蛇腹

蛇腹と言っても私のお腹ではなくアコーディオンの話
そもそもアコーデオンなのかアコーディオンなのかもわからないので取り敢えずはアコーデオンと呼ぶけれど、アコーディオンって、重いのを抱えて左右に押したり引いたりしながらなおかつ鍵盤弾いたりボタンを押さえたりっていう大変な労力の割に、なんか控え目というかマイナーなイメージ

子供のおけいこごとでも
ピアノやバイオリンを習う子は多いけど、いきなりアコーディオンを選ぶ子はあまりいないんじゃないかなあ
オーケストラに入ってるわけでないし
だからと言ってジャズバンドにもいない
せいぜいのど自慢の伴奏

そんな風に思ってる人が多いのではないかと思うのだけれど
アコーディオニストCOBAがプロデュースするBellows Lovers Nightに行けば
その認識が間違いだったということが分かります
Bellows Lovers night

「Bellows Lovers Night」とは
【2002年にcobaの呼びかけで始まったもので
“蛇腹楽器”生誕200周年にあたる2022年までのカウントダウンコンサートを
横浜、名古屋、神戸の3ヶ所で毎年開催。
アコーディオン、バンドネオンの胸を突き刺すサウンドに魅了され、
熱烈なリピーター、新しいファンを獲得し続けています】
facebookのBellows Lovers Nightページより

私も胸を突き刺すサウンドに魅了された一人で
昨年に引き続き今年も行って参りました

アコーディオンと一口に言っても様々で
ボタンだけのアコーディオンの人
ボタン

バンドネオン
アルゼンチンタンゴでおなじみのバンドネオンの人
この人はクラッシック音楽



Vアコーディオン

これはもはやアコーディオンとは呼べないんじゃないかと思うような、さまざまな音色やリズム音を出すローランドのVアコーディオン(電子アコーディオン)

モヒカン


モヒカンもいて、見た目も音楽もワイルド

など様々なスタイルの演奏があり
最後に真打COBAさん登場!!
COBA.jpg
キレのいいサウンド、エネルギッシュな演奏に一音目からしびれるーーーっ!

そのあと
ゲストの浪速のモーツァルトことキダタローさんとの対談
キダさん登場
キダさん独特のボケっぷりに場内爆笑の渦

その後全員でキダタロー作曲アコーディオンの為の新曲「じゃばらやばんざい」を演奏
勢ぞろい
ラストは、COBAさんの名曲SARAの大合奏で歓声に包まれました

いやぁ、アコーディオン様、マイナーだなんて言って申し訳ない
とっても多彩で、エキサイティング
その上持ち運びも可能な素晴らしい楽器ではありませんか
来年も行きますから!


今週土曜日(4月20日)は横浜公演、赤レンガ倉庫1号館ホールであるそうです
お近くの方、アコーディオンの魅力に触れに行かれたらいかが?
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

思い出した!

pocoさん、ありがとう!
スッキリしました。

先週、先輩のライブに行った時、お客さんの中に、どこでお見かけしたのか、思い出せない女性がいらっしゃったんですが、この記事を読んで、アコーデオンの人だと、思い出しました♪

子供の頃、ちょこっと、アコーデオンにハマった時期があります。
父が持ってた、右手が鍵盤・左手がボタンのアコーデオンで、よく遊びました。
左手のボタンの並びに、子供ながら、感心しました。
「うまいこと並んでるやん!」

♪SP♪さんへ

私は何もしてないけど、スッキリしてよかったです(笑)

じゃあ、SP♪さんアコーディオン弾けるんですね!
手をひっくり返してピアノを弾きながら、空気を送り込む動きをするようなものでしょ?考えただけで頭混乱v-394
しかもあのたくさんのボタン
目的の音がどうやって探し出せるのだろうと不思議だったんですが
「うまいこと並んでる」んですか!一回触ってみたいなあ

デオン?ディオン?

ええっ!!pocoさんのおなか、蛇腹になってるんですかー!?
超見たい。見ーせーてー!

バンドネオンの人が「アコーデオンといっしょくたにされるけど、全然別モノなんです」ってなにかの番組で(ラジオだったかな?)言ってた気がスル。
音を聴くと「ああ、ちがうー」と思うけど、見た目が似てますよね。
「蛇腹」ってくくるのナイスですねー!
「Bellows」ってネーミングもカッコイイ。
どちらも、ノスタルジックな暖かみのある、くつろぐ音色ですよね〜。

COBAさんの演奏を聴いて、アコーデオンかっこいい!と初めて思ったので、彼はきっとアコーデオン界の「神」なんだろうなって思います。
あと、ウクレレ界のジェイク・シマブクロも。。

横森良造

アコーディオンと言えば私は横森良造(笑)
あの凄さ、のど自慢という設定だからでしょうけど、アコーディオン一つで、どんな曲でもどんな音程の人にでも合わせての伴奏、あの笑顔と共に思い出します。
相手を立てて、寄り添いつゝ上手にリードし、達成感を味合わせることに徹するなんて、凄い!
そしてもう1人はCOBA、あの響きとリズム感、哀愁を帯びた空気、大好き!

素敵ですね♪

今日は横浜公演ですね(^-^)
未知の楽器です。身近では見たことがありません。
COBAさんの演奏はずーっと前にTVで見たことがあるだけですが、とても素晴らしかったです(^-^)
音楽の神様に愛されてるのかな~なんてことを思いました。
素敵ですね♪

♪カッパさんへ

> ええっ!!pocoさんのおなか、蛇腹になってるんですかー!?
堂々の3段ですよv-390

> 「蛇腹」ってくくるのナイスですねー!
昔の足踏みオルガンも蛇腹楽器に入るんですって
人力で音を出したり強弱を加減するというところがいいですよね

何でも極めた人の音は心を打ちます
バンドネオンの小松亮太
ウクレレ ジェイク島袋
押尾コータローのギターも一度生で聴いてみたいなあ♪ 

♪もりママさんへ

> アコーディオンと言えば私は横森良造(笑)

ウフフ、良かった。横森さん知ってる人がいてv-411
COBA以前には私もあの人以外に思い出せません
一瞬でその人の音程に合わせるテクニック、素晴らしかったですよね

そしてアコ-ディオンをただの伴奏楽器ではないメジャーなものとして認識させたのがCOBAさんでしょうね
> もう1人はCOBA、あの響きとリズム感、哀愁を帯びた空気、大好き!

こうしていても、心地良い音が耳に蘇って来ますv-392

♪花楓さんへ

横浜公演も終わって、また来年のお楽しみになりました

大きなホールではないので目の前で見られるというのが大きな魅力です
毎年口コミで人が増えてるらしいけどこのままの感じを維持して欲しいなあ

COBAさんはおしゃべりも楽しく
作曲家としてもプロデューサーとしてもエンターテイナーとしても一流
機会があったら生で聴きに行ってみて下さいねv-266

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/770-6c86d42b

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2