ヘイ・ポール

ポールは71歳
そりゃシワもあるし、顔もたるんでるけど
背中は曲がってないし、腹も出てない
歩き方も颯爽としている
ギターを抱えた立ち姿はマイナス40歳は行けるな

オブラディオブラダやヘイジュードなど
なじみの曲で観客は総立ち
見知らぬ隣の人とも手を取りあい声を張り上げたよ


たどたどしい関西弁を随所に入れてうけてた
最後は「ほな、また」だって

じゃあポール「ほな、またね」
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

いいステージだったそうですね♪

私の知り合いも、何人もが行ってたみたいです。

pocoさんと手を取りあって一緒に声を張り上げてた人たちの中に、私の音楽仲間がいたかも~♪

♪SP♪さんへ

京セラドームの4万人が一つになったって感じでしたよ。
あの時はみんな友達でした(^○^)
ビートルズforever ポールは偉大だ!

もう50余年前よ!

テレビでポールを見て、歳月を思いました!(笑)
福岡ドームでもコンサートがあったんですけど、出掛けようなんて思わず、あれから50年近く経ったのねぇ・・・と感無量!
pocoさん偉い!!

高校1年の時、ラジオのS盤アワーだったかで、「今度、イギリスから『カブトムシ』というバンドがデビューしたんです・・・」との放送を聞いて、隣の席の洋楽ファンのお友達に教えたら、初耳だったらしくて・・・でも、それがビートルズを知ったきっかけとなり、お友達は熱狂的なファンとなり、周りのプレスリーファンと論争するほどに(大笑)
我々の世代はべ平連と反戦フォークと学生運動に影響された中で、ビートルズとサイモン&ガーファンクルはかかせないBGMだったような気がしています。
私もその場に居たら総立ちしてたわね。アハハ
ヘイジュードのドーナツ盤、私にしては珍しく買いに行ったものです!(笑)

しかし、pocoさん若いなぁ・・・素晴らしい!
ご報告ありがとう!

ビートルズ♪

ビートルズお好きなんですね(^-^)
学生の時のバイト先のママさんがビートルズファンでお店にいつも流れてました♪曲名も良く分からないままにビートルズ漬けの毎日(笑)ビートルズというと反射的にハーモ
ニカの音が頭に流れます…(^_^;)
ジョンレノンの「イマジン」「ハッピークリスマス」好きです(^-^)

♪もりママさんへ

観客には、白髪頭も若い人もいて、ビートルズの音楽が幾世代にも受け入れていることを感じました

> 我々の世代はべ平連と反戦フォークと学生運動に影響された中で、ビートルズとサイモン&ガーファンクルはかかせないBGMだったような気がしています。

そうですよね
ビートルズもサイモン&ガーファンクルも、我々世代ならだれもが1曲や2曲は一緒に歌える歌がありますものね。そんなミュージシャン後にも先にもいないんじゃないかなあ

ポールがジョンやジョージへの感謝の気持ちを口にしながら彼らの作った歌を歌ったのがとても印象的でしたよ
ライブはCDでは味わえない高揚感があって、その中に身を置いているととても幸せになります
もし80になったポールが来日したら、70代の私は聴きに行くかも(笑)

♪花楓☆ さんへ

> ビートルズお好きなんですね(^-^)
大ファンとまでは行かないけれど
ニューヨークに行った時はセントラルパークのストロベリーフィールズにも行ったしダコタハウスも見て来ました
うちには10センチくらいの厚さのスコア集があります
コムサストアにはいつもビートルズが流れてるのでお店を通るのは好きです。買わないけどねv-8
その程度のファンですv-8

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/809-e9b6d410

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2