スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.17に思う

今日集まる予定の友達のひとりから「少し遅れるかもしれない」との連絡がありました

「17日だからね」

あっ、そうか

「朝、東遊園地の1.17のつどいに行ってから
西宮のお寺にお参りをするの。混み具合で遅れるかもしれない」とのこと

彼女のお父さんは阪神大震災で亡くなったのです

「もう18年よ」

年々その時のつらい気持ちは少しずつ薄らいでいる、と思っていたのに
一昨年の東北大震災の映像をテレビで見ているうちに
声が出なくなってしまったそうです

実家に駆けつける時の焦燥感
被害を目の当たりにした時の言い表しようのないはがゆさつらさ
自分の時のそれと重なって
薄らいで行ってるはずの思いが蘇り、身体が反応してしまったのでしょう

18年も経つと、神戸市民のうち震災を知らない割合が4割を越したそうです
それでも
忘れさせない努力を神戸市は続けていかなければならないし
忘れない義務を神戸市民は負っていかなければなりません

6434人の御霊のために

スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

1.17に祈る

「ああーー、今日は命日だわ・・・」と、親友のお母様を思って祈りました。
芦屋の自宅で屋根の下敷きとなって亡くなられたのよ。(涙)
さっき、神戸中央区のキャンドルサービスをテレビで見ながら、あの日6ヶ月だった坊やが高校3年生として思いを語ってるのを見て、もう18年か・・・と、あの日の焦燥感が蘇りました。
忘れないでいなきゃ・・・

ガンバレ神戸!
ガンバレ西宮!
ガンバレ芦屋!

♪もりママさんへ

慰霊の集いに行った友人によると、やはり年々参加者は減っているとか
神戸に住んでいる私たちですら、ああ今日がその日か、と思うくらいですものね
遠い九州からそうやって思い出していただけるのは、お友達にとってもうれしいことでしょう

水がなくて消火出来ない状況に、なんですぐそばの海の水を汲みあげないの!と歯がゆさに地団駄踏んだことや
黒い煙で覆い尽くされた南の空を呆然と見るだけだったこと
阿鼻叫喚の地の近くにいながら水にも食料にも困らぬことに後ろめたさを感じたことなど
せめて今日は思い出しながら、犠牲になった方々のご冥福を祈りたいと思います

ニュースで見ました

ご家族をなくされた方にとっては、一生忘れられないできごとですよね。
お子さんを亡くされたという、わたしの親より少し若い、お父さんお母さんの映像を見て、どんなにさみしいだろう・・と思いました。
その方々にはなんにもできないので、そのかわり、わたしは自分の家族や友人を大事にしよう!っていつも思います。

♪カッパさんへ

街はきれいになって、メモリアルパークにでも行かないと地震があったことすら忘れてしまいそうですが
心が刻まれた記憶は、浅くなることはないのでしょうね

> その方々にはなんにもできないので、そのかわり、わたしは自分の家族や友人を大事にしよう!っていつも思います。
平和な時は永遠に続かない、ということを
一昨年の東北大震災の折にも思い知らされました
自分も周りの人も大切に・・・心掛けないとね

すぐ忘れて夫とけんかして不貞腐れたりしてるけどv-8

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/746-9c6a992b

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。