スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よりよいカーボカウントのために

インターネットでこんなもの注文しました

携帯はかり

以前から、poco夫とあったらイイねと話してた
携帯用はかり!

あったんです

しかも

こんな感じ

手のひらサイズ【W67×D101×H23mm】

元々の用途は
ビーズなどを量るものらしい

ダイヤを量る??


でも、計量MAX500gだから充分

値段も2980円!


これから
外食の時に
これは何グラムなんだろう?
と悩まなくてすみます。





し~か~し


実際に
お店の人目のある中で、出てきたものを量る・・・・

そんなことができるかどうか

それが問題だな
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

おされー

何かと思ったら量りですかー。
わたしはめんどくさがりなんで、計算したりはしません。
エラいですー・・・

以前引っ越しする時に粗大ゴミを収集センターへ持っていったら、入り口で車ごと重量を計り、センター内でゴミを下ろして、出口でまた計り、減った重量で値段がわかるシステムになっていました。
この方式、使えませんかね??

こっそり皿ごと計って食べ、下げられる前にまた皿を計れば、内容量がわかりますよね!
食後じゃないと計算できないことになりますが・・

勘違いして・・・

携帯用はかり・・・って、お写真見て
「血糖値測定器」の優れものかと思って・・・
どこでも簡単に指をのせるだけで計れる秘密兵器かと(笑)

読んみ進むうちに「ビーズ???」アハハ
カーボカウント用の計量器でしたか!

そうそう、本日、紀伊国屋書店にて
教えていただいた「カーボフラッシュカード」を見つけて買ってきましたよ。
これ、私にはなかなか便利です。初心者に分かり易い!(笑)
固定打ちなんですが、これを参考にすると献立がたて易いです。

糖尿病関係の所にないなぁーと思ってたら、息子が店内の検索機で見つけてくれました。なんと、看護学・栄養学の専門書の棚に!?
どうも医療関係者向きだと思われてるようでしたよ。カーボについての本が数種類もあったのに、患者には縁がないと思われてるのかしら?(笑)

はかりですね(⌒∇⌒)ノフリフリ

てっきり、以前言われてた、乗せたりしたら、炭水化物量が出る優れものかと・・・無いよね。そんなん。またまた、妄想でした( ̄□ ̄;)!!ガーン

わかるわかる

私も同じく外食用にスケールを散々検索しました。
これは小型でよいですね。
確かに小型のものは宝飾品向けで、妙に高かったり、最大計量が少なかったり、イマイチと思ってましたが、これはちょうどの感じですね。流石です!
でも、「店内で測るのはどうよ」って問題に対しては少々気が引けて、結局私は購入には至らない派かなぁ。。

私も量っています。

こんばんは、pocoさん。
私も家で食べる時は計量しています。

だから、この夏の旅行の時も、はかりを持っていきました。
でも、旅行先では全く使いませんでした・・・。
そういうときくらい、気ままに食べたかったからデス。
だっから、私のコントロールは乱れ放題なんだわ・・・。

>カッパさん

なるほどね
料理ごと量ったのち、おなかの中に収納して、また量る
まさしくスケールの違いを超えたアイデア v-21

問題は、食後じゃまずいってことですね
v-426

>もりママさん

>どこでも簡単に指をのせるだけで計れる秘密兵器かと

そうだといいんですけどね。
最近みんな妄想傾向にあるようで・・・(笑)

>カーボについての本、医療関係者向きだと思われてるようでしたよ。

今や医療関係者よりも、患者の方がくわしい
のかもしれません。
医療関係者はしっかり勉強しなさいって意味なのかも・・・アッハハ

>そらさん

>乗せたりしたら、炭水化物量が出る優れものかと

探せばあるかも・・・・って、これこそ妄想v-8

>-kero- さん

>「店内で測るのはどうよ」って問題に対しては少々気が引けて、結局私は購入には至らない派かなぁ

そうなんですよね!
まだ届いてないんですが
状況を想像すると
結局は、また無駄な出費に終わるのではないか
という気がしていますv-390

> my さん

えーーっ
myさん「はかり持って行こう会」の先輩だったんですね。

>そういうときくらい、気ままに食べたかった
ウ~ン、この気持ちも分かるけど・・・

店内で量る時の気持ち聞きたかったなあ。

pocoさんのブログは読んでてとても楽しいです。言葉のキャッチボールも本当に面白い 私はなんと博多に住んでいます。でもあまり耳にしない 博多弁。 言葉として知っててもあまり使わないので 読んでて大笑いしてしまいました。 私も本当は博多弁を使いまくってても(この言い回しも もしかしたら博多弁? 九州弁?)気が付いていないのかも・・・。
はかりかわいいね。我が家にはお菓子やパンを作るときに使う同じような形のはかりがあります。大きさが違うんだけどpocoさんのはかりの方がとてもかわいい。外食のとき使ったときの感想を楽しみにしています。 

>明太子さん

>私はなんと博多に住んでいます

知ってますってv-411

>私も本当は博多弁を使いまくってても気が付いていないのかも・・・。

うん、そうかもよ、明太子さんの博多弁、私何べんも聞いてるもん。

明太子さんの玄人はだしのパン、待ってます~v-411v-426v-411


当店で扱っている携帯用はかりを気に入っていただいて嬉しいです!

私が思いも付かなかった用途でこの携帯の秤が役に立ってくれるのはとてもうれしいことです。

世の中ではいろいろな状態の中で皆様生きているのだなぁと思いました。

大変なこともたくさんあると思いますが、人が力強く生きている姿を知ることでいつも元気をもらっています。

この度はありがとうございました!

>Rikiさん

コメントありがとうございます。

届いた商品は
予想以上に小さくて、理想的でした。

風袋を引くこともできるし
あとはこれを恥ずかしがらずに
使えるかどうかです。


トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/81-6a671ce4

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。