スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸弁講座

夕食後、夫と日課の町内ウォーキングをしていた時のこと

玄関の明かりを背に
門の外をうかがっているおばあさんがいました。

そして、向こうで手を振る家族らしい人に向かって

「せんど待っとったんよ~」って。


ワァ~久しぶりに聞いた!「せんど」って

北海道育ちの夫に聞いたら
「何のこと?」って

多分、千度からきているのでしょう。
何度も、たくさん、などのニュアンスかと思います。

「長い間待ってたのよ~」という意味になります。
でも「せんどまっとったんよ~」の方が
会えてうれしい感じが出ているように思えるなあ・・・・

最近では、こういう本格的(?)関西弁は
お年寄りしか使わなくなりました。

関西弁は、大阪も京都も神戸もみんな同じように思われがちですが
少しずつ違いがあります。

大阪弁で代表的な「~~したはる」
これは神戸では  「~~しとって」になります。

例えば 
大阪だと「知ってはりますか?」は
神戸だと「知っとってですか?」

「先生が言うてはりました」は
「先生が言うとってでした」になります。

学生時代
[神戸の子は“とんとん”て言う」と
大阪の友達によく言われました。

「どこいっとったん?まっとったんよ~」
「雨ふっとったから、雨宿りしとってん」

「今何しとん?」
「ブログ書いとうねん」
「どんなこと書いとん?」

こんな調子です。
とんとん言ってますねえ!


それから
夫に通じなかった言葉に
「こま」というのもあります

子供用自転車についている補助輪のことを
こちらでは「こま」というのです

ボク、こまなし乗れるようになったよ~」という風に使います

「こまじゃ分からん、補助輪って言え」
と夫は言いますが、補助輪なんてそんなよそよそしい。
あれはちっちゃくって、くるくる回って
「こま」でないと感じがでません!

それから
「持ち上げる」という意味で使う「かく」

これは、舁く(かく) ・・・・(二人以上で)肩にのせて運ぶ。
               「駕籠(かご)を舁く」 
                   (三省堂国語辞典より)    
から来ているのでしょう。

いつぞや、テーブルを動かそうとして
反対側にいる夫に
「そっちかいて~」と言ったら
「どこかかゆいの?」と言われました

これやからジモティやない人は困るんヤワ

なお
関西人はみんな、お母さんのことを「おかん」と呼ぶ・・・と思われているようですが

上品な私は(えっ!)使ったこともないし
周りでも、聞いたことがありません。

あれは、吉本さんちの人たちが使っているだけですので
誤解がありませんように・・・・

あっ、それからもうひとつ

粗大ゴミのことを、こちらでは荒ゴミって言うのですが

これって神戸特有の言葉なんですって!?

全国共通の言葉と思とった!ビックリやわ
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

わあ・・懐かしい!

おはようございます!
私、神戸弁大好きなんですよ。
「せんど待っとったんよ~」なんて、滅多にテレビでも聞けませんもの!
ずいぶん前に「あすなろ白書」というテレビドラマ(有名になる前にキムタクや筒井道隆、石田ひかりとか出演)で、鈴木杏樹が神戸弁バリバリの役柄でしたので、生粋っていいなぁ・・・と、楽しみに見てました。
妹尾カッパの「少年H」も懐かしく・・・

こちら福岡でも少しずつ方言違いますよ、我々夫婦は博多っ子なのですが、たった電車で30分のここ久留米の言葉は、もう20数年住んでるのにしゃべれないし、未だに意味の分からないものもあります。関西でもホントに違いますものね。
よくお友達に「今、なにしと~ん?」と言われてましたよ。

昨日は夕食後1時間ほどして、動悸がひどくなり冷汗が出て・・・測ると39の低血糖でした。(涙)
ここ数日、夕食後測定で低血糖が続きいてるので、夜中の3時にも測定したんですよ。そしたら眠れず・・・(笑)
そんな時にpocoさんのここを読み、まずお聞きした事ないのにpocoさんのやわらかいイントネーションの神戸弁が聞こえて来るようで癒されました。感謝!

そうそう、お友達で「おかん」なんて言う人いなかったです。(大笑)

やわらかですね。

おはようございます、pocoさん。

方言っていいですね。
柔らかな感じがします。
MY地方もありますねー。
でも、自分の方言は「きつい」感じがします。
関西の方がやわらかいかなー。

主治医が関西出身なんですが、関西弁は出しませんね。
ちゃんと、標準語の敬語で話されます。
こういうところで、お互いの関係が分りますよね。(力関係も含む!?)

今度、pocoパパさんとも、「方言丸出し」で話してくるねー。当ててねー。

ふ-っ!終わったあ~!

ほんとにご無沙汰でした。
父ちゃん・母ちゃんのような零細企業でも決算業務は一般会社と同じ様にあって日々の業務と併せ、お盆明け頃から休みなし・残業続きの日々でした。

関西地方の方言っていいですね~。
うちは仕事柄色々な地方の方達と電話で話をする事があります。
最初何度も聞き返したのが
九州の取引先と受注の話しをしたとき
「よかとです!」
切り終わって、「?・?」
夫と「よかと」って?
要らないって事?欲しいって事?
悩みましたよ~。
今は慣れて来ましたけどネ。

皆さんすごい

違う視点ですみません。今、不意に実家のPC開けたら、POCOさんの更新時間1:16 ”遅っっ”
もりママさん 6:23 ”早っっ”、MYさん 8:23 ”やっぱり早っっ”
カズの妻さん 11:39 ”よかった、辛うじて起きてた時間”
素晴らしいですね。皆さん!!

で、コメントですが、神戸弁って、独特ですよね。私も最近神戸の人と話して、同じ関西なのに聞きなおしたりして!(^^)!
私なんか、関西圏の中で混ざってます。京都生まれで母親が、生粋の京都なので(その上高齢ですし)京都弁にもなり、大阪に住み始めて、2年、働いて10年なので、大阪弁も入り~。育った滋賀県では、特に滋賀弁は無く(ーー;)
MYさんのイメージって、”やわらかい”だったので、”きつい”方言のイメージが沸きませ~ん^m^

こてこて

関西人のモコです。
兵庫と奈良が混じってます。
よく、京都の方ですかって聞かれることがあったけど、京都アクセントにも少し似た関西弁なのかもしれません。
でも日本離れて13年近く、こっちで出会う数少ない日本人の方には関西弁あまり通じないのでなんちゃって標準語で話すことがほとんどです。
日本の家族、関西人の友達と話すとなぜかホッとしますね。

おかんって言ってる人は会ったことないです(笑)

>もりママさん

エキゾチック神戸という割には
あまりキレイでない言葉・・・と評判のよろしくない神戸弁を、懐かしんでくださってありがとうございます。

あすなろ白書・・私も好きでしたよv-238 もちろん少年Hも!

宮本輝の「青が散る」も阪神間がふんだんに出てきて、もりママさんには懐かしい小説かも・・・

なんてことより、低血糖続発大変ですね。
夜中に起きて測ってたら、睡眠不足にもなりますし・・・

明日はご飯を多めにされて、いい数値が出ますように。

>myさん

私も、方言好きです!
気取りがなく、親しみやすいですよね。

myさんは、何となく関東圏のイメージなんですが・・どこかなどこかな~
夫はイントネーションの違いに鈍感なので
わっかるかなあv-403

>カズの妻さん

わぁ~おひさしぶりです!

お盆明けから休みなし・・・それは大変だ!
お疲れ様です!
ハードな中でご主人、低血糖大丈夫でしたか?

「よかと」・・・笑っちゃいましたよ。
どっちなのか、もりママさんに聞いてみないといけませんね。(笑)





>そらちゃん

おっ、鋭いチェックですね!

そう、私は典型的な夜型人間v-484たいてい、日付が変わる頃に更新してます。だから朝はヨワイ。
もりママさんの6時台、myさんの8時台エライ!
しかしそらちゃん、11:39が、「よかった、辛うじて起きてた時間」・・・というのは遅すぎや!

滋賀弁って・・・・無いの!?そんな~~v-405
協調性のある県民性なのかな?v-389


>モコさん

モコさん関西人なんですか!?

何となく外国に住んでる日本人って
標準語のイメージです。

そのうち、私がロンドンに行くから(予定はありませんが)
その時は、関西弁でしゃべりまくりましょう!

よかと・・・

お答えします!

主人の唯一の趣味は車、それで車の雑誌が増え週刊誌も貯まる訳です。
そこで・・・
「これ捨ててもよかと?」
「よかよ!」

でも、ちょっと主人に対してムッとしてる時は
「これ捨ててもよかとですか?」
「よかって言いようろうもん!よかくさ!」

これは良いという意味の時で、一方

「お茶飲むねぇ・・・?」(モチ、ムッとしてる時は「お茶飲むとですか?」笑)

「よか!」← 要らないの意味

お客様などが丁寧に言われる時は「構わんでよかとですよ!」← 要りませんの意味

なので、その前後の意味でどちらでも使えます(大笑)

神戸弁が「とん、とん」なら
博多弁は「と、と、と」ですよ。(笑)
タモリと武田鉄矢が「笑っていいとも」で披露してましたが
「この席、とっとっと?」←確保してるの?の意
「とっとっと!」←確保してるの意

他の地方の方は、博多弁で普通に話し合ってるのに、喧嘩してるのかと思ったと言われますよ。
ただ、生粋の博多弁はテレビなどとは違い、言い回しがやわらかで丁寧なんですけど・・・(笑)
「よかとです!」ではなく「よござっしょう!」女性言葉は「よございます!」今は高齢者のみが使ってありますが・・・

こんくらいで、よござっしょうか?(大笑)

すごい!!

とっとっと~しとう~
ん~勉強がいりますね。肯定か否定か、読んだだけでは、全不正解でした・・・
ちなみに滋賀弁・・・聞くところによるとあるらしいです。←知らんのか!!
どうも北のほうに行くと福井弁交じり、東のほうは、近江弁らしきものがあると判明しました・・・私の実家の石山は、京都から程近く、ほとんど”関西弁”です・・・が、同じ事を2回言うのが、癖みたいですね~”暑い暑い!”とか、”凄い凄い!”とか。確かに言ってる・・・( ̄ェ ̄;) それと、私もPOCOさん派、夜の方が・・・朝はね~寝るためにあるんですよ~

>そらさん

“そやそや”朝は寝るためにある、を実践中のpocoです。

方言・・・・味があっていいですね。

20日のVOX前の「ちょっとだけ呑んだくれ会」では、poco夫に存分の滋賀の関西弁(?)聞かせてやってください。


トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/76-7ee191ea

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。