Hawaiiで見たことやったこと 3

マウナ・ケアは世界有数のパワースポットなんだとか


ところで・・・・


パワースポットって何?



ようわからんけど
日の出や夕日はとりわけ宇宙の神秘を感じられるんだとか
楽しみ!

というわけで夕日を見るために翌日、再度マウナ・ケアに向かいました

15時頃出発したので
サンセットまでには余裕、途中車を停めて溶岩の上を歩いてみたり
溶岩を歩く
どや?パワー感じだした?

マウナケア全容をとらえたり 
マウナ・ケア
見たところ、ちょっとした丘なのに・・・これで4200m!

そうこうしているうちにオニツカセンターに到着
一度通った道は何だか近く感じますね

サンセットは人気なので昨日と違ってツアーの車が続々と到着しています
オニツカセンター駐車場

山頂は寒いし気圧も低いので
日没30分くらい前に上がるように、みんなここで時間調整です
ツアーの人はお弁当配ってもらってました
私たちは手づくりのおむすびで腹ごしらえ。おばちゃんらに、ぬかりはない

時間もたっぷりあるしのんびりしてたら
あわあわ、トイレが大行列
用を済ませたら、出発時刻になっていました
(なお山頂迄までに途中何ケ所か簡易トイレがあります)

ダートコースも二度目ともなると余裕・・・
ところが今度は太陽が・・・・チョ・チョーまぶしい! 
まぶしい!
太陽までの距離が近いから?
それともこれが太陽パワーか?

山頂は広いので、てんでに車を停めて場所を確保します
撮影場所確保

太陽が低くなって自分たちのいる山の影が雲に写っています
マウナケアの影
高い山ならではのめずらしい現象ですね

次第に沈む太陽
日没直前のグラデュエーション
空のグラデュエーションが美しいなあ


・・・・なんてのんびりしたこと言ってられません

とにかく猛烈に寒い
カメラ持つ手が痛い
だのに刻々と沈んでしまう太陽
ああーーとあたふたしてたら
一番楽しみにしてた日没後の一瞬は
サンセット
こんなボケボケ写真になってしまいましたじぇじぇじぇ

「天文台の観測のじゃまにならないよう、サンセット後は30分以内に降りないといけない」
と言う決まりがあるとかで、余韻に浸る間もなくそそくさと頂上を後にします

帰りに再びオニツカセンターに立ち寄り、今度は星空観測に参加です
これもサンセットツアーのコースになっているらしく車が駐車場に入りきれない

車を降りて、振り返ったら

うわあ!
ものすごい星の数です
星屑までもが見えるのでうるさいくらい
ここでは南十字星(南半球でしか見えない)と北極星(北半球でしか見えない)の両方までもが見えるんです

星空を指すレーザーポインターでセンターの人が説明してくれるけど・・・・英語です
でもね、わからなくても、この満天の星を見られただけで大満足 

パワースポットのパワ―?・・・う~~んまったく感じなかったけど
科学技術の及ばない自然の素晴らしさには十分ひたることが出来ました

お姉ちゃんとお留守番してた陸に、お土産はアロハシャツ
アロハ!
ボクはお菓子の方がよかったなあ
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

わぁぁぁ・・・

なんということ!
前回のご報告の感想書こうとしてたら・・・はやっ!(笑)

そして、今回は夕焼けハンターとしては感動ものでした!
きれい!
荘厳!
ボケボケ写真も、pocoさんの感動と寒さが伝わりステキよ。
自分では行かないし、登れないのに、テレビでは、ここの天文台や南米の有名な星空観測などのドキュメントは欠かさず録画して感動してる私ですから、そこにpocoさんが行かれたとなるともう垂涎もの(笑)
そして、これらのpocoさんによる写真が見れるなんて、感涙よ。
きっと、きっと素晴らしい星空だったでしょうね。
そして、こんな貴重な夕日をありがとう!

陸くん、アロハがお似合い、東京土産とピッタリでしたね。かわいい!

これから見ようとする事、やろうとする事

ハワイってやっぱり自然いっぱい感満載ですねえ~
日本では味わえない体験は幾つになってもウキウキですよねえ。

こちらは怒涛の6月が終えました。
念願のサンデー毎日が見え始めて来ましたv-290

今回は「ご苦労様でした~」を含んで家族旅行です。

終着に向かって死にそうなくらいの忙しさで夫はここの所食後2時間も経たないのに「もう低い感じだ・・・」っていう位低め、低めで推移しました。そんなこんなで旅行のすべての手配は娘が一人でやっていますからこれから詳細を聞く状態です。
で、これから見ようとする事→???
やろうとする事→???(汗)

指折り数えて準備する楽しみはこれからです。

♪もりママさんへ

理科に強いもりママさんなら、すばるをご覧になったらとても感激されただろうなあ。
私なんか、いろいろ説明してもらってもよくわからん・・・豚に真珠ですv-394

でもあんな高い山の上に、NASAなどと並んで日本の天文台があるというのは、とてっも誇らしい気持ちにさせてくれました
左ハンドルの車の運転とか4200mの高地体験など、この年になって思いがけない初体験が出来ました
何でもやればできるもんです!

♪カズの妻さんへ

おお!サンデー毎日の実行、ついに決心されましたか!

これからの日々が楽しみだねえ
娘さんが綿密で素敵な「お疲れ様旅プラン」たてて下さっていることでしょう
いつなのかな?
私までワクワクしちゃいます

カズさん、低血糖に気を付けて残りのお仕事がんばって!

感じる・・・・

パワー感じます!
パワースポットって、元気になる場所ってコトですよね?

写真ブレてても美しいです。
3Dに見えないかなぁと目をこらしちゃいました。
二重になったせいで、不思議な透明感がある・・・
空気が澄んでるー!てカンジしますね。

星の写真はさすがにムリですか。見たいなぁ!
長野の実家のほうの山で見れる星空も、たくさん見えすぎて「うるさい」って言うのわかります。どれだか区別がつかず、星座がわかりませんでした。

お久しぶりです

旅行続きだったのですね。
ご苦労様です。
大自然に囲まれての旅行、楽しそう~♪

ボヤけてる?と書いてた写真は、全然!
キレイでしたよ♪
空の色と夕陽?の色とのコントラストが絶妙です!!
ステキ~☆☆

りくくんはおりこうさんにお姉さんとお留守番だったのですね(*^^*)

♪カッパさんへ

> パワー感じます!
うわっ!分かりますか!?
ヨガとかやってると、敏感になるのかな
なんか力みなぎる感じなんでしょうか、感じてみたいっ!

> 3Dに見えないかなぁと目をこらしちゃいました。
アハハ、見えない見えない

> 空気が澄んでるー!てカンジしますね。
ほこりの数数えたら多分下界よりうんと少ないと思いますよ
寒いので深呼吸はできなかったけど

> 星の写真はさすがにムリですか。
私のコンデジでは無理だけど、高級一眼持ってきた人は撮れてましたよ、すごいね

> 長野の実家のほうの山で見れる星空も、たくさん見えすぎて「うるさい」って言うのわかります。
やっぱり!
ご実家が山梨のブドウ農家と言う人がいたんだけど、実家の畑で見る星空の方がきれいって言ってました。はるばる来たのに・・・(笑)

♪みぃみぃさんへ

>大自然に囲まれての旅行、楽しそう~♪
夫婦二人の旅と違って、いつもワイワイとにぎやかだし
ワイキキなどの観光地とは違う、ハワイの自然を体感できる楽しい旅行でした

> ボヤけてる?と書いてた写真は
> 空の色と夕陽?の色とのコントラストが絶妙です!!
雲の上に沈む夕日を言うのはなかなか見ることはできませんから、テンションあがりました
でもお日様沈むの早過ぎる(-_-)

> りくくんはおりこうさんにお姉さんとお留守番だったのですね(*^^*)
預かりたがってた友達が、がっかりしてました(笑)

うわ~~~~!!

やっぱ、写真きれいやな~ v-9

pocoちゃん、写真お願いしたら撮ってくれる??v-22

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/783-1b6b85ab

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2