと一緒ですね。



低目を狙っておいて、補食で適正数値に上げる・・・
というのが夫がよくやるやり方です。

補食で上げるくらいなら
最初から少なく打てばいい、と私は思うのですが
いったん高めが出ると、追加打ちしてもなかなか下がらないから、と言うのが夫の言い分です。

でもこれでは、一時的とはいえ
低血糖レベルの時間は多くなるわけで
そのせいで、感知能力が低下してるのではないんだろうか・・・

最近の無自覚の多さに、私はそう感じています。
もう少し上方修正してくれたらいいのに・・・と

夫は夫で
自分の体を実験台に、試行錯誤の上見つけたやり方ですし
現にうまく行くことも多いので
この軌道は変えたくない!と思っているはず・・
何年も、HbA1cを下げることに精力を傾けてきたから
ちょっと高い数値が出ると、過敏に反応してしまうのも分かります

でも・・・・

無自覚低血糖に陥って
壊れてしまったかのようにぼんやりしたり
さっきまでの穏やかさはどこへ言ったの?というような豹変ぶりで
私をののしる姿を、もう見たくないと思うのは
・・・・わがままでしょうか。






スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

う~ん

難しい問題ですよね。
合併症を防ぐために血糖値を低めに保つ。
でも結果として低血糖の回数が増えてします。

何とか血糖値を低く保とうと努力する旦那様の気持ちも良くわかります。
でも自覚のない低血糖がこんなに頻繁なのは心配ですよね。
やはり打つ量を少しだけ減らしてもらうのが一番だと思うのですが・・・
でも本人次第だし・・・
ごめんなさい、全然アドバイスになってないですね。
多分ですけど、旦那様は低血糖の本当の正体をいまいちご存知ないのでは・・・とモコは感じました。
IDDM妻はほんとの正体を知ってるぞ(笑)
低血糖値がここまで人間を変えてしまうとは夢にも思いませんでした。
ビデオに撮って本人に見せるってわけにもいかないですしね。

わがままなもんですか!

おはようございます!

pocoさんの書かれたものを読み、昨日の主治医のお話が身にしみました。
でも、ご主人様のHbA1cへのこだわりもよく分かります。というのは、弟が2型でいつも「このHbA1cが大事!病院で問題にされるのはこれだから・・・」と言ってるからです。なので、私の日々の血糖値スコア記録を最初は笑ってたんですよ。「そんな瞬間瞬間の血糖値やら、問題にせんでも良いと!」とね。(笑)
主治医にお聞きしたら
「2型の方は、自分でインスリンを分泌できますから、HbA1cを問題にされるのは正しいけど、1型の方はインスリンの分泌が出来ないか、残っていても少ししか出せない訳ですから、外から入れてあげるインスリンの量によってコントロールしてるので、余りに低いとか、一般の人に近いHbA1cというのは、過去1~2ヶ月間の平均値という観点から見たら、低血糖状態が多かったとも言える訳ですよ。2型の方とはそこが違うのです。
200台やたとえ300台が出ても、その後下がることもあり、次の食前には又インスリンを打つのだし、一喜一憂しなくて良いとのことでした。
ただ、70以下の時は、たとえ遅れて上がってくることがあったとしても、速やかにブドウ糖を補給して上げて下さい。低血糖は危険ですから・・・」と言われました。
昨日のお話のように「後遺症は高血糖状態を何年も放置していてなるのですから、こうして毎日管理していれば防げると思います。ご自分で低血糖が感知できることが重要ですから・・・」と。
これってpocoさんがいつも希望しておられることですよね。
pocoさんは間違ったこと言われてないんだ!と、お話聞きながら思いましたよ。

ちなみに私の低血糖は7分の5(笑)
でも、46のひどいのが1回だけで、後は69とかの60台で自分で対処出来ます。(大笑)

私もそう思います

何度も言うようですが、POCO夫様に、そんなことはPOCOさまあっての低空飛行だと思いますよ。私のように、最初から一人暮らしだと、そういうわけにはいきませんから~
主治医にも、無自覚&深夜なら、き・け・ん!だからね!って、いつも口すっぱく言われてます。
やっぱ、一度動画で撮って、見せてみては如何でしょう??
今度のVOXで、居残りですね♪私が、説教してみせましょう!!な~んて、無理ですけどね~v-23

うっ・・・耳が痛い

こんにちは、pocoさん。
毎度、pocoさんのブログはタイムリーです。
私も受診してきました。
低血糖も内容と頻度によると思います。

やっぱり、避けなくてはならないのは、
1.昏睡
2.無自覚
3.BG50以下の低血糖
4.頻度
だと思いました。

BG60-70なら、慌てなくてもいいのでしょうが。。。
そらさんと私が、お引き受け?いたしましょうか?(笑)

・・・というものの、私の場合はねぇー、ご主人様と同じようなもんなので。

絵文字~

やっぱり絵文字、おかしい!!なんで”ちゅ~”マークが最後に出てるんだ~v-30
MYさん、説教部屋、作って・・そんで、ブドウ糖攻撃するか!ビスケット食べ放題競争するか・・・何しましょう??おはぎ、何個口に入るか競争??全部、勝ちそうやわ~v-57

>みなさま~

うれしいコメントありがとうございます。

すべて、夫に伝えました(笑)

>モコさん
 そうですよね!夫は低血糖の本当の正体を知らないのです。
IDDM妻しか知らない夫の実態(笑)を知 らせるために、ビデオに撮るというのはgood ideav-21
「今度低血糖になったら、ビデオに撮るからね」って宣言しておきました・・・・しかし私にその余裕があるか?

>もりママさん
 なるほど~~~思わず深くうなずいてしまいました。
主治医の先生のお話、説得力ありますね。
さすがの夫もとっても納得したようです。
いつでも何度でも読めるようにプリントアウトしました。

それより
これだけのお話を、きちんと伝えられるもりママさんの理解力と記憶力に感服です!

>そらさん、myさん 低血糖起してばっかりいたら
次のDMVOXの時、若いお嬢さんと、アラフォーの美女二人に
説教部屋に連れていかれるよ!って言ったら、ニヤニヤして嬉しそうでした。
逆効果だったかも・・・・?

そらさん、説教云々のあとにチュ~の絵文字は、タイミングよすぎ!
poco夫、ますます喜びそう~

両方の気持ちが分かります。。

本人は厳しく行きたいけど、相方からすれば安全にしてくれないとたまったものではない。。
ですよね。
そーっと食事に砂糖を振り掛けちゃえ。
e-250
(注射0.5単位分くらい上げる程度の糖分を忍ばせると、夫婦関係のバランスが取れるかも)

>-kero-さん

>そーっと食事に砂糖を振り掛けちゃえ

これも素晴らしいアイデアです!

愛情ひとさじv-266~とか言いながらね(笑)

そうやん!!

しばらく絵文字、そら限定禁止です。全部違う・・・(ー_ー)!!PCの調子か、ウィルスか~(T_T)

そうそう、keroさんの言うとおり、すこ~しの愛情、入れてみては??

私も、低血糖に関しては、敏感に!です。やっぱ、何度も言うようですが、1人暮らしって、本人の低めでいきたい!と、相手方の安全で!が、共存しますから~(^◇^)

POCO夫様~お仕置き部屋~何が怖いって、無理やり糖分摂取ルーム!楽しそう・・・うふふっっ。
でも、本音は、夫様の気持ちもわからんでもないしな~

>そらさん

夫もおしおき部屋が怖いのか(笑)
ちょっと高めを意識しだしましたよ。

それでも、低血糖起すようなら
砂糖大さじ入れてやる!

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/74-7e41aa04

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。