手術当日

前夜早く寝たから日の出より先に目覚めた
♪~朝だ朝だよ朝日が昇る
朝日

手術日なので朝ごはん抜き

午後1:30からの手術なので昼ごはんも抜きだし
多分4時ごろ終わるから 夕ごはんもダメ
つまり一日中何も食べられない過酷な日なのです

しかたないし同室の人とのんびり語らってたら
前の手術が早く終わったので11:30から手術できるとの連絡
急に2時間も前倒しになったけど、早く済むに越したことはない
知らせに来た看護師さんが指を折って数えながら「それだったらpocoさん、夕食出ますよ!」って嬉しそうに伝えてくれる
私、よほどひもじそうな顔してたらしい

手術着に着替え、血栓防止の締め付け靴下をはきスタンバイ
連絡を受けて急いでやってきた夫と同室の人に
「行ってきま~す」と手を振って手術室に歩いて向かう

手術室は音楽が流れ、思ったより大勢の人が立ち働いている
寝返りしたら落っこちそうな幅の手術台に上ると
柔らかいタオルのようなものが体にかけられる
テキパキと心電図、血圧計がつけられ
点滴の針が射され・・・と何を考える間もなく進んで行く

麻酔は点滴とマスクで、と聞かされていた通り、すぐにマスクが付けられ
麻酔医の「点滴の手の部分が重だるくなりますよ」の声
ああホントにちょっと嫌な感覚、と思うまもなく
「大きく息吸って」と言われる
「大きく吸って」を3回くらい繰り返し

次の「大きく吸って」が聞こえたので
麻酔まだ効かないなあ・・と思ったら
「手術終わりましたよ」だって

約1時間半のフィルムを切り離したかのように記憶がない

完全に麻酔が切れるまで3時間はベッドの上で安静を保つ
酸素マスクもつけたまま
のどが渇くが水分補給もダメ
歯の痛みはないが
手術中、鼻から気管へ挿管されていたせいか(無論記憶にないが)喉が痛い
ほほを触るともうすでに膨らみ始めている、ってお餅か

3時間が過ぎると自由に動いてもよくなる

6時になると看護師さんの言った通り夕食が運ばれてきた
ごはんはお粥だが意外にもおかずはサバの塩焼きや煮物と割と普通食
恐る恐る食べ始めたが、キュウリの酢の物も前歯で噛んで完食

顎は順調(?)に腫れてきて両頬に大きな飴玉をほうばったみたい
看護師さんが「まだまだ腫れますよ」ってか~るく言う・・・おお怖わ

点滴で定期的に痛み止めを入れているから痛みはないが、夜になって37°ちょっとの発熱
抗生剤も入れてるから大丈夫だろうが、なんだかしんどくて熟睡できない

夜の入院病棟は意外と騒がしい
何かを洗っているらしい水音と金属の触れ合う音
処置の器具や薬を載せたワゴンを押して看護師さんが病室をまわってる
「おとーさん、おとーさん 誰か来て!」と叫ぶおそらく認知老人の声
ナースコールも頻繁だ

だから夜勤の看護師さんは常に小走り

私のところにも
「熱どうですか?」と様子を見に来てくれる
抜歯ごときの患者のなのに、すみませんね

でも、何となくホッとする
やっぱりナースは天使だわ


もいっかい続きま~す





スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

速っっ!

手術中の記録が1文字もない!
麻酔入れてすぐ終わり??
本人がいちばんびっくりですね!

腫れてくるのにごはんは普通のもの食べて平気なんですね。
口の中は包帯も巻けないし、傷口はどうなっているのでしょう。

怖い思いをせずに一瞬で終わってよかったですね☆

♪カッパさんへ

> 手術中の記録が1文字もない!
ちょうど麻酔が効く一瞬前と切れた一瞬後をつなぎ合わせたみたいに
その間の記憶が全くないんです。
全身麻酔、すごいわあ

> 腫れてくるのにごはんは普通のもの食べて平気なんですね。
そうなんです
前夜6時から何も食べてないからおなか減ってたからとは言え
5時間ほど前に口の中切ってがんがん工事してるのに
食べられるんですから自分でもびっくりでした
食い意地の問題かなv-389

トラックバック

http://amaiseikatsu.blog43.fc2.com/tb.php/812-92bddfba

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

poco

Author:poco
                夫は20年前に1型糖尿病発症。いろいろあったけどやっと落ち着いて過ごしだしたところに、思いもせぬ血管肉腫というガン宣告。
極めてまれなものということで一時は絶望的な思いに駆られましたが、週1回の抗がん剤点滴でがん細胞と折り合っているらしく、無事に4年目にはいりました。
ちっとも甘くない生活だけど、初孫(♀1歳)とひょんなご縁でうちの子になったチワワのりく(♂9才)に癒される毎日です

最近の記事+コメント

全記事一覧

カテゴリー

1型糖尿病とは

    

ある日突然、何らかの原因で膵臓のβ細胞が破壊される自己免疫疾患。        発症原因も治療法も一般的な糖尿病とは異なります。 体内でインスリンを作れないので、毎日数回のインスリン自己注射をして血糖の上昇を防ぎます。           適切なインスリン注射により、仕事運動、旅行など健常の人となんら変わることのない生活を送ることもできるし、食事の制限もありません。     しかし、低血糖や高血糖に陥ることも多く、完治することはないので、このインシュリン注射は一日も休むことなく一生続けないといけないのです。

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

FC2