揺れた~

午前5時30分 いつもなら、まだぐっすりと寝ている時刻

グラッ・・あっ地震や!
グラグラグラ 横揺れ 大きい

阪神大震災を思い出す
同じような時刻・・・があの時ほどひどくはない

ひょっとして、起こる起こると言われている
南海とか東海大地震の余波ではないか、と一瞬思う
震源はどこだろう
階下に降りると、いつもは自分の寝床でしらんぷりして寝ている陸が飛びついて来た
怖かったねえ、と抱きしめる

テレビを点けると、震源は淡路島。 もう震度が出ている うちは震度4
幸い被害は何もない

阪神大震災の時は、まだ暗くて余震もひっきりなしに起こり心細かったけれど
窓の外は既に明るく、安心感につながる
体に感じるほどの余震もない
隣近所も静かなものだ

母のところも同じく4 似たような感じかな
電話しても出ないところを見るとそのまま寝ているのだろう
(大体、朝はとても遅い)

名古屋の息子や各地の友人から安否を気遣うメールが届く。ありがたいね
驚いたことに、今南米を旅行中の娘からも「地震があったの?」とLINEメールが届いた
マチュピチュからだそうだ

今やそんなこと、当たり前なのかもしれないけど
FaceBookなどで情報は瞬時に地球の真裏にまで届くのだなあと言うことを実感しつつ
いつものように過ごせることに感謝し 朝ごはんをいただくのでありました

母ちゃん、怖かったよ~
母ちゃん怖かったよ
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

びっくりしましたね!

被害がとくになかったようで、ほんとによかったです!(^o^)
今日は仕事なので早起きしたら、「大きい地震がありました!」とニュースで報道しまくってて、どんな被害があったのかとびっくりしましたー。
大丈夫だったのに、ちょっと騒ぎ立てすぎでは?と思いました。。
煽られて怖かった…。
りくくんは人間より敏感なんでしょうね。よしよし〜

ご無事で何よりでした。

朝起きてすぐにネットで見て驚きました。
怖かったですね。
地震はもう嫌です…。
地震国だから仕方ないにしても嫌ですね。
りっくんも不安だったでしょうね。
抱っこされて目をキュッとしてる姿が切ないです。

飛び起きました。

主人の携帯が大騒ぎしてたので、アラームの時間を間違えてセットしたのかと思ったら、すぐに、ぐらぐらがたがた~。

とりあえず、DMポーチに、針を補充しました。

もう、揺れませんように。

大事に至らず

休日の朝、ゆっくり目覚めベッドでTVつけたら「あらっー!」
一発で目が覚めました。

何事もなくて良かったですね~

先日、通院病院の初患者会で地震や富士山噴火等いずれかが近いうちに必ず当地域は来るからって非常時についての説明がドクターよりありました。

日本が地震国ってわかっているけど「グラッ」っと来るたびに
あの何とも言えない不安な気持ちが呼び起きますねえ・・・

リク君の慌てて飛びついて来た様子が何とも可愛い!!!

♪カッパさんへ

関西では最近大きいのがなかったのでビックリしたけど
怖かったねえ、で済みました
いざという時の心構えも準備も何もしてないから
気をつけろ!とカツ入れられた感じです(それでも何にもしてないけど)

> 大丈夫だったのに、ちょっと騒ぎ立てすぎでは?と思いました。。
アハハ、。関東では震度4くらいしょっちゅうですもんね

> りくくんは人間より敏感なんでしょうね。よしよし〜
何かの時のために、同じ部屋で寝た方がいいかなあ・・・エヘ

♪花楓さんへ

> 朝起きてすぐにネットで見て驚きました。
今はネットで世界中の隅々まであっという間に情報が伝わるのですね

> 地震国だから仕方ないにしても嫌ですね。
あの、グラッと来た時の気味悪さ
血圧が跳ね上がる思いです

今回はビックリした割に、なにもなくてよかったけれど
地震大国日本ではこれからも完全に逃れるわけにはいきませんものね

せめて心と物の準備をするしかないですね

りくも一緒の部屋で寝た方がいいのかと検討中(笑)

♪SP♪さんへ

緊急地震警報が来た人多かったようですね
私は携帯を別室に置いてたので、意味なかったv-390

> とりあえず、DMポーチに、針を補充しました。
“備えよ常に”を喚起してくれましたね
なにはともあれ、DMセット!

>もう、揺れませんように
祈るしかないですもんねv-292

♪カズの妻さんへ

> 先日、通院病院の初患者会で地震や富士山噴火等いずれかが近いうちに必ず当地域は来るからって非常時についての説明がドクターよりありました。

近いうち必ず・・・って言うフレーズが気味悪いですね

> 日本が地震国ってわかっているけど「グラッ」っと来るたびに
> あの何とも言えない不安な気持ちが呼び起きますねえ・・・
あの瞬間の気味悪さ
脈拍跳ね上がりますよね

やっぱりイザと言う時の心と物質の準備をしておけば、慌てなくてすむのでしょうね
その点、東海地方のみなさんはキチンと用意されてるのでは?

> リク君の慌てて飛びついて来た様子が何とも可愛い!!!
思わずギュッと抱きしめました、エヘヘ

地震、雷~

テレビのテロップであの日が蘇りゾッとしました!
何ともなくて良かったです。
陸くん震えてたことでしょうねぇー

最近、南海トラフの話題がよく放送されるし、心配でしょう?
今、久留米は激しい雷雨の最中。
稲光に雷鳴、そしてドドーンと落雷が続き、おんぷは私の膝から下りようとしません。小刻みに震えています。(笑)
陸くんのお写真と同じよ。
だんごもかもめも足元に集まってるのよ。

地震、雷、火事〜って昔も今も変わらないよねぇ。
動物の本能よね。
お母様もご無事でお嬢様もお元気にされていて安心しました!

♪もりママさんへ

雷も火事もおやじも、気をつけることで被害は防げるけど
地震だけは、いかんともしがたいですもんね

あのグラッと来た瞬間の、血の気が引くようなあの感覚・・イヤですよねえ

動物たちは人間よりももっと敏感に危機を感じているのでしょうね
おんぷちゃん、雷怖かったねえ、可哀そうに
怖いもの知らずのように見えるかもめちゃんやだんごちゃんもビビってるのかと思うと、ウフフ可愛いなあv-343

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/769-a156dd94

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2